G.I.ジェーンの作品情報・感想・評価

「G.I.ジェーン」に投稿された感想・評価

Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.7
男の世界で一人、決して挫けず肉体的・精神的・政治的障害に立ち向かって行くデミがカッコいい!鬼教官でありながらそんなデミを他の男の兵士達と平等に捉えるヴィゴもカッコいい!
ayu

ayuの感想・評価

2.8
当時、レンタルビデオ借りて観た。
デミムーアのアクション、凄かった。女優魂を見た。
marz

marzの感想・評価

3.5
2018-049

20年経った今観ても通じる内容…てことは、セクシャリティの問題はあんまり進歩してないのかしら。
まあ、リドリー・スコットの映画にそういうのは求めてないし、社会的な面を見せつつも、どつき合い有り、爆発有りのエンターテイメントに仕上げてます。
「おれのをホニャララ」のとこでカタルシスもバッチリ。

『ブレードランナー』の亀がどうこうの質問並にイラっとするというか、憎たらしいキャラはいませんでしたが。
ジム・カヴィーゼルあたりがそこら辺かの役回りかなと観てて思ったんですが、それほどでもなく。
アン・バンクロフト演じる議員も憎らしいというかそんな感じなんですが、政治家なんてそんなもんだしね。
ヴィゴ・モーテンセンも嫌味というよりは、昔ながらの厳格な軍人だし。

…こうやってまとめてみると、結構ステレオタイプなキャラクター造形だな…

それにしてもソーヤー家の兄ちゃんが出世したもんだなあ(笑)
チィ

チィの感想・評価

-
自衛隊?軍隊?に入った女性隊員。最も厳しいという訓練にも頭を丸めて耐え抜く。そのうちに男の信頼も集めるようになる。
デミ・ムーアよくやるー!って感じ。
おけい

おけいの感想・評価

3.6
デミムーア、役の為に坊主になる。思い切りましたね。ビィゴモーテンセンがカッコよかった。
レンタル・配信)@ツタヤレンタル。2018/6 13本目の鑑賞。(通算46本目)。デミ・ムーアの体を張った体当たり演技が映画の魅力かな。上院議員の女性差別を撤廃するための陰謀とはいえ、海軍一過酷な訓練に耐え、功績を得る点は凄い。話はご都合主義的な部分もあるけれど、デミ・ムーアの演技で迫力がある作品に仕上がっていると思う。面白かった。感想はこんなところです。
yossy

yossyの感想・評価

4.3
この映画の断片を再編集し直して
5分くらいのPVを作り
All That Remainsのsixを流したい!

美女と軍隊とヘヴィメタル!!
これぞ漢のロマンやろがい!!
そうやろがぃ!!!


と、超個人的な妄想はさておき…

俺がトレーニングをしている時の頭の中のイメージはまさにこの映画!
(あ、別に大した事はしてませんが)

フェミニズムと愛国心と
マッチョ精神とNever Give Up!

デミ・ムーアが坊主にしたって話題になった作品だけど
それよりも、作中に描かれているテーマが意外と深くて最高!


1番好きなシーンは

過酷な訓練テストでボロボロになりながらも、課題として与えられた
寝ずに「愛国心」をテーマに作文を書くところ。

折れない心って、自分の体の限界を越えた向こう側で覚醒するもんなんだって事を当時学んだわけですよ。

根性論だけではどうにもならない世の中の不条理もしっかりと描かれているあたりもGood!!♪

女性が強い映画ってやっぱ面白い👍
昔に地上波で鑑賞。デミ・ムーアの体当たりの演技に驚きましたね。
「ゴースト ニューヨークの幻」の頃の彼女からは想像できない程のひたすら強気な姿は忘れられないインパクト。

ただ覚えているのはそれだけ。笑
ストーリーすらもどんな感じかほぼ覚えていない…笑
hamashow

hamashowの感想・評価

3.1
デミムーアが坊主にし、筋トレをさせられるシーンが焼き付いてる
ayouk

ayoukの感想・評価

3.4
過去の記録として。

この頃のデミムーア、めちゃ憧れた。
オッパイおっきくてもカッコよすぎ!
>|