罪とか罰とかの作品情報・感想・評価

「罪とか罰とか」に投稿された感想・評価

こういうのをシュールっていうのかわからないけど
ケラリーノさん映画撮る必要あるのかなぁ?
こういうのは舞台のほうがいいと思う。
一応あらすじみたいなものはありますが
脱線につぐ脱線でありえない話です。
まあそういう映画もありとは思いますがね。
成海 璃子がパンパンに太っていますがなぜか憎めないですね。
無理にやせなくてもぽっちゃり路線でいけばいいのでは。
眉唾だったのは奥菜恵。ビッチ役がハマっていた。
あとちょっと気になったのは殺人で笑わせようという所。
微妙だと思います。
ゆるーいブラックユーモアなオフビート作品。段田安則のあたりは、結構面白く観ていたが、クラレ姉ちゃんが出てから、気持がクールダウン。この調子で2時間も見せられるに我慢がならない。ちゃんとしようぜ!
しみ

しみの感想・評価

5.0
クレジット見て今や演劇界、映画界で第一線を走るあの人もこの人も出てて1番興奮した。
構成とかしっかりしてて、おちもついてて、いいはずなんだけど、どうしてか、普通な作品。
成海璃子が素朴で可愛いし。安藤サクラのグラビアとか、市川由衣のコンビニ店員とか、麻生久美子の助手席とか、結構、無駄遣いというか、そういう面で楽しめます。昔は売れてなかったのかなあ。
ケラお得意の不条理コメディ。
ソプラノとモザイクがツボった。
zzz

zzzの感想・評価

3.0
出だし、全然違うの借りてきたのかと
思って一回取り出してディスクのタイトル
確認した。あっててよかった。
中盤展開が神がかってくる辺り、脚本が無茶苦茶上手い。舞台のように笑いで勢いがつけれない分つかみが弱く、映像演出の迫力のなさから尻切れトンボな結末に見えるが、これは面白。フェリーニと初期ウディアレン、パイソンズがパルプフィクションしてるよ
姫

姫の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

売れないグラビアアイドルが一日警察署長になるコメディ。
成海璃子演じるアヤメちゃんが可愛い。
途中ギブアップしそうになったけど、元カレが連続殺人犯でボーリングより殺人のほうが得意!!とかいう新たな展開が始まって、そこから最後までは飽きずにみれた。つまり、大きな中弛みがある。

シュールな笑いが好きな人にはおすすめ。細かいネタが満載。奥菜恵を久しぶりにみた。離婚後の作品だよね?関係ないけど復帰してこの役は心配。美脚だった。
サトエリもいつもどおりの役で登場。ファンタジーに入るほど超フィクションでシュールなB級コメディ映画。
gonza

gonzaの感想・評価

2.6
成海璃子コメディ初主演!の本作。
脚本・監督はナイロン100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチ。
前作『グミ・チョコレート・パイン』がかなり面白かったので、
今回も期待してたんだけど…;

感想は…普通。(苦笑)
いやいや!おもしろい箇所もあったんだけど、
全体通したら『佳作』な感じ?

ヒロインの元カレが連続殺人犯なのに刑事とか(笑)、
冒頭の段田安則の『なんてついてないんだ!』ブリとか、
出てくるキャラクターのちょっとズレてる感じとか、
そーゆ~のは好きだったんだけど、
ストーリーをもうちょっと『軸のブレない感じ』にした方が、
観やすかったんだと思う。

全体通して、ほっこりした映画でした♪

  「もっとむちゃくちゃにしても良かったんじゃねェ?」

…って思ったけどね。

しかし成海璃子、芝居うまッ!
子供に石ぶつけるシーンは笑ったなぁ♪
犬山イヌ子は突っ込みに回さん方がいいのかも?(笑)
この人の暴走っぷりをもっと観たかったです。

楽しい映画だったけどね☆
DVD📀所有、再鑑賞。ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督作品。
『神童』の成海璃子、『フレフレ少女』の永山絢斗主演映画。シュールなブラック・コメディーです

一日警察署長を嫌々やらされるグラビアアイドルが、事件や元恋人の秘密に振り回される様を描く。

万引きで捕まったことからなぜか一日警察署長をやるはめになった、B級グラビアアイドルのアヤメ(成海璃子)。そこで、刑事として働く元恋人の春樹(永山絢斗)に再会。何と春樹は殺人鬼で、この日も恋人(佐藤江梨子)を殺していた。しかし、今でも春樹を思うアヤメは、目撃者(段田安則)から受け取った証拠の品を隠そうとする。
>|