死刑台のエレベーターの作品情報・感想・評価

「死刑台のエレベーター」に投稿された感想・評価

うめ

うめの感想・評価

3.5
愛VS愛


フランス映画のリメイクだからって無理して英語で喋らなくてもいいし、やるならフランス語でお願いします

吉瀬美智子、りょう、北川景子、全員好きだから嬉しかった。豪華。
gonza

gonzaの感想・評価

4.0
さて、観てきやした『死刑台のエレベーター』。吉瀬美智子×阿部寛のダブル主演による愛憎劇!
フランス映画のリメイクらしいけど、五十年前の映画だし、オリジナルは勿論知る由もなし。(笑)

フラットな心持ちで望む。・・・も、後ろのメス豚二匹のおしゃべりに終止悩まされ、途中で席移動。
なんか最近、映画観に行ったらこんな頭の悪い連中にばっか遭遇してしまう;
情けない世の中やのう。

で感想。
むちゃくちゃおもしろかったです!
ストーリー、サスペンス自体は割とベタだったんだけど、登場人物の欲望や嫉妬、
そして悲哀なんかは見事に描かれてたと思います。

特にフランス映画のリメイクのせいか、エレベーターのある建物もモダンでよかったし、
台詞回しもイチイチ情緒があってうっとりする感じが、また何とも言えなかったです。

物語も様々な登場人物のおかげで終止複雑に絡み合い、
悪い奴等は軒並みドツボにはまってゆく。(笑)

コテージで呆気なく死んじゃう平泉成やりょうの間抜け加減も、
めちゃくちゃ滑稽でよかったなぁ。(笑)

『エレベーター密室モノ』って色々と観たけど、
その密室の中で物語が繰り広げられていくんじゃなくて、
閉じ込められてる間に外の世界で物語が進行していってるさまは、
この映画を知らなかっただけに斬新に感じた。

撮影も多分横浜?
外国人の自然な街の溶け込み具合や、
街並のオシャレ加減にノックアウト気味でした。(笑)

柄本明と熊谷真実の真相に近づこうと、
淡々ながらも必死な刑事コンビの動向にも感動。

いくつも事件が短時間で同時進行し、
そして滑らかに散らばってたパズルのピースがはまっていく感覚は、
最近映画観てもなかなか巡り合えなかったんで、
思い切って見に行って大正解でした♪

これは観た方がいいよ☆
おもろし!
KOICHIRO

KOICHIROの感想・評価

3.0
面白そうな展開になりそうでならない(笑)

美人でない北川景子に会える貴重な映画。
bavaroa

bavaroaの感想・評価

2.8
キャストとジャンルに惹かれて鑑賞。
つまらなかったことしか覚えていない。

リメイク元の作品(未鑑賞)は評価が高いから期待したのに…。

このレビューはネタバレを含みます

 サスペンスとして全く人物造形や行動の欲求が描かれておらず、突っ込みどころが多すぎて笑ってしまいます。

 そもそも、これから殺人を犯そうとする主人公が「17時30分で停電」という台詞を聞いているのに。17時30分にエレベーターに乗ってしまうという…。話聞いてなかったのか。その停電も、主電源を落とすだけでビル全体の電源が落ちるってのがよくわかりません。今の日本に、ブレーカー1つで電源落とせるのか疑問です。

 主人公がエレベーターに閉じ込められるので、動きを見せるのはヒロインが主人公を待機するのを映すだけ。もう1つの動きは、警官と恋人のカップルで話が展開しますが。この警官の初登場シーンは、いきなりチンピラと謎の喧嘩をしているという。この喧嘩の理由が意味不明です。そして、拳銃を奪われるという警官として致命的な失態をしてしまいますが。チンピラを追いかけると、組長がいるのを見つけます。そして、その隣にいる組長の情婦である女性を見る警官。なんと、その女性は警官の元カノという。どんだけ交友関係狭いところで展開してるんだ。と思ってしまいます。
 そして、拳銃奪われ→組長と元カノを追いかける→たまたま主人公の車を発見、盗難する→元カノにそそのかされ組長殺害→主人公の車を置いたまま逃走。
 
 何なんだ、この暴走コップは。犯罪しまくりだし、どうして暴走するのかが全くわからないためコメディになってしまいます。コメディでもちゃんと理由を描くのに。

 だいたい、主人公の車があったただけで、主人公に組長殺害容疑の濡れ衣がかかるという理不尽な展開を見せたかったのでしょうが。現場に車があっただけで、凶器の拳銃は見つかってないのに捕まってしまう主人公。警察官も頭悪すぎです。


 吉瀬美智子さん演じるヒロインも、全く魅力がなく。ドレスを着て、日本の街を歩くのに違和感ありまくりです。

 セピア色の映像と横浜の町はカッコよくて雰囲気があっただけに、残念な映画でした。
驚くほど冗長でミステリーにあるまじき。これよりつまらないものを見たことないかもしれない。
フランス版「死刑台のエレベーター」の日本版。
ストーリーはやはり面白い。
阿部ちゃんは良いが吉瀬がインパクトに欠ける。
外国人を出して英語で喋ったりとそれ必要?と思うような演出などオシャレな映画にしようとしているのかイマイチ中途半端。
北川景子が可愛い。まだ若くて声も高い。

何故お金をかけて映画にしたのか?
これなら2時間ドラマで良かったのでは!?
reiko

reikoの感想・評価

2.8
録画してたのを。
ながら観してたらよくわからなくなって、ちょっと観直したけど、それでもイマイチ、、何か物足りないような、、ラスト何かあっけなかった。
出てる人豪華なのになぁ。
フランスのリメイクみたいでそっちのがいいのかな⁈
それなりに展開は気になるけども、警察が動き出してからのテンポの速さはひどすぎる笑
死刑台のエレベーターというタイトルもそんなにしっくり来てないし、キャストがちゃんとしてるから辛うじて見れた感じ。
悪かったとは思わないけど、良くはない。笑
maromaro

maromaroの感想・評価

1.4
1958年に公開されたフランス映画のリメイク版。
完全犯罪を企てた不倫カップルだったが、様々な偶然が二人の思惑を狂わせる。

オリジナルは未見だが、このストーリーとこのキャストで何故これ程のがっかり作品が出来上がるのか。
阿部寛の無駄遣いっぷりは、苛立ちすら覚えるレベル。
>|