書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-の作品情報・感想・評価・動画配信

「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」に投稿された感想・評価

よかった。ちょっと泣けた。ストーリーがシンプルで、誰でも気軽に観て楽しめると思います。
paisley

paisleyの感想・評価

3.6
バラバラの心が
1つのことで繋がっていく…

エンドロールの写真まで
全て丸々

若さと情熱
周りの人の暖かさ
じんわり心が包まれる
そんな一本!
『感動した!』
みんなで一つのことを成し遂げる…
熱い想いが込み上げます👍
書道部に入りたくなった(そんな部活はなかったしインドアは無理な私でもそう思えました)
女子高生たちの『書道』にかける想いが熱くて好感もてる。実話ということだが、本当に書道の甲子園というものがあるなら、もっと盛り上げて継続してほしいと思う。

女子陣の華やかさに比べると、男性陣の存在感の薄さが半端ない。顧問の先生はそれなりだったけどね。

ただ、甲子園というわりに盛り上がりに欠けていて、マイナーすぎるところが一抹の寂しさを感じてしまう。地方の寂れたシャッター街のイメージそのまま。

高畑充希は脇役なのに、既に光っている。
成海璃子ちゃん、
桜庭ななみちゃん、
そして高畑充希ちゃんというお気に入りの女優さんたちが息を合わせて、
巨大な和紙に巨大な筆でまるでスポーツのように墨で字を書いていく
それがひとつの大きな作品になる

観た当時大いに気に入って、家族に勧めまくった1本(家族・談)
Ikki82

Ikki82の感想・評価

2.9
最後の書道パフォーマンスのシーンに見応えがありました。
書道と町おこし、仲間との絆を描いた温かいストーリーも良かったです。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.4
▪️Title : 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」
Original Title :※※※
▪️Release Date:2010/05/15
▪️Production Country: 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record :2020-148 再鑑賞
▪️My Review
主役に成海璃子、サブに桜庭ななみ、そして脇役に高畑充希。10年前だとこういうキャスティングになるんですね。今だと確実に高畑充希メインでしょうけど。19歳高畑充希、キャラはこの頃からおなじですね(笑)
本作、実話を基にしてるんですね。 作品のテーマは“ニッポンを元気にする!!”

“書道パフォーマンス甲子園”
折からの不況の影響で活気を失っていた日本一の紙の町・愛媛県四国中央市で、愛媛県立三島高等学校書道部の部員達が我が町を盛り上げようと、地元のイベントやショッピングセンターなどで書道パフォーマンスを始めたところ、日本テレビの情報番組『ズームイン!!SUPER』で中継され徐々に知名度を上げていきました。そして2008年7月には、地元の祭り「四国中央紙まつり」の中で、第1回書道パフォーマンス甲子園が開催され、その模様を『ズームイン!!SUPER』で放送したところ大きな反響を呼び、一躍その名が全国に知れ渡ることになりました。
(参考:Wikipedia)

作品の路線は、『チアダン』『ウォーターボーイズ』『スィングガール』といったところ。青春の熱さ満開です!!このテンションには毎度、感激!!
不況で、町全体に漂う“やるせなさ”を、若さゆえのポジティブ・パワーにあふれた女子高生たちが、晴れやかに振り払っていきます。成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子らキャストたちが猛特訓を重ね、本物の“書道ガールズ”も登場する甲子園シーンは見応えがあり、これまでの書道の地味な印象を変えてしまいました!いまのニッポン、内面的にはこういう元気とパワーが必要ですね!!

▪️Overview
全国の高校から集った書道部が書の腕とパフォーマンス競い合う「書道パフォーマンス甲子園」を題材にした青春映画。主演は成海璃子、共演に山下リオ、桜庭ななみら。監督は「マリと子犬の物語」の猪股隆一。書道家の父になかなか認めてもらえない書道部部長の里子は、部員たちと町おこしのための「書道パフォーマンス甲子園」の開催に向け立ち上がる。大人からの反対や部内のわだかまりなど、さまざまな問題を乗り越えていく女子高生たちの姿を描く。(引用:映画.com)

出演は、成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、市川知宏、森岡龍、坂口涼太郎。
光一

光一の感想・評価

3.3
好きなもののために、大切なものを守るために!町おこしの一環として愛媛県四国中央市の高校生たちが作った書道パフォーマンス甲子園。実話を基に作られた映画です。

お父さんと成海璃子のくだり素敵でした。

音楽が止まる演出だけヤバすぎた、音楽が止まるわけなかろう。ここで白けなかった人いたら教えて欲しいです。

2010年公開の映画ですが、まだ映画出たての幼き頃の森崎ウィンや高畑充希などがいて「おおお!」ってなりました。

ストーリー点4
監督点2
役者点4
映像音楽点3
印象点3
エモーショナル点4
追加点×
総合点3.3
寝る気マンマンやったのにおもろかった。
キャストも良かった。森本レオだけ別にイラン。
書道パフォーマンス甲子園のきっかけがええやんかぁ。町おこして。しかも、勝手に甲子園つけて始めてまうねんから、すごい実行力❗️
元気出た。
>|