書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-の作品情報・感想・評価

「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」に投稿された感想・評価

成海璃子18歳、今回は高校書道部、父はきびしい書道家。高畑充希19歳見たさに二度目の鑑賞、新しく来た顧問に一目惚れした破茶滅茶な役で出演です。ショートヘアで赤いフレームの眼鏡が可愛いですよ。
書道を通じて人と人との繋がりの大切さを感じれる作品です。
ぽ

ぽの感想・評価

3.2
これみてすぐにわたしも書道パフォーマンスやりたいって書道部の先生に言ったんだった。
自分も書道パフォーマンスやってただけに懐かしい...
ボーイズたちも良い仕事してた。
chip

chipの感想・評価

3.3
「ちはやふる」の6年前の作品。
マイナーな書道部の部員たちが挑戦した、書道パフォーマンス甲子園。

日本一の紙の町が…時代の流れによって変わっていく。
そんな中で、何かをしなくては…と、部員たちが活動を始める。

ラストのパフォーマンス
アンジェラ・アキの「手紙~拝啓15の君へ」にのせて~
一生懸命っていいな、
素直に感動しました!

公開当時、書道パフォーマンスがだいぶ話題になって、主演の成海璃子はじめ出演者がずっとテレビに出ていたっけ。。

書道パフォーマンス甲子園、実大会のYouTubeを見ました!
見事としか言いようがないです。
メイ

メイの感想・評価

-
視聴自体は3回目
4回泣ける
4回目に関しては泣きやむタイミングを完全に見失った
地元愛、そこで生きる人たちの繋がり
人物設定はありがちだが感動の生まれるストーリー
マイナスマイナスとなるのにポジティブな終わり方が作られた感じがなくていい
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.8
 日本一の紙の町を盛り上げようと愛媛県四国中央市の高校生達が書道パフォーマンス大会を開いた実話を映画化。

 ストーリーは至って平凡。いくつかの笑ってしまうシーンはひょっとしたら笑わそうとつくってないのかもと思ったりもする。
 それでもこの映画が一見の価値があるのは、書道パフォーマンスという奇想天外な発想が実話であること、若い女優達が本当にそれに取り組んでいることにあると思う。地方再生という現在の日本にとって非常に重要なことがテーマになっているのもいい。
 しかし、あんな書道の指導ができる臨採の若い先生はいったい何者だったのだろうか? 脚本が適当だなぁ。。。
戦士

戦士の感想・評価

3.6
桜庭さんがどうしても好きになれん。地元を再生しようという聡子の気持ち。好きなものに全力を注ごうという気持ち。話はイマイチかもしれないけど気持ちは伝わってきた。
書道パフォーマンス自体は、以前ノゾキミで特集してた時から気になってたんですよね〜。
特に、八幡中央高校さんがやらはった、受験をテーマにしたやつで、黒板の絵描いて最後に黒板消しで塗りつぶしたあとに字を書いて終わるあのパフォーマンスが好きです。(YouTubeで見れるので是非皆さんも見てください!)→https://youtu.be/MXTTmKN2_Jc

ほんで、本編についてですが出てきたパフォーマンスがやっぱどれも心震えます…。素晴らしい!
最後に関してはありがちだと批判する人もいるかもしれませんが、これでいい!!シンプルにちゃんと胸がアツくなる!
手書きの字ってやっぱいいなって改めて思いました。
書道パフォーマンス、もっと浸透すればいいですね〜
jyave

jyaveの感想・評価

3.1
劇場公開日:2010/5/15
キャッチコピー:
ひと筆にかけた、思いがある!
ストーリーは、衰退していた部活がドラマ的に復活を遂げていくという、ある意味で王道の熱血物語。地元産業の再生という要素は薄めな印象。実話が元になってる割には展開が臭かったので残念。無理に創作しなくて良かったと思う。役者陣は結構良かった。
>|