地獄で眠れの作品情報・感想・評価

「地獄で眠れ」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.2
鉱山

生体実験を繰り返す恐ろしい科学者がいる武装集団を抹殺するため殺し屋が乗り込んでいくクライムサスペンス

拷問からはじまる

任務
女性を連れて

アクションはなかなか

攻防が最後まで白熱します
りぞっとぉぉぉぉ……

りぞっとぉぉぉぉ…………

そんな空耳アワーから始まるチャールズ・ブロンソン作品☆

本当は何て言っているのだろうかw??
多分スペイン語なのだけれど、リゾットにしか聞こえないし字幕も無いので、お腹がすく一方です(笑)

どんな時でも余裕の笑みブロンジー…間違えたブロンソン!
格好良いですねぇ~
流石マンダム♪


ストーリィはシンプル。

親友の敵討ちにグアテマラで戦うマンダム!!!


80年代なガソリン使いまくり爆発シーンとか、少ししか映らないけれど拷問による人体ぐちゃらけ、血糊はなかなかのクオリティでした!

『天使にラブソングを』の優しげな神父さんが、まさかの悪役で怖かったなぁ~

いきなりビールを吹き出した挙げ句、勝手にキレる輩には笑ったw

ヒロインはジュリア・ロバーツ似の美人さん。
その娘は『コマンドー』の娘役に似てました!

音楽について。
ちょいちょいピアノの単旋律が流れるのですが、どうしてもクリスタルキング「大都会」のイントロに聴こえてしまい、毎回…
デンッ…あーあーーーーー!!
はってーしーないーーーー!!
って歌っていたら、一緒に観てた黒羊さんは
You は Shock !!!
って歌っていて、雷も鳴る中、まじカオスな空間が出来上がり、アルコールも相まってパラダイスに(笑)

いやぁ~映画っていいですね♪

シンプルな展開で時間も短め☆
ブロンソン入門に丁度良いと思います!
黒羊

黒羊の感想・評価

3.7
ミスターダンディズム、我らがチャールズブロンソン主演の84年制作映画!

拷問が生業のド外道野郎達。拷問も酷いが、拷問から逃れた人々の証言をテレビで観た我らがブロンソン演じるホランドさん。ホランドの友人が拷問で殺されたので外道許すまじ…と立ち上がったのだ。

ブロンソンの仕上がりは白髪まじりのダンディさ。いいですね!文句なし!

爆発もガソリンもりもりの火柱どっかん!

ホランドさんが住む南の島もいいですね!

悪役の黒人さんが出てきて、「あっコイツ、ダイハード2の大佐じゃね?」なんて思いましたが別人28号でしたタハハー

悪役のボス野郎も、ワシは誰か分かりませんでしたが…

肉食いながら酒飲みながら一緒に観ていたクソ人気レビュアー気取り野郎の「りょーこ」さんが、

「天使にラブソングを」に出てた神父さんだ!

と、口からハイボールをダラダラ床にこぼしながら宅飲みで叫ぶので床がベッタベタですね。

ブロンソンみたいに片手撃ちはしませんからマジ撃ち◯してぇコイツでも情報ありがとう映画通さん。

常にシャツの第二ボタン開けているブロンソンの魅力満載の映画でした。

悪党は地獄におちろ〜〜!!
『デス・ウィッシュ』シリーズじゃないのにチャールズ・ブロンソンがポール・カージーさん以外の何者にも見えない!笑

えーっと、ここではホランドさんという名前です 笑
元殺し屋で、カリブの小島で悠々自適な生活を送っているところへ殺しの依頼が舞い込みます☆
「拷問人体実験のドクターを殺してくれ」

え〜?!
「ポール・カージー番外編」でも良いんじゃないの?^^;
やっぱりダニを殺すんだから〜!


まぁ当然ながら強いんです♪
あるバーでのワンシーン。
女性にちょっかいを出す巨漢を殴り倒し、股間を掴んで握りひねる!
足はそいつの首を踏み付け失神させちゃう!
急所に突撃!て感じ!

とにかく動きに無駄がない!
強いて言うならば連れの女性にイラッとしたなぁ〜
だけど彼は紳士な殺人マシーンですから。
無表情でやり過ごします。

サクッとスカッと面白かった!


この先も地味〜にブロンソンさんに会いに行きます♡︎ʾʾ

だけどやっぱりブロンソンさん出演作品のジャケットがほぼ全部カージーさんに見える〜 笑
原題:THE EVIL MEN DO

大昔に観たことがあり、改めて観直してみた。
ドクターと呼ばれる拷問好きに旦那を殺された妻がドクターの殺人依頼をする。
その殺し屋が隠居生活まっただ中のチャールズ・ブロンソン。
殺し屋に見えない風格が良いのだが、お世辞でも立ち振舞が
殺し屋とは思えないw
そんな動きでも赦されてしまうチャールズ・ブロンソン。
この人の出演作の中で今作はグロイ方に入ると思われる。
そして終盤が地味すぎる。