G.I.ジェーンの作品情報・感想・評価

「G.I.ジェーン」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「午後のロードショー」にて。なんとも極端なフェミニズム映画だなぁ。

坊主頭でムキムキになって、男性と同じ訓練を受けて、男性と同じ待遇を要求する。デミ・ムーアの役者根性は賞賛に値しますが、これは明らかにやりすぎ。その姿に男性も女性も共感するのは難しい。

まぁ、フェミニズムの文脈から離れて、「ハートブレイク・リッジ」や「スターシップ・トゥルーパー」のような「新兵訓練もの」としてお気楽に見ることも可能です。理不尽な訓練を受けて成長した新兵がいきなり実戦に投入されて勝利を収めるというテンプレートどおりのストーリーです。
Machy

Machyの感想・評価

-
この手の映画は観られなくなっており、リタイアしました。
デミ・ムーアが男男し出したのは、この映画からでしょうか?
kokeshi

kokeshiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「目の前に女のケツぅー!」とか言ってた隊員が「おまえにならどこへでもついていくぜぇぇぇ!」って言うとこでちょっと感動してしまった。
アメリカっぽくていいよね。
ヴィゴ・モーテンセンは黒髪のほうがいいよね。
デミ・ムーアの役作りが凄い。ムキムキぶりに役者魂を感じる。内容はちょっと辛いものがあるかな。
まー

まーの感想・評価

5.0
主人公みたいな女の人に子供心に憧れた。強くて弱くて強いって感じ。
アサコ

アサコの感想・評価

3.7
わりと最近の作品のつもりで観てましたが約20年前の作品なんですね。びっくり。
あのゴーストのデミ・ムーアですよね?
後半だいぶ体を鍛え上げててあの頃の面影はまるで無し。すごいです。

素直に軍隊モノとして楽しめました。
政治家が絡むシーンは中途半端に感じましたけど訓練シーンは目が離せなかったです。
訓練の過酷さがすごすぎて実戦の方が迫力に欠けたかも。
ヴィゴ・モーテンセンがシブくてカッコいい!
ラストシーンも様になってて素敵でした。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.7
男の世界で一人、決して挫けず肉体的・精神的・政治的障害に立ち向かって行くデミがカッコいい!鬼教官でありながらそんなデミを他の男の兵士達と平等に捉えるヴィゴもカッコいい!
ayu

ayuの感想・評価

2.8
当時、レンタルビデオ借りて観た。
デミムーアのアクション、凄かった。女優魂を見た。
marz

marzの感想・評価

3.5
2018-049

20年経った今観ても通じる内容…てことは、セクシャリティの問題はあんまり進歩してないのかしら。
まあ、リドリー・スコットの映画にそういうのは求めてないし、社会的な面を見せつつも、どつき合い有り、爆発有りのエンターテイメントに仕上げてます。
「おれのをホニャララ」のとこでカタルシスもバッチリ。

『ブレードランナー』の亀がどうこうの質問並にイラっとするというか、憎たらしいキャラはいませんでしたが。
ジム・カヴィーゼルあたりがそこら辺かの役回りかなと観てて思ったんですが、それほどでもなく。
アン・バンクロフト演じる議員も憎らしいというかそんな感じなんですが、政治家なんてそんなもんだしね。
ヴィゴ・モーテンセンも嫌味というよりは、昔ながらの厳格な軍人だし。

…こうやってまとめてみると、結構ステレオタイプなキャラクター造形だな…

それにしてもソーヤー家の兄ちゃんが出世したもんだなあ(笑)
チィ

チィの感想・評価

-
自衛隊?軍隊?に入った女性隊員。最も厳しいという訓練にも頭を丸めて耐え抜く。そのうちに男の信頼も集めるようになる。
デミ・ムーアよくやるー!って感じ。
>|