沈黙の要塞の作品情報・感想・評価

「沈黙の要塞」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「午後のロードショー」にて。「ダイハード」みたいな話かなぁと思ったら、環境汚染の原因の石油プラントを破壊するために潜入するという「どっちがテロリストだよ!?」と言いたくなる話。セガールは殺し方に情け容赦がなくて酷いね。

悪役がマイケル・ケインというのが意外。この人、作品選ばないなぁ。
S・セガール記念すべき製作・監督・主演作品・・・以降“沈黙”が永遠に続きます

そっかぁ、網走番外地だと思えばいいですね
健さん、ならぬ“セガ兄ぃ”が環境を破壊する巨大石油会社に『死んでもらいます』

欠点見つけ‼
強すぎる“セガ兄ぃ”からは、手に汗握らず、安心感しか伝わりません
一緒に行動する女の子かわいいって思ったらツインピークスの人だった!
厳寒のアラスカを舞台に、巨大企業の陰謀に挑む男の活躍を環境保護問題も盛り込むアクション。ラストはまさかのエコロジー問題大演説。石油炎上事故消化専門家フォレスト。エイジス石油。リグ(油井掘削装置)。噴出防止装置の欠陥。イヌイット族。クマの魂は煙に宿る。「心のいちばん奥底に精神を集中し、この世で最も恐ろしい悪夢を想像しろ。だが、その悪夢よりもあの男を怒らせる方が恐ろしい」
あれ?これ観てなかった!マイケル・ケインがセガールの監督作品に出てたとは驚き…
内容は、自然問題とか大企業の陰謀とかデカイ施設を吹き飛ばす派手な終わりとかとか、いつものセガール節なのでセガール好きじゃなければわざわざ見ることもないかなあと思うのだけど、セガールが好きなほうの身としては、このころのセガールのルックスは青臭さが残っててお薦め。
作品全体のスピリチュアルな味付けも私好みなので、普通の刑事ものよりは…という点でもお薦めかも。
スピリチュアルさが底が浅くても巧いこと回収出来てなくてもいいのです。それらしいセリフをそれらしく自分で消化するのが観客の醍醐味。

で、こまかな好みを言えば、クライマックスで武器を売ってくれるサングラスの地元民がすっごく素敵なんですが(風貌もインテリアも)、喋らないところも最高です。この人だけのために再鑑賞したい。ちなみにセガールの家も可愛くて素敵。

セガール映画を見ると、自然の中で暮らす設定の作品に関しては個人的にとても心揺さぶられるものがあって、”夢の田舎暮らし”程度の憧れではあるのだけど、セガール演じる男たちのように自分の腕と勘で生きていけたらいいなと思ってしまう。
お金の多寡に関係なく、満足して暮らせる賢さと強さが欲しい、というのが、セガールの一部の映画を観終わった後の共通の感想。

もっとも実際には三毛別羆事件のようなリアルな恐怖もあるわけで、とてもその憧れを実行するにはおよべない…。
まるでエイリアン側から『エイリアン』を見るようなハラハラ感ゼロの頼もしさ。先住民との交流辺りからスピリチュアルな話になるのかと思いきや「精神性なんて現実じゃクソの役にも立たねぇんだよ!」とか言い出す衝撃のちゃぶ台返しに笑った。「何が必要だ 男の本質的な残忍さを変えるためには」
琉太

琉太の感想・評価

2.3
今度は石油プラント
セガールは最強の消防士に変身
アクションに切れがあった頃
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.2
1996年5月25日

相変わらずの緊張感皆無の展開!
セガール様強すぎてお手上げ状態。敵のやられ方もえげつない。

アクション映画なのに無理矢理自然環境保護問題やスピリチュアルなシーンを盛り込んだ不自然な作品。そのくせ本人は人を殺したり石油採掘場で破壊しまくり(笑)

マイケルケインが出てる!いくら仕事とはいえ彼が出る作品ではないような気がしますが…。

このレビューはネタバレを含みます

ラストの爆破はホンマにどっかの工場を爆破しよんじゃないかと思うぐらいすごかったが、もしかしてCGじゃあないよな?
マイクD

マイクDの感想・評価

3.1
セガール映画の録画が溜まってきたので、観なければ!沈黙シリーズと言ってもほとんど繋がってないようで。石油会社に勤めるセガールと自然破壊お構いなしの社長との死闘が始まる。マイケル・ケインは悪い社長役がとても似合う。相変わらずのセガール無双。バーで暴れまくり、基本的には金的。後、棒で殴るって原始的。途中で負傷し、現地住民のアラスカエスキモーの人達に救われるのですが、なんか雰囲気が変わって、違う映画を観ているような気分に。怒ったら悪夢を現実にする男って怖すぎ!大自然に馬と荒野の景色は最高でした。
>|