幻の光の作品情報・感想・評価・動画配信

「幻の光」に投稿された感想・評価

shun

shunの感想・評価

3.8
どのショットもきまってた。
最後らへんの海辺での会話がよかった!!!タイトルの意味!
RyoS

RyoSの感想・評価

3.4
感想としてはめちゃめちゃ良い「普通」。ショットとかシンメトリーにしたり望遠にしたり、美の感性が自分と似ていて、あんなショット撮れるようになりたいって思った。空間の中に写る人間が生き生きしている、特に子どもはめちゃ良い!やっぱりドキュメンタリー出身だし、この直前まで小学校のドキュメンタリー撮ってたのも大きいのかも。でもストーリーがちょっと静かすぎて...
槙

槙の感想・評価

-
キネ旬の星取りレビューで佐野亨が「転がるビー玉」に対して「この作品にかぎったことではないが、近年の少なからぬ日本映画では、役者の身体性を信頼せず、物語のカタにはめ込もうとする傾向が目立つように思う。この映画では、(…)用意された空間のなかに人物を配置して動かしている、という以上の身体性が浮上してこない。役者陣(とくに萩原みのり)はよい表情をしているだけに残念だ。」って書いていて、この作品を見たときにわたしが感じた不満はまさにこれだったのだけど、「幻の光」はちょっと引くほどひたすらに禁欲的な引きの映像が続く。これ、ちょっと逆説的だけど、俳優の身体性を信用してないとできないことなんだよな、と思った。

主人公のゆみ子(江角マキコ)はおさない頃に自分が強く引き留めなかったことで祖母が自殺してしまったと思っていて、夫(浅野忠信)も突然自殺してしまう。だから、常に日常に突然訪れる「死」の感覚にさいなまれている。だから、(引いてるから)表情もよくわからないし、説明的なセリフもほとんど出てこないんだけど、息をして画面の中に存在してるってだけで醸し出している空気感がすごい。ただ突っ立ってるとかとは次元の違う存在感があったし、是枝さんが撮りたいのはまさにそういう空気感と存在感だったのではと思う。

葬列に吸い寄せられるようについていくゆみ子を新しい夫(内藤剛志)がたまたま見つけて。広大な金沢の海の地平線に沿って追いかけていく。そこで初めてゆみ子は自分が周りの最愛の人に「死」を引き寄せているのではという長年の不安を吐露する。もうゆみ子そのものがあっちの世界に行ってしまうのではないかと思わせる中で新しい夫がぐっとゆみ子を引っ張ってこの世につなぎとめる。その間、カメラは1回もズームしない。それを観客は遠くから遠くから、でも、ずっとちゃんと目撃する、という構図。
菫子

菫子の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

広い情景の中で動く光の命たち 穏やかに生きている

邦画が苦手なのは、たぶん目を逸らしたいことが多いから
だけど、だいすきな 自然で素朴で求めすぎない生活を送る人々のローカル感が出てる中国映画、韓国映画と同じだったな
今立ち向かってることに一生懸命して、たまにのんびりして、生活は美しい
邦画も良いかもしれない
尼崎(鶴見?)の下町、ガード下のショットや、輪島と日本海の映像が素晴らしい。逆光がちなカメラに江角マキ子の輪郭も際立って美しい。
トドメに子供達の自然なじゃれ合いのシーンにやられてしまう。

闇に引っ張られる瞬間があるんだね、おそらく誰にでも。
自殺未遂の人が「すうっと引き込まれる」って言ってたっけ。

良い映画はジャケ写から優れている、の見本。
ジョウ

ジョウの感想・評価

3.5
是枝裕和デビュー作。
夫が自殺した妻のグリーフワークを描いている作品。
かなり難解な映画。
間違いなく作品の中に答えはないし、自分で考えるにも与えられている要素すら少ない。
ただ1作目にこれを作れるのは凄い。
引き画が多く、表情を窺えるシーンがかなり少ない。
静かな雰囲気で長回しも多い。
それでも背景や人物の後ろ姿から感情を読み取り想像することができる。
内容を解釈するのが本当に難しい映画ではあるが美しくもあり、非常に人間的である。
是枝監督のデビュー作。静かすぎるくらい静かに流れていく。引いた画の長回しの数々。下手な大阪弁。暗い。映像は美しいが特に展開という展開はないが見ていられる。片鱗は見せているのかな。しかしほんとなぜ自殺したのだろうか。
Leon

Leonの感想・評価

4.2
才能の塊魂

初期の頃にこのクオリティですか…恐ろしい。是枝作品でもトップクラスに好きかも。
魔攻

魔攻の感想・評価

-
脚本上の関西弁ってなんでこんなに違和感があるんだろ。かといって素っ気ない台詞回しだとそれもそれで違和感あるし、そのさじ加減って難しいよねきっと
tunatoyo

tunatoyoの感想・評価

3.0
暗い画面から鬱屈した空気と死の香りが常につきまとう。
かなり演出を抑えた静かな映画で、話の起伏も少ないので観る人を選ぶかもしれない。
江角マキコの関西弁がどうも気になってしまった...
>|