ゼロの焦点の作品情報・感想・評価

「ゼロの焦点」に投稿された感想・評価

ずみ

ずみの感想・評価

-
松本清張の名作。誰もがただ幸せになりたかったという言葉が後にのこる作品
人は周りからどう思われるかを気にしながら生きている。それが行動を生み、その人の人間性を形成する。そのしがらみを気にせず生きればどれだけ生きやすいか。
Canape

Canapeの感想・評価

3.0
記録 さすがの木村多江、狂気さえ美しい中谷美紀。二人のじりじり怖くて悲しい。
今の日本にはないような、
過去の出来事、

そしてそれを抱えながらも、
人生を変えようとする人。

それを消し去って、
新しい人生を生きようとする人。

という人間像を見た。
Scopio

Scopioの感想・評価

-
物語の核が丁寧に描かれている。

やっぱり田沼久子が良いんだよなあ、
秤

秤の感想・評価

4.5
車のライトによって木村多江さんの美しさ、幸薄さ、支えてあげなければ壊れてしまうようなもろさ、そういった魅力が照らされていたのがとても良かった。

そして中谷美紀さんの、狂気に呑まれて理性を失った演技は「圧巻」と思うよりほかなかった。もう、すごいよものすごいよ!好きな女優No.1です。役によってまるで異なる顔を見せてくれる中谷さんの底知れなさがとても怖く、とても好き。

そんな2人が共演するドラマが今年の4月から始まる!とても楽しみ。このご時世に不倫ものは…と考えると心配だけれど。

主演の広末涼子さんは、上記2人の存在感に食われてしまった気がする。演技力?役柄的にも難しいだろうけれど。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.0
ヒロスエという素材は作品の方から近づいていかないと生かされない特殊なものなので、原作ものにヒロスエを近づけようとしても無理難題と思われる。重厚長編原作を何とか映画作品に仕上げた労力は買うものの、広末の甘ったるい舌ったらずな声が作品世界に入り込む障壁になっている。音声OFFにすれば意外にいいのかもしれないけど、そうまでして見直さない。その時間で原作を読む。
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.01.21 on dvd
-----------------------------------
ぱんぱん
-----------------------------------
原作未読/原作映画既観

原作映画に比べ、あらゆる箇所が丁寧に描かれていて分かりやすい。特に立川時代のシーン追加は◎ 流石、生誕100年記念作品。最後の崖の告白カットも良かった。演技は何と言っても中谷美紀、たまに松子が見え隠れしてる。

マイナスは、まずパッケージ。原作映画に近い感じにしようと思ったんだろうけど、広末推しみたいになっていて✖️。それと音楽、原作映画あんなにメロディアスだったのに。。

しかしなんで今回鹿賀さん死んだのかな〜わけわかめ。
Santa

Santaの感想・評価

3.2
何故かとても退屈でした。
ストーリーも退屈🐾何がいいのか分からない。コメディーかとおもうほど。
広末涼子は独特な顔表情だけで存在感十分🌟中谷美紀は大御所貫禄🌟木村多江Cは可愛い🌟●作では、、、、?
音楽も変。中島みゆきのエンディング曲がトドメでした。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
さすが、見応えあり。

制作費10億、興行10億と、かなり大爆死してるけど、僕は楽しめたような。
>|