昭和残侠伝の作品情報・感想・評価

「昭和残侠伝」に投稿された感想・評価

案外面白かった。
ところどころ日本語が聞き取れず。
こういう映画は初めて見たからか、池部良が最初自己紹介し合うシーンが印象深く残る。
また、場面のつなぎかたとか結構雑な印象を受け、それが新鮮だった。映画作りのノウハウがまだ確立されてないようなかんじ。現代の映画はどれも丁寧な作りだが、逆にそれはどれも似通ってくる危険性を孕んでいるのかも、とか考えた。

終わりかたも、いきなり「終」と出る。だらだら長いより良い。
n

nの感想・評価

-
敗戦直後の浅草、昔ながらのテキヤである関東神津組は、手段を選ばずにマーケットを拡大しようとする新興ヤクザの新誠会によって組長を殺されるも、その遺言が平和主義を命じたため、血気にはやる若衆(梅宮辰夫、松方弘樹)の報復行為が禁じられる。そこに遅れて復員してきた高倉健が後を継ぎ、戦前恋仲にあった三田佳子が石岡組の江原真二郎と結婚してしまったという事実にも耐え、組と「エンコ」を戦災から復興させるため馬車馬になって頑張るが、新誠会の非道がエスカレートし、商品を奪われたり、松方が拉致・暴行されたり、新誠会が売春させていた水上竜子と恋仲の梅宮が殺されたりする。神津組に居候している池辺良は実は妹の水上を探していたのだが、彼女もまた肺病が悪化し死んでしまい、独り新誠会に討ち入った江原も殺され、果ては神津組が建てつつあったマーケットにも放火される。ここまで耐えてついに堪忍袋の緒が切れた高倉は、池辺とともに「唐獅子牡丹」を歌いつつ新誠会に討ち入り、松方が刺し違えてしまうも復讐を遂げる。

このレビューはネタバレを含みます

高倉健といえばこのシリーズ!

悪役の意地悪さが尋常じゃなく、ラストの絶対殺すタイムのカタルシスが凄い。

また、この一作目は「仁義なき戦い」のキャストが多数出演していて、時代背景も終戦直後と共通なので、仁義の有無を比較するのも面白い。
hepcat

hepcatの感想・評価

-
健さんの登場まで凄く待ち遠しかった

戦後の闇市的なところを締めてる健さん達だけど、先代の遺言によって、一切の揉め事を禁止されていた
(あれは浅草寺の仲見世じゃないか?)


近くの組から仲間を殺されたり、建物を燃やされたりするけど、その仁義を通し抜く
相手の組みであろうが、闇市の売る人にも誰に対しても偉そうにせずに礼を持っている

堅気の商売に乗り移るって話が出るまで、瞳孔開いてて、いつでも人を殺しそうな気配があったけど演技でできるレベルなのか!!

梅宮辰夫がとてもセクシーで本当にいい男だ
散り方もかっこいい!
松方弘樹もいいあんちゃんだね

唐獅子牡丹流れてドス持って歩くシーンなんてたまらん
小学生の時に観てたら確実に真似してただろうな…
オープニングで『唐獅子牡丹』が流れた瞬間から、この作品の中に取り込まれてしまう。
本作は、スターシステムの中における娯楽映画の教科書と言ってよい。脚本の展開はもちろん、音楽の入れ方など完璧である。高倉健を中心とする役者の魅力を引き立てる演出も見事。
本作は教科書である。しかも、かなり面白い教科書である。娯楽映画を論じようと思うなら、必ず触れるべき作品だ。
すんげーカタルシス‼︎
本当に若い頃の辰兄と松方が見れて最高‼︎
あんなにしっかり仁義きってるの初めて見たっす‼︎
とも

ともの感想・評価

4.3
梅宮辰夫の胸のお守り、履いているズボン!
軍服姿の健さん。
あたしゃ鉄砲の弾と相性が悪いらしくて…
妹に何も聞かず優しく包み込む池部良に惚れる。
最後の殴り込み、ライトアップされる二人がかっこいい。体がぞわっとした。
そして飛び入り参加の松方弘樹!
あ

あの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ただひたすらに美しい
ワンカットが女優の発音が押し殺したようなセリフが薄闇に光る刺青が演出が立ち位置が…
命よりも大事な庭場に手ェ出されたんだもんな
男の美学よ
また唐獅子牡丹の歌がいいのよ…
映画全体に美学が行き届いている
日本は侠客が消えてどうなったか?今こうなってるんですよ、せいじさん…
キよ4

キよ4の感想・評価

-
終戦直後の浅草 露店商を仕切る新旧テキヤ対決 関東神津組と新誠会の庭場争い
ストーリーは日本侠客伝の焼き直しのような任侠映画 悪どく攻める新誠会と耐える関東神津組
命より庭場
健さんと三田佳子の悲哀物語
殴りこみをかける夜の道行き 健さんと池部良ふたりに当たるライトが渋い
背で泣いてる唐獅子牡丹の歌
日本刀を持って殴りこみ 健さん鬼の形相で刺して切って大暴れ
池部良の軒下の仁義をきるシーンがかっこいい
浅草のとある老舗飲食店で働いていた頃、関西から来たという50代くらいのお客さんと俺との会話、、、

お客さん
「昔のここら辺を高倉健が日本刀持って歩く映画があんねん!かっこええぞ〜!」


「そうなんですね!自分も映画観るの好きなんでそれは観たいですね〜、なんていう映画ですか?」

お客さん
「つっても任侠映画やで?」


「仁義なき戦いシリーズだけは全部観たことあります!他はどんなのが面白いのか知りたかったところです!」

お客さん
「お兄ちゃんでもそういうの観るんやな!
その映画は『昭和残俠伝』っちゅーやつや!」

俺「昭和残俠伝ですか!絶対観てみます!」



それから数年が経って俺はもうその店では働いてませんがね、お客さん、、、
ようやく観れましたよ、、、




めちゃめちゃいい映画じゃないっすか!!
そして言ってたそのシーンめちゃめちゃかっこいいじゃないっすか!!

あのお客さんにもう一度会って
伝えたいです。

ありがとう!