素敵なダイナマイトスキャンダルの作品情報・感想・評価

素敵なダイナマイトスキャンダル2017年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:138分

3.5

あらすじ

幼少期に「実母が隣家の息子とダイナマイト心中」という驚愕の体験をした少年「末井 昭」。高校を卒業と同時に工場に就職したあと、上京してグラフィックデザイナー目指す。ひょんなことからエロ雑誌業界の世界に入り込んでしまい、やがて写真家・荒木経惟とのコンビで80年代を席巻した伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの名編集長となってゆく、そして――。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」に投稿された感想・評価

やっこ

やっこの感想・評価

3.2
原作者のエッセイが元、なのかな。

いや、前田敦子を可愛いと思ったことなかったんだけど、いやすまんこれの前田敦子あほほど可愛いな。くたびれてしまった後も、それはそれで可愛い。なんだよ。
まあそれを覆すほど浮気相手が最初可愛すぎるんですけど…柄本佑モテすぎだろ…

時代が少し昔で、当時のサブカルチャーやエロの文化みたいなものが垣間見えて面白い。

あと主題歌が良かったです。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.6
日本エロ史に名を残した男 末井昭の半生を描いた物語
パチンコ必勝ガイドの初代編集長としても有名だが物語はそれ以前のエロ本編集長時代のお話

彼を演じた柄本佑の昭和という時代のハマりっぷりはお見事だし、彼の生きた70年代前後のカルチャーなんかも感じれて良かった。

この作品なんと日本文化芸術振興会の補助金がおりてる作品
まだまだ日本のエロ史は掘り下げられると思うので是非とも補助金使って映画を撮ってもらいたもんですなぁー

良くも悪くも歴史の映画でした。
ayumi

ayumiの感想・評価

-
2本上映で、観たい映画と一緒にやってたから見てみた。
やけに男の人が多いなって思ったけど、。

感想としては尾野真千子、前田敦子が可愛いなっていうところですかね。
フィクションっていうけど、どこからどこまでノンフィクションなのか…
言いたいこと多すぎて結局何が言いたかったんだ?て感じの構成だったけど、実在の人を題材にしてるからなのね。
もう少し焦点絞って欲しかったなあ。
設定はよかった。
何が何でも生き抜くこと大切。
あと自分の夢中になれることを研究できるのは才能。
22

22の感想・評価

3.7
まず主題歌が好きです~。

官能雑誌の仕事場をのぞいたようでした。エロとは、芸術なのか。裸とは、芸術なのか。芸術、社会との戦い。

わたし、柄本さんの「恋に酔っていただけて、大切に考えていなかった」という言葉はっとさせられました。それと、笑い方が物語が進むにつれて変化していくのも面白い。
くるくるヘアはあまりに似合わなくて笑っちゃいました。

尾野真千子の立ち姿が魅力。表情が色っぽく、また美しかった。三浦透子さんの声がとても素敵。この映画でファンになりました。男の人にモテるのが分かる。

お母さんは、一人で死んだのかな。なんてラストに思いました。
nyamumoko

nyamumokoの感想・評価

3.5
面白かったんだけど、エロ部分の質量が大きいし、長い作品なのでちょっと疲れた笑。
ですが、俳優・柄本佑に魅力に気づかされた。目の演技が観る者を惹き付けますね。
突然サックス吹いてるシーンがちょっと面白くてツボりました笑。
Garu

Garuの感想・評価

3.6
看板描きたい

デザイナーは現代でもいきなりPCを使うのではなく、みんな看板描きから始めた方が良いと思う。

現場に本当に必要とされてると感じれるし、仕事としての人との繋がりが濃い。

結局のところ表現者としての迷いや憤りは同じかもしれないが、PCでしかデザインしてないと「電子レンジでしか料理したことない」みたいに感じた。

後半になるにつれて、だんだんと映画の印象が変わって行き、全体的に時代や文化を感じる事も出来て楽しいが、上映時間やはりちょっと長く感じる。

柄本佑さん素晴らしい。まさかの菊地成孔さんも大活躍。
たうら

たうらの感想・評価

3.3
役者も話自体もそこそこ良い。映像としてもそこそこ面白い。
しかしちょっと遅くて長い。
主人公の末井昭さんの自らの半生を描いた原作や、当時の成人向けの雑誌を元に描いた作品です。
主人公の家族や主人公が型破りな人物で、柄本祐さんが怪演でした。
出てくるキャラクターが強烈で色々細かい所まで拘って作られています。
あと15年早く生まれていればもう少し面白みがわかったのかなと
エンディングの曲の雰囲気良かった
>|