素敵なダイナマイトスキャンダルの作品情報・感想・評価

素敵なダイナマイトスキャンダル2017年製作の映画)

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:138分

あらすじ

幼少期に「実母が隣家の息子とダイナマイト心中」という驚愕の体験をした少年「末井 昭」。高校を卒業と同時に工場に就職したあと、上京してグラフィックデザイナー目指す。ひょんなことからエロ雑誌業界の世界に入り込んでしまい、やがて写真家・荒木経惟とのコンビで80年代を席巻した伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの名編集長となってゆく、そして――。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」に投稿された感想・評価

舞台挨拶に行きました。

冨永監督の「クソ!」という気持ちが、この映画を観てすごく分かりました。私もこの時代に生まれてみたかったとすっごい思ったし、少し悔しくもなりました。

三浦透子さんの演技がすごすぎる…。
大阪先行上映 テアトル梅田
(実質ワールドプレミアだったらしい)
富永監督 原作の末井さん 柄本佑さん 上段
take

takeの感想・評価

3.3
舞台挨拶付き、ワールドプレミア。in大阪。
昭和時代を生きてきた大人な男性に特にエロマン(チック)なんだろうな。
熱量はわかるけど、女性にはなかなか理解得がたい。
柄本佑さんの思いきりがすごいし、前田あっちゃんは昭和感すごい。ところどころホラー的なところで笑える。

このレビューはネタバレを含みます

なかなかエロくグロく、そしてリアルな、あ、これが人間やなってのをまじまじと見せられた。
あっという間の2時間。


音楽や撮り方、色合いなんかも不思議な世界観で、でも劇中の末井さんにとってはまさに生きてるリアルそのもので。
精神病院とか全裸で発狂したり金とか穀物うんぬんとか、なんかもう何が狂ってて何が正しいとかのない、時代ごとまともに狂ってた時代というか、終えて今と比較できるからこそ狂ってたと認識できる時代というか。
ちょうど私が生まれる直前までの昭和ラスト10年がほんとにすごく溢れ出ていて。無伴奏を思い出したりもしたけど、でも知らない分野の出会うことのない人々の話だからすごく見入ってしまって、やばいやばいと思いながらも、それが村上淳さんや前田敦子さん、尾野真千子さんに若葉竜也君やったりするからもう全然目が離せなかった!!三浦透子さんはじめ、女優陣そして編集部や喫茶店の男性陣もほんとにすごかったな!!!

今日はワールドプレミアらしくテアトル梅田が初めての一般公開だったらしく。
監督が7.8年前からずっと映画にしたくてなんとか公開したかった!映画化に賛同してくれた末井さん、佑くんスタッフキャストに感謝。そしてたくさんの人に見てもらって初めて映画は完成するという熱い言葉。40分のトークショー後劇場出口で見送ってくださったその姿勢、そして何よりあれやこれやと末井さんをやりきった柄本佑さんは表現者であり作り手だなぁと改めて。
そして、あ、そーいえばこの人ホンマにおるんやった!狂ってるとか言ってすいませんって思っちゃうくらいに普通な原作者の末井昭さん。笑 チャーミングで撮影の話なんかもたくさんしてくれて実りある3時間弱でした!
うちの母心中してて..って普通に話し出して驚いた笑 上映後で安心!笑
ああ。私の知らない時代の知らないジャンルの人たちのお話。
でも絶対的にあった、アナーキーなあの頃。。。
R25にしてくれ!笑笑
YS

YSの感想・評価

3.3
2018/3/17
配給 東京テアトル

母親が隣人の息子とダイナマイト心中を図り自殺した、という強烈な経験をもつ、雑誌編集者・末井昭の自伝エッセイの映画化。
当時、創刊された「NEW self」や「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」など、ほとんど知らないが、発禁本や警察の検閲の厳しさなど、コミカルに描いていて、思わず笑ってしまった。
波乱万丈な人生を柄本佑がしっかりと演じていて、不幸で苦労な話も重くない。

主題歌を出演もしている尾野真千子と末井昭本人のデュエットで締めくくってあるのも良かった。
MinKFJ

MinKFJの感想・評価

4.0

「芸術は爆発だ」と言った人がいますが、僕の場合お母さんが爆発でした。

↑これは決して比喩ではない。
幼少期に母親が隣家の息子とダイナマイト心中なんて、にわかに信じられないようなことが実際起きてしまった編集者末井昭氏の自伝が原作。

私は末井さんという方をこの映画を通じて初めて知って、NEW SELFもウィークエンドスーパーも写真時代もパチンコ必勝ガイドも知らず(見てみたい!)原作の文庫を入手、一気読みして試写に臨みました
今の時代だったらこれじゃ済まないような(正真正銘スキャンダルとしてワイドショーの餌食になり、散々叩かれ、行き場をなくすまで追い込まれるとか)それかwww.の裏サイトにでも潜ってしまうのか、、平成も終わろうとしているいま、昭和の時代ならではのテキトーな猥雑さというか(ダイナマイトの管理がずさんなこととかも)、ある意味あっけらかんとした無茶苦茶さが面白い。

柄本佑さんが、若かりしスエーさんによくハマり、文化とサブカルと猥雑さのブレンディが絶妙。変幻自在というか、鬱屈とした青年時代、80sバブリィなイケイケ編集長時代、本気になっちゃった愛人とのメロメロ情事、描きようによってはかなり悲惨な話しなんだが、素敵にスリリングな人生を素敵に乱高下。ストリーキング、赤いイヴ・クラインだよ。

それにしても、菊地成孔さんの「荒木さん」がコレまたハマり過ぎてて、とてもいいんです〜よくぞ口説き落としてキャスティングしてくださったなぁと感激。衣装自前かな?菊地さんは今後事の次第によってはタモリとか赤塚不二夫とかレヴェルの存在になるか、リリーさん並みに俳優業も引っ張りだこになるか、とすら思った。

嫌味な上司・杉山ひこひこさんとか、ハーモニカの男・松浦祐也さん(『ローリング』では花柄ショーパン)とか冨永組常連?な役者さんが脇を彩る。そういうとこも行き届いているなぁと。
中身がギッシリなんで、連ドラにしても面白そうだなぁ。あでも お色気満載♡放送禁止用語だらけだからTVは無理かな?笑笑
momoka

momokaの感想・評価

3.8
あーもーちょー面白かった!めちゃくちゃカルチャーだしめちゃくちゃエンターテイメント(バカ)。「エロとユーモアが大事」という常々思っている信条を見事に映像化してもらったような。キャスティングもよかったー。菊地成孔一生ラヴ。
yabesaya

yabesayaの感想・評価

4.0
映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』試写。

噛み締めたくなる面白さでした◎

いつの時代もああやっていろんな気付きと流れと悔しさと欲望によって、時代とカルチャーが作られていくのかなあと。

グイグイと踏み込んでいく、バチバチのエンターテイメント。

美術、音楽、キャスト、思い切り感が最高でした。

前田敦子の昭和のマドンナ感、中島歩の気持ち悪さとカッコよさのバランス感。
ヨラ

ヨラの感想・評価

-
いいとこいっぱいあるのに、物足りなさが残るのもったいないなー