岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇の作品情報・感想・評価・動画配信

「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」に投稿された感想・評価

千原ジュニアの演技はこの頃から極まってる。前作よりも数十倍よく役者を撮れてる。

鈴木紗理奈が風船を掴めないとこでなぜか泣きそうになった
予想以上に全編三池崇史節炸裂で楽しかったです。

千原兄弟はなんならナイナイよりもハマっているような。
悪杭

悪杭の感想・評価

3.0
2007年 鑑賞
今回は三池監督作品。主演コンビは千原兄弟(当時、ナイナイ岡村さんはジュニアさんを嫌っていて、キャップに鼻●●をつけたとか)に。この頃からジュニアさんの演技が上手ですね。やべさんもやっぱり好き。てか、やべきょうすけさん目当てでもございますんで。
まさかの急展開であの人が亡くなる。
三本足

三本足の感想・評価

2.0
246/135

今朝の一本


ハコスカかブルーバードかなんかかっこよかった

ナイナイのよりこっちの方が好きやな
歳にもよるか

三池崇史が好きじゃない

初めて千原兄弟いいやんと思った
UKEL

UKELの感想・評価

3.5
鈴木紗理奈かわいっ…!

ジュニアほんとにカッコいいし色気ある、若い頃のジュニアに役者として世間に認知されるような代表作を残せなかった映画界は本当に勿体ないことをしたと思う。

せいじの唐突すぎる死に方は三池崇史慣れしてるので普通に笑った。
ナイナイの後に千原兄弟ってキャスティングも熱い。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.4
スカパーにて。岸和田少年愚連隊のシリーズ。前作の井筒・ナイナイ作に対し、今作は三池・千原兄弟という組合せ。

昨今の三池は漫画原作の消耗映画を大量生産するザ☆商業監督だが、この時期はまだそれほど割り切れていない印象だね。
時代的にもウォンカーウァイや岩井俊二などの叙情的で作家性のある監督が評価された時代だし、そういうのを追っていた印象。
でも明らかに三池崇史に情緒ある作品を作るセンスは無いんだよね。

まして岸和田少年愚連隊に“情緒”を盛り込まれても…

僕の印象では、まだ商業主義に撤しきれなかった三池がナケナシのセンスを振り絞って大滑りした作品…って感じ。
その象徴が三角定規のくだりかなぁ。あの中途半端なファンタジックなシーン。アレ何?

Jr.が主役で岸和田のヤンチャ小僧。仲間の役にやべきょうすけと千原せいじ。
元々鈴木紗理奈演じる娘と恋人同士だったが、別れて他の女と付き合いだし燻る毎日。調子を取り戻して3人でまたバカやろうとしてたら、せいじが雷に打たれて死ぬ。
一人居なくなったが、またバカな喧嘩に明け暮れる日々に戻る。みたいな話。

序盤とラストはまぁまぁ面白いのだが、中盤のダレ場がホントにただダレているだけでツマンナイ。
逆に割と見れる最初と最後は鈴木紗理奈が良い演技をする。この子って実は凄い演技上手いんじゃないか?
ガサガサ声とド関西弁とメチャイケなどのバラエティのイメージで損しているが、本格的に女優業に転身したほうが向いているんじゃないかと思うわ。
(それもあって紗理奈の出てこない中盤が見てられない。)

映画自体は特に見所は無いが、鈴木紗理奈には女優としての才は感じた。小池栄子などと同じく、バラエティよりも演技で開花して欲しい逸材。
タッチ

タッチの感想・評価

3.3
同じシリーズにしちゃぁ、あかんやろ〜。ナイナイ編とは「岸和田」の地名以外何一つ共通点がない。全くの別の話し。前作の勢いを期待して見るとガッカリすることこの上なし。
1作目は本当に面白かった岸和田愚連隊
きっと続編も面白いだろうと思いきや…

30分くらいはテンポのいい破天荒な展開で面白いのですが、情感豊かなゆったりした話が始まると急につまらなくなります
三池監督はこういう演出が本当に下手です
また脚本もよくありません
景気のいい暴力も、ネチネチした暗い暴力に変わっていきます
話はもっと整理するべきだったと思います

ただ美術は素晴らしいです
おそらくお金もかかっていると思います
70年代の岸和田が見事に描かれています

雷オチはうまくいっていません
というかスベってます
ナインティナインの方から続けてみた。

監督もキャストも変わってた。

鈴木紗理奈可愛かったよー。

フラメンコ無駄に長いない?笑。
TRB

TRBの感想・評価

2.3
ナインティナインの作品と比べてしまいあまり面白みが感じられない。
好みが分かれるところ。

若いジュニアのキレたキャラはハマり役で良かった。

セイジの死に方、唐突すぎて焦る。

やべきょうすけが可愛らしい。

独特のワールドが広がっている。
>|