のだめカンタービレ 最終楽章 後編の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」に投稿された感想・評価

かほ

かほの感想・評価

3.0
ま、内容はアレですが、のだめが千秋先輩とやりたかったのにルイにやられてしまった「ピアノ協奏曲」や、のだめとシュトレーゼマンの「ピアノ協奏曲第1番」を映画館の音響で聴けて、シアワセ~~~!!!
うん!テレビじゃ、この音よ良さは味わえませんね。それだけでも映画館へ足を運んだ価値は充分ありました。テレビもスペシャルも、色々(キャラもエピソードも)はしょっていたけど、映画はこれまで以上に時間の都合上、ものすごぉぉぉーーーーく、はしょっている割には、ちゃんとそれなりのストーリーになっているのには驚いた!!!
2台のピアノのためのソナタを弾く二人、実質○ックスやん!それで二人の愛情表現できてる(?)っていうのがすごいいい〜はあ〜〜〜〜そういう感じの2人の関係性が好きすぎるし出てくる登場人物全員好き〜〜〜〜全部好き〜詰め込みすぎた感あるから前編後編と言わず5部作くらいにして欲しかった(無理)
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.5
後編もクラッシックの名曲満載!
バイオリンあり!
ピアノあり!
オーケストラあり!

のだめとマエストロの共演、
のだめと千秋のピアノの連弾、
心を打つ演奏の数々!

後編は、のだめと千秋のストーリー。
それぞれが目指す音楽のために、
離れて暮らすことになった二人。

追いかけても追いかけても
千秋は先を行く。
なかなか千秋に追いつけない苦しさを表現した、のだめの「ベートーベンの後期のソナタ」は、マエストロと共に涙した。

イツマデ、ガンバレバイイノ?

この答えを求めて、
マエストロと共演に踏み切るのだめ。
ここには、深いメッセージがある。

のだめと千秋の未来を描く
fin(最終話)に相応しい
最高のエンディングでした!
KIT

KITの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

のだめのまっすぐで不器用な性格がこの結果になったのかな。
千秋に追いつきたいのだめ。
のだめには自分のペースでやりたいようにやってほしい千秋。

前からそうだけど、すれ違いが多い2人。
でもだからこそ生み出せるものがあるということを
あのラストの連弾のシーンで伝わってきた。

本当にこの作品が素晴らしい。
hohou

hohouの感想・評価

3.6
前編に引き続き見てみました。
監督武内さんと思ってたら総監督のクレジット。
監督さんの違いもある気がしますが、前編と雰囲気全く違います。
りっく

りっくの感想・評価

4.0
原作からカットされた部分がエンディングで出てきたのが嬉しかった。ちゃんと外国人キャストをいっぱい使ってたのが嬉しい。懐かしいな〜。
のだめカンタービレ映画版後編

上野樹里、玉木宏主演
後編はのだめの音楽への向き合いと進む道の話

音楽の才能と進路って大変だなあと
ドラマ版より、映画はちょっと真面目が増えたイメージ

瑛太と水川あさみのペアはいいなあ
玉木宏がかっこいい
上野樹里はこれ以上のはまり役はないでしょうなあ〜

高校の時かなあ、近くのイオン映画館でポイントの期限が切れそうだったから、前編見らずに後編だけ見に行った記憶がありますw
のだめかわいい〜〜
就活の息抜きに観てたけど全体的にクラシック調だし良かった〜〜
mami

mamiの感想・評価

5.0
はぁ、ええ話や。音楽って素敵。
二台のピアノのためのソナタが泣ける。
ドラマを一から見直したい。
千秋先輩フォーリンラブ。のだめ最高。
sn00py

sn00pyの感想・評価

3.7
様々な葛藤と闘い紆余曲折を経て幸せになったのでよかった

音楽に合った街並みも素敵!