二人が喋ってる。の作品情報・感想・評価・動画配信

「二人が喋ってる。」に投稿された感想・評価

あさこ

あさこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

劇場版新喜劇。
なるみが元々コンビ組んでたって知らなかった〜!ほんとに昔から喋りが上手かったんやな〜!会話が漫才。
出演者みんな若くて、仲間同士で切磋琢磨しながらミナミの街歩いてるのが、青春って感じでいいな、と思った。
1344

1344の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

最後のミュージカルにはマジで驚いたんだけど、二人の喋りは面白く可愛い映画だった 説得してる感じもけっこー可愛かったなー
sasa

sasaの感想・評価

3.6
タイトル通り、二人の女漫才師がずーっと喋ってるだけ。終盤の唐突なミュージカルには失笑したが、ゲリラ撮影らしく役者の演技や大声に思わず振り返る通行人など、25年前のなんばの風景がそっくりそのまま移植されているよう。

入院中の男の語りなど、男がベッドの上で昔話を何分も喋るだけのシーンなのに思わず聞き入ってしまう、ナチュラルで巧みな話術はさすが芸人。
kitrustz

kitrustzの感想・評価

4.3
シズカがナルミを誘って始めたコンビ「トゥナイト」。シズカが相方に選んだナルミへの気持ちが、差し込まれる回想から伝わってくる。テンポ良い会話から透けてくる。とても切なくて暖かい。笑いの神とお笑いの神によるルー・リードの詞の朗読。突然始まるミュージカル。可笑しくて眩しくて泣けてくる。シズカのお母ちゃん、ナルミのお父ちゃんの人生哲学もそれぞれ正しい。喋りっぱなしの60分。そして商店街で二人は唄う。


二人が喋ってる♪
とても嬉しいこと♪
ジャマするものなんてないの♪
とても遠くまで見渡せる♪
だからさ、きっとさ♪
二人で喋ろうよ、二人で♪

何度も観たくなる青春映画の佳作( o´ェ`o)
Nakao

Nakaoの感想・評価

3.3
犬童一心監督の長編デビュー作。

実在の上方女漫才師トゥナイトが解散を巡って繰り広げる会話劇。歯切れの良い関西弁と漫才のような掛け合いが楽しい。90年の大阪の雰囲気も良かった。大阪に浸れた。

現代だと誰だろう…
Aマッソとかでセルフリメイクして欲しい。令和版「二人が喋ってる」を見たい。
若タンクナメ鏡越しトゥナイトという謎の画。難波ってこんな姿だったんだ、という資料映像。延々会話劇は映画になるが、延々漫才は映画にならないという資料映像。特に関西弁って映画としての魅力が全くない。

コンビを続けてた未来があったとしてもきっとその評価を背負ってたのはなるみなんだろうなと。しずかとなるみの間には圧倒的な差がある。
gfbsj

gfbsjの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


ほとんど、ずっと喋ってばかりなのですが..
んー何気にすごいなと
効く人には効く.. .特効薬みたいな笑
良き!
AAA

AAAの感想・評価

3.7
なにわ版ララランド。

恐らくゲリラで撮影されていると思われるシーンが何箇所かあったが、彼女たちが基本こぎみよいテンポで叫んでいるので、街中の人は叫んでいる登場人物たちを見ている様に感じられて、それも踏まえて良かった。

当時の漫才師たちは賞レースを目指すという明確な目的はなくスターになるという漠然とした生き方をしていて、手段が目的化していなくてシンプルだなと思った。
おもち

おもちの感想・評価

1.5
三度の挑戦でようやく最後まで観られた…
ごめんなさい。自分には合わなかったです。ファンディスクとして観れば良いのかも…
テンポは小気味良かったです。
自宅で観ましたぁ。

トゥナイトが主演。
漫才って、、、、。って感じ。

実はなかなか面白い。
なるみさん、もっと映画とか出てもいいんじゃない?
って思う。

たしかに、
全編ほぼ二人のおしゃべり。

吉本は層が厚いけど、
トゥナイトを抜擢したところなんていいねぇ〜。


やっぱり映画は面白い🤣
>|

あなたにおすすめの記事