JUNO/ジュノの作品情報・感想・評価・動画配信

JUNO/ジュノ2007年製作の映画)

Juno

上映日:2008年06月14日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「JUNO/ジュノ」に投稿された感想・評価

当時16歳の時に見たので妊娠することなんてあるんだ、妊娠したらこんなに大変なのかと驚いたのを覚えてる。同じ歳の時に見てよかったなと。

妊娠に直面した高校生が揺れ動きながらも答えを出していく姿をユーモア交えて描く。

16歳の高校生、ジュノ。同級生のポーリーと興味本位で関係を持ち、思いがけず妊娠をしてしまう。動揺しながらも生まれてくる赤ちゃんに両親を見つけようと、友人リアと一緒に里親探しを始めるが…。

悩み抜いた9ヵ月間
maigo

maigoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

怖い暗いを最大限カットしてくれたおかげで前半は怯えずに観られた。
どうしてロングセラー(?)扱いなのかは謎。軽妙だけど穏やかにセンシティブなお話を描いてるから?

「私だったらこんな家庭環境で育った人間の子供貰いたくねー!」と同時に「病院の人に中指立てるようなテイストだからこそこの作品が成立してるのだ」という納得。

ジュノの父親以外の二人の男性の描写がぼんやりしてる気がした。お父さんはいいひと。
…クズな成人男性を見たおかげで同級生男子がまともに見られるようになった…ってこと?

ヴァネッサがあまりにも不憫すぎる。
幸せな家庭と子供を望んで契約したのにシングルって。でも相手の子じゃないぶん気が楽かもしれないし、幸せな家庭像の再構築がやりやすいかもとは思った(言い方)。
それにしても「子供と幸せな家庭を望む女性」の表情が最高に完璧にハマり役でびっくり。

医が極端に苦手なのでこれ以上の感想は控えるー。
前半はむにゃむにゃしてるときに勢いで観たし後半はたまに目を逸らしつつ震えながらから観たからレビュワーとして適さない。
まあ私向きじゃないだろうな、とずっと思っていたのは大正解だった(メインテーマもだけれど主人公の恋愛模様も)。
pon

ponの感想・評価

3.8
重苦しかったら嫌だと思ったけどそんなこともなく。テンポ良く、バカっぽい場面もありつつ、でもグッとくるパパとジュノの会話にじーん。
素が出せる人は大事だね。
ラストシーンもとてもよかった。
こんな前向きな世界線がこの世界のどこかにあることを切実に祈るばかり
fmkr

fmkrの感想・評価

3.3
今このタイミングで見ると、監督はどっち派だったんだろうとか、ちょっと頭の片隅で散らつくけど、このテーマをコメディとして描くのはさすが。
もえか

もえかの感想・評価

4.2
ずっと見たかったジュノ!

なんか感動した…
ジュノの父母いい人だ〜
あと彼氏がだんだんカッコよく見えてくる笑

この16歳なら比較的子育てやっていけると思います
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.3
何もかもが軽率!笑
自分から通っておいて、え?ってなった。

パパとの関係性はとっても素敵。
家族や友達も素敵で、継母が本当の母親のようで口喧嘩のシーンがとてもよかった。
ジュノ (映画)
ウィキペディア、フリー百科事典から
ナビゲーションへジャンプ検索にジャンプ
ジュノ
ジュノポスター2007.png
劇場公開ポスター
監督 ジェイソン・ライトマン
によって書かれた ディアブロ・コーディ
プロデュース
リアンヌ・ハルフォン
ジョン・マルコヴィッチ
メイソン・ノヴィック
ラッセル・スミス
主演
エリオット・ペイジ[a]
マイケル・セラ
ジェニファーガーナー
ジェイソン・ベイトマン
アリソン・ジャニー
J・K・シモンズ
撮影 エリック・スティールバーグ
編集 ダナ・E・グラウバーマン
音楽 マテオ・メッシーナ
制作
会社
委任写真
マッド氏
配布元 フォックスサーチライトピクチャーズ
発売日
2007年9月1日 (テルライド)
2007年12月5日(米国)
実行時間 96分
国 アメリカ合衆国[2]
言語 英語
予算 650万ドル[3]-750万ドル[4]
切符売場 2億3,140万ドル[4]
『ジュノ』(Juno)は、ジェイソン・ライトマン監督、ディアブロ・コーディ脚本による2007年のアメリカの成人コメディドラマ映画。エリオット・ペイジ[a]はタイトルキャラクターとして、計画外の妊娠とそれに続く大人の生活のプレッシャーを彼女に課す出来事に直面する自立心のティーンエイジャーを演じています。マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、アリソン・ジャニー、J・K・シモンズも出演しています。撮影は2007年2月上旬から3月にかけてブリティッシュコロンビア州バンクーバーで行われた。9月8日に2007年のトロント国際映画祭でプレミア上映され、スタンディングオベーションを受けた。

ジュノはアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞し、20歳のペイジの作品賞と主演女優賞(同部門で5番目に若いノミネート)を含む3つのオスカーノミネートを獲得しました。キミヤ・ドーソンが様々な装いで演奏したいくつかの曲をフィーチャーしたこの映画のサウンドトラックは、ドリームガールズとフォックス・サーチライトの最初のナンバーワンサウンドトラック以来、最初のチャートトップサウンドトラックでした。ジュノは20日間で650万ドルの当初予算を取り戻したが、そのうちの最初の19日間は映画が限定公開されていたときだった。全世界で2億3100万ドルを稼いだ[5]。ジュノは批評家から高い評価を受け、その多くはこの映画をその年のトップ10リストに載せた。中絶の扱いに関して、中絶反対と中絶の権利の両方のコミュニティのメンバーから批判と賞賛を受けています。フォックス・サーチライト・ピクチャーズが20世紀フォックスX-メンの俳優エリオット・ペイジを主演に迎えた最初の映画となった。


内容
1 陰謀
2 キャスト
3 テーマ
4 生産
4.1 発達
4.2 キャスティング
4.3 撮影
4.4 音楽
4.5 設計
4.6 オープニングタイトルシーケンス
5 流通
5.1 劇場公開
5.2 振興
5.3 ホームメディア
6 レセプション
6.1 興行成績
6.2 批判的な反応
6.2.1 「ジュノー効果」
6.3 トップ10リスト
6.4 称賛
7 サウンドトラック
7.1 収録曲
8 筆記
9 参照
10 外部リンク
陰謀
ミネソタ州エルクリバーで、16歳の高校生ジュノ・マクガフは、友人で長年の崇拝者であるポーリー・ブリーカーに妊娠していることを発見する。彼女は当初、中絶を考えていた。女性団体が経営する地元の診療所に行くと、外で中絶反対の集会を一人で行っている同級生に出会う。中に入ると、ジュノは代わりに赤ん坊を養子に出すことにしました。友人のリアの助けを借りて、ジュノはペニーセーバーの広告を検索し、彼女が適切な家を提供すると感じる子供のいない夫婦を見つけます。彼女は父親のマックと継母のブレンに話し、彼らは彼らのサポートを申し出る。マックと共に、ジュノは高価なセントクラウドの家でマークとヴァネッサ・ローリングのカップルに会い、非公開の養子縁組に同意する。

ジュノはマークを何度か訪ね、パンク・ロックやホラー映画の嗜好を共有していることに気付く。ロックバンドの青春時代(現在はヴァネッサがマークの私物のために指定した家の一室に展示されている記念品に限られている)を脇に置いているマークは、自宅で商業ジングルを作曲している。ジュノとリアはたまたまショッピングモールでヴァネッサが子供と完全に安らいでいるのを見て、ジュノはヴァネッサにジュノの子宮の中の赤ん坊と話すように勧め、ヴァネッサのために蹴る。

妊娠が進むにつれて、ジュノは赤ん坊の父親ポーリーに感じる感情と闘う。ジュノはポーリーに対して外見上無関心な態度を崩さないが、ポーリーが別の女の子に次のプロムに誘ったことを知り、嫉妬深い怒りで彼と対峙する。ポーリーはジュノに、彼女の要求で彼らは遠くにとどまっていることを思い出させ、彼女が彼の心を壊したと彼女に告げる。

赤ん坊の出産予定が来る少し前、ジュノは再びマークを訪ね、二人のやり取りが感情的になった。マークは彼女に、自分の人生を理解するためにヴァネッサを離れると告げる。ジュノはこの啓示に怯え、マークはジュノに「私のことをどう思いますか?」と尋ね、彼女への感情を育み始めていることを明かす。ヴァネッサが家に着くと、マークはヴァネッサに父親になる準備ができていないと告げる。ジュノは車を走らせ、道端で涙を流しながら倒れる。ローリングスの家に戻ったジュノはメモを残し、ローリングスがドアに答えると姿を消す。

父親と心のこもった話し合いをした後,ジュノはポーリーを愛していることを受け入れます。その後、ジュノはポーリーに自分を愛していると伝え、ポーリーの行動は彼女の感情が非常に報われていることを示しています。ほどなくして、ジュノは分娩に入り、病院に急行し、そこで男の子を産む。彼女は故意にポーリーに彼のトラックミートのために話さなかった。彼女が壇上から行方不明になっているのを見て、ポーリーは病院に駆けつけ、ジュノが息子を産んだことを知り、泣きながらジュノを慰める。

ヴァネッサは病院に来て、そこで彼女は喜んで生まれたばかりの男の子を単一の養母として主張します。赤ん坊の新しい託児所の壁に、ヴァネッサはジュノのメモを額に入れており、「ヴァネッサ:あなたがまだ入っているなら、私はまだ入っています。映画は夏に終わり、ジュノとポーリーは一緒にギターを弾き、一緒に歌い、幸せな関係で終わります。

キャスト
エリオット・ペイジ[a] - 生母、ポーリーのガールフレンド、ジュノ・マクガフ
マイケル・セラ:ポーリー・ブリーカー、ジュノの子供の父親、ジュノのボーイフレンド
ジェニファー・ガーナー:ヴァネッサ・ローリング、マークの妻、ジュノの子供の将来の養母
ジェイソン・ベイトマン:マーク・ローリング、ヴァネッサの夫、ジュノの子供の養父候補
アリソン・ジャニー: ブレン・マクガフ、ジュノの継母
J・K・シモンズ: マック・マクガフ、ジュノの父親
オリビア・サールビー:ジュノの友人リア
さらに、レイン・ウィルソンがコンビニエンスストアの店員を演じ、ヴァレリー・ティアンが中絶反対の抗議者を演じ、エミリー・パーキンスが中絶クリニックの受付係を演じています。

テーマ
人生を祝い、出産を祝う映画として見ることもできますし、解放され続けるという選択をする解放された少女についての映画として見ることもできます。あるいは、ある種のねじれたラブストーリー、つまり成熟についての瞑想として見ることもできます。

—ディアブロ・コーディ
2007年に公開された、計画外の妊娠に直面している女性を描いた2本の映画『ノックアップ』と『ウェイトレス』と並んで、ジュノは一部の批評家から中絶反対のテーマがあると解釈された。スレート誌のアン・ハルバートは、ジュノが「プロライフとプロチョイスの純粋主義の両方を[過小評価]した」と信じていた。サンデー・タイムズのジェフ・ドーソンは、この映画は必然的に『ノックアップ』や『ウェイトレス』の「望まない妊娠のサブジャンル」に置かれると信じていたが、中絶反対映画としての解釈は「水を濁らせた」だけだと考えた[7]。ガーディアン紙のハドリー・フリーマンはジュノを「過去12ヶ月間にアメリカのコメディーのハットトリックを完成させ、中絶を不合理、あるいは想像を絶する、社会的兆候として提示した」と批判したが、「これらの映画のどれもが中絶反対のプロパガンダであると意識的に設計されているとは思わない」と述べた。A・O・スコットはニューヨーク・タイムズ紙に寄稿し、ジュノが「根底にあるテーマ、中絶反対ではなく、むしろ成人期寄りのメッセージ」を持っていることに同意した[9]。ペイジは「私が最もイライラするのは、人々がそれをプロライフ映画と呼ぶとき、それはただばかげている...最も重要なことは、選択がそこにあることであり、映画はそれを完全に示しています。コーディとペイジは中絶の権利に賛成だと公然と述べている。ライトマンは、中絶反対団体や中絶権利団体がこの映画を受け入れているのは「素晴らしい」と考えた[13]。彼は「ジュノは鏡のようであり、(両側の)人々はその中に自分自身を見ている」と言いました。[15]

他の批評家は、ジュノを自信に満ちた知的な10代の少女として描いているため、ジュノをフェミニストとレッテルを貼った。ボストン・グローブ紙のウェズリー・モリスは、「ジュノは、映画ではめったに見られないクールで知的な女の子、つまり自分自身に仕えている」と結論付けている。コーディはこの映画の脚本について、「女性は賢く、女性は面白く、女性は鋭く、私はこれらの少女たちが人間であり、メディアでよく見られるステレオタイプの10代の少女ではないことを示したかった」[17]、「本物の10代の少女のキャラクターが不足していた...この脚本を書くことは、象徴的な女性を生み出す機会だと思いました」ペイジは10代の少女を肯定的に描いた映画を称賛し、ジュノのキャラクターを「本当に爽やかで、若い女性がなれる新しい可能性を許容している」[11]、「正直だが独創的で、ステレオタイプを完全に欠いている」と評し[17]、同時に「少女たちはこれまでそのようなキャラクターを持っていなかった。ライ麦にはキャッチャーがいない」ペイジは、ジュノのキャラクターを「強い女性」としてメディアが認識していることを批判し、ジュノが男性キャラクターであれば、キャラクターの「強さ」は顕著とは見なされないと主張した。ライトマンはヴァネッサの性格に対する個人的/政治的葛藤に興味を持っていた:「フェミニズムはヴァネッサのキャリアへの道を開いたが、最終的にヴァネッサはフルタイムの母親になりたいと考えている。[19]

生産
発達

ディアブロ・コーディは、彼女自身の高校時代の経験の多くに基づいて映画を書いた。
ディアブロ・コーディは、ストリッピングに関するブログを発見した後、彼女の回顧録「キャンディガール:ありそうもないストリッパーの人生の一年」の本の契約を以前に彼女に上陸させた映画プロデューサーのメイソン・ノヴィックから脚本を書くように最初に依頼されました。彼は彼女を説得してこの本をスクリーンに脚色させたが、まずスタジオに見せるために脚本サンプルを書くことを提案した[20]。そのサンプルはジュノになりました。養子縁組のストーリーラインを決定した後、コーディは養子縁組者、生みの親、養父母の物語を集め、その中には映画を書いた後に生みの親と再会した養子縁組者の当時の夫の話も含まれていた。彼女はまた、高校時代に妊娠した親友の物語にインスピレーションを見いだし、超音波技師からの虐待など、映画での彼女の友人の経験からいくつかの詳細を使用した。しかし、ジュノの大部分はコーディ自身の高校時代の経験に基づいており、ポーリーに似た三目並べを愛する少年とデートし[23]、リアのようなチアリーダーと親友であり、映画に登場するものと同じハンバーガーフォンを使用していた。ミネソタ州クリスタルのターゲットストアのスターバックス部門で7週間にわたって脚本を書いた後[24]、コーディは書くことを呼吸にたとえ、ジュノーを自分の延長線上にあると見なした[24]。[12]

ノヴィックはコーディの脚本を友人のジェイソン・ライトマンに送った。脚本を途中で読んだライトマンは、もしこの映画を監督しなければ、残りの人生を後悔するだろうと感じていた。ライトマンは当初、彼の最初の映画『Thank You for Smoking』がまだ公開されておらず、長編映画のクレジットがなかったため、脚本を入手するのが難しいと感じていた[14]。ジョン・ポールを含む他の監督も検討されたが[26]、ライトマンが選ばれ、ジュノーを監督するために自身のスペック・スクリプトの制作を中断した。コーディは『ジュノ』の執筆時にシニカルな態度をとっていたとしており(「この映画が製作されるとは思ってもみなかった」[3])、実際、財政的な問題で映画が遅れた[3]。その物議を醸す性質が多くの主要なスタジオを怖がらせた後、ジョン・マルコヴィッチの制作会社であるMr. Muddがプロジェクトを引き受けた。後に共同プロデューサーのジム・ミラーによって制作会社マンデート・ピクチャーズに持ち込まれた。[29]

資金提供は米国から始まりました。[30]

キャスティング

ジェイソン・ライトマンは、エリオット・ペイジが最初に脚本を読んだとき、ジュノとして描いた。
『ハードキャンディ』での彼の演技に感心したライトマンは、ペイジを主役にキャスティングし、初めて脚本を読んだとき、ペイジをジュノとして描いたと語った。ライトマンは、彼が役をオファーするために働いていた映画のセットでペイジを訪問した。彼はまた、前作『Thank You for Smoking』に出演していたJ・K・シモンズに脚本を手渡したが、シモンズがマックを演じるつもりだったとは言わなかった。シモンズは脚本を読んだ後、セリフのない高校の先生でさえも喜んで演じることができただろうと述べている。ライトマンが「最初から念頭に置いていた」他のキャストは、もともとジュノー役のオーディションに失敗したオリビア・サールビーとマイケル・セラだった。彼はペイジとシモンズと共にカリフォルニアのパナビジョンの舞台に連れて行き、黒い背景に35mmフィルムで45ページの脚本を撮影した。彼はこの映像を最初のキャストとしてフォックス・サーチライトに提示した。ライトマンは個々のオーディションではなくスクリーンテストを行うことの重要性を強調し、「これは人間関係に関する映画であり、キャスティングディレクターと一対一でお互いの外にいる人々をオーディションするという考えは意味をなさなかった」と述べた[34]。[34]

ジェニファー・ガーナーは、映画が予算を超過するのを防ぐために通常よりも低い給料を受け入れたが[35]、2007年1月にライトマンによってプロジェクトに署名したことを確認した。『キングダム』でジェイソン・ベイトマンと仕事をした後、ガーナーはライトマンと初めて会ったときに彼をライトマンに推薦した。ベイトマンはマーク役にキャスティングされ[14]、最後に署名されたキャストメンバーとなった。ルーカス・マクファデンはカット・ケミスト、DJ兼レコードプロデューサーとしてよく知られており、ジュノとポーリーの化学教師としてカメオ出演している。マクファデンはライトマンのためにスコアリングの仕事をしていたが、ジュノーの脚本を受け取り、マクファデンに映画への出演を依頼した。ライトマンは化学教師がカット・ケミストによって演じられるのは「完璧な皮肉」だと考えた[38]。[39]

マイケル・セラは、彼とペイジがカナダ人であり、他の多くの俳優がバンクーバー出身であるという事実のために、この映画は「多くのカナダの影響」を受けたと述べた。セラのコメントはトロント・スター紙のピーター・ハウエルの声明に対する返答であり、「ジュノはアメリカを舞台にしているにもかかわらず、非常にカナダ的な映画だと思った」。[30]

撮影

エリック・ハンバー中等学校は架空のダンシング・エルク高校の略称である。
650万米ドルの予算で撮影され[3]、ジュノはブリティッシュコロンビア州バンクーバーとその周辺で撮影され[40]、当初制作が予定されていたミネソタ州のために立っていた。映画は予算上の理由からカナダ・アズ・アメリカのロケ地シフトを一般的に使用しているが[42]、ライトマンは撮影場所の選択は彼の要求によるものであったと主張している。撮影場所としては、マークとヴァネッサの家として近くのホワイトロックの家、ダンシングエルク高校としてエリックハンバー中等学校[43]、ダンシングエルク高校の陸上競技トラックとしてサウスサリーのアスレチックパークトラックが含まれていました。[44]

最小限のリハーサルの後[45]、2007年2月と3月に6週間のスケジュールで撮影が行われ[40]、そのうち30日間が撮影に指定された。クルーは映画の冬のイベントのために雪を輸入する予定だったが[44]、ロケ地で雪が降り、降雪中の冬のシーンを撮影するために撮影のスケジュールを変更することができ、2人目の助監督ジョシー・カプクンは当初の計画よりもはるかに広いスノーショットになったと述べている。映画は順不同で撮影されたが[40]、最後のシーンは最終日に予定されており、長時間の雨の後、クルーは制作を中断し、数ヶ月後に夏を舞台にしたシーンの撮影を再開するつもりだったが、雨が止み、太陽の下でシーンを撮影することができた。最後のシーンでは、ジュノとポーリーがザ・モールディ・ピーチズの「Anyone Else But You」を歌い、バンドメンバーのキミヤ・ドーソンがセットを訪れ、ペイジとセラが曲の練習中に話をした[44]。[18]

音楽
この映画には、キミヤ・ドーソンがソロで演奏したいくつかの曲、アンツィーパンツとカビのかかったピーチが登場します。監督のジェイソン・ライトマンによると、ペイジはバンドの作品がジュノのキャラクターに合っていると示唆したという。ライトマンは次のように語っている。

〔彼は〕わたしのコンピューターに行き,曲を演奏し,わたしはそれに恋をしました。ディアブロと私は、キャラクターがお互いに歌うカビの生えた桃の歌を入れることについて話し合った。『The Moldy Peaches』のキミヤ・ドーソンと連絡を取り合ったら、彼女は美しい作品を送ってくれて、それがサウンドトラックの多くになりました。[48]


キミヤ・ドーソンはソロ曲と彼女の元バンドの2曲の両方を提供した。
ライトマンはドーソンに連絡を取り、映画の脚本を読んだ後、彼女は自分の曲が映画で使用されることに同意し、約120曲のCDのパケットを彼に送った。これらの曲はドーソンによってほぼ完全に自費出版されたものであり[14]、ドーソンはジュノのために特別に書いたことは何も書いておらず、すべての曲は彼女が映画の制作に連絡を受ける前に演奏され録音されていたと述べている。ライトマンは彼女にインストゥルメンタルの録音を依頼し、その中には彼女の曲の歌詞をハミングすることが含まれていた。彼はまた、以前に『Thank You for Smoking』で一緒に仕事をした作曲家マテオ・メッシーナに連絡を取り、映画の付随的な楽譜を作曲した。彼はメッシーナにドーソンの曲集を渡し、彼女の音楽の録音品質、トーン、感触、無邪気さを再現したインストゥルメンタルスコアを通して「映画のサウンド」を作成するよう依頼した[50]。メッシーナは「ジュノのように、ぎくしゃくして本当にゆったりとしたアコースティックギターの感触」を実装することにした[50]。様々なギターを試した彼は、ギタリストのビリー・カッツが所有する中古ギター「ステラ」を使うことになり、彼は「ちょっと小さく、完璧に調子が良いわけではないが、あらゆる種類の性格を持っている」と表現した[51]。カッツは映画のスコアのためにアコースティックギターとクラシックギターを演奏するために雇われ、全体を通して「ステラ」を広く使用しました。[51]

ペイジはまた、キャット・パワーが1989年の映画『Sea of Love』ですでに取り上げられていたため、ライトマンが収録することを躊躇していた曲「Sea of Love」のカバーも提案した。しかし、彼はそれを含めることが映画の映画的参照の「新しいテイク」をマークすると判断しました。ライトマンは当初、ジュノがグラム・ロックのファンであると考えていたが、あまりに本物ではないとしてそれを拒否し、ジュノを「非常にリアルで本物の音楽に」構築したいと述べ、ランナウェイズ、パティ・スミス、イギー・ポップ、ストゥージズなどのパンク・ロックのファンにしたかった。彼は「スーパースター」のソニック・ユースのカバーがジュノとマークの関係を定義していると感じており、ジュノはカーペンターズの古典的な1971年版を好み、マークはソニック・ユースの1994年のカバーを好んだ。ザ・キンクスの「A Well Respected Man」は、ライトマンが彼の脚本の別のキャラクターと関連付けた曲であり、そのシーンに完璧に合っていると感じていたにもかかわらず、代わりにポーリーの紹介としてこの曲を含めることに決めたとき、それは「心が痛む」と述べている。彼は子供向けソングライターのバリー・ルイス・ポリサーの「All I Want Is You」を「iTunesを何時間もサーフィンする」後に検索語として異なる単語や名前を使って見つけ、手作りの品質はオープニングタイトルに最適であると考え、その後曲に対応するように作られた。マークが映画の中で書いている「ブランチ・ボウルズ」のジングルは、ライトマンが以前にウォルマートのコマーシャルのセットを手がけていた広告作家クリス・コーリーによって作曲された。[53]

設計
この映画は、その年の季節のシーケンスで設定されており、ライトマンは「ジュノの妊娠の3つの三半期を反映しているので、私がそれを読んだとき、本当に心に響いた」と言いました。撮影はわずか30日間で行われたため、偽の植物相は異なる季節の印象を与えるために使用され、他の植物はポストプロダクションで編集されました。茶色の葉はジュノの家の外の偽の木に合成され、リアの家の外の桜の木は秋を描くためにピンクの明るい色合いで修正されました。扇風機は、葉が木から落ちているかのように、いくつかのシーンで葉を吹き飛ばすために使用されました。映画の最後にポーリーの家の前で偽の花が使われ、夏の印象を与えました。ライトマンは、バーガンディーとゴールドのダンシング・エルク高校のトラックユニフォームや、赤いフード付きのジャケットを着たジュノが「暗い緑と茶色の世界を歩く」初期のシーンなど、キャラクターに知らせるために異なる色を使用しました。

コーディは、プロダクション・デザイン・チームが脚本のほんの数文からセットを作成したことに感銘を受け、ジュノの寝室を「10代の頃の私自身の小さな生息地を思い出させてくれたので、私にとって非常に感情的なセット」と呼んだ。ジュノの部屋の壁はバンドのポスターで覆われており、リアの部屋には彼女が魅力的だと思う年配の男性の壁画があり、ポーリーの部屋は彼の無実を示すために過度に子供っぽい。プロダクションデザイナーのスティーブ・サクラッドはマークとヴァネッサの家を「ヴァネッサはおそらくすべてのホームマガジンを読んで、その中身をできる限りコピーしようとした」という前提でデザインした[39]。衣装デザイナーモニーク・プルドムはコスチューム・デザイナーズ・ギルド・アワードの「映画のコンテンポラリー・コスチューム・デザインの卓越性」部門にノミネートされました。彼女はヴァネッサに「シンプルでとても上品」だが「肛門保持性」の服を着せ、マークはヴァネッサの味を引き立てるために保守的な服を着た。ジュノがフランネルシャツとセーターベストを着ることをペイジの提案だった。ペイジはまた、背中にコルセットのようにフィットした2つのサイズの義腹、ジュノが超音波を受けたときに見られる3番目の「本物の」腹[56]、および様々なサイズの偽の胸を着用しなければならなかった。ジュノーの超音波モニターに映し出された映像は、サウンドデザイナーのスコット・サンダースの息子マシューを監督したものであり、ポストプロダクションのシーンに埋め込まれた。

オープニングタイトルシーケンス

900枚の手作業でカットされた画像を背景に合成し、オープニングタイトルシーケンスを作成しました。
ジュノのオープニングタイトルのシークエンスは、ロトスコープを描いたジュノがサニーDオレンジの飲み物を飲みながら町を歩いている様子を描いたもので、ロサンゼルスに本拠を置く小さなデザインスタジオ、シャドウプレイスタジオによって7〜8ヶ月にわたってまとめられた[39]。ライトマンは日本でスタジオの共同創設者ガレス・スミスと短編映画祭のサーキットで出会い、それぞれ短編映画を上映していた[58]。シャドウプレイはライトマンの前作『Thank You for Smoking』のオープニング・タイトル・シーケンスを制作し、ジュノを監督することを知ったとき、彼は再び彼らに連絡を取った。1970年代のヴィンテージ・パンク・ロックのポスターをインスピレーションとして、スミスとアーティストのジェニー・リーは「質感とエッジを少し持ちながらも、脚本の暖かさとハート感も与えた」シークエンスを作ることにした[59]。バンクーバーでの撮影の最終日[60]、ペイジはトレッドミルの上を歩き、SunnyDを飲む様々な角度から高速カメラで撮影された[60]。歩いたり飲んだりしているページの900枚の静止画が印刷され、手描きで見えるまでゼロックスの機械を繰り返し動かして品質を劣化させた[58]。写真は切り取られてコンピュータにスキャンされ、リーが描いた背景に合成ソフトウェアで重ねられ[58]、ライトマンが選んだ曲、バリー・ルイス・ポリサーの「All I Want Is You」に対応するストップモーションアニメーションシーケンスが作成された。 Shadowplayはまた、映画の各シーズンのタイトルカードをデザインし[39]、オープニングタイトルシーケンスとクロージングクレジット用のカスタム書体を手作りし、サウンドトラックとDVDのデザインに協力した。[60]

流通
劇場公開
2007年9月1日にテルライド映画祭で初演されたプレビュー作品[61][62]で好評を博し、ジュノは9月8日に2007年のトロント国際映画祭でプレミア上映され、スタンディングオベーションを受けたため、映画評論家のロジャー・イーバートは「こんなに長く、大声で、温かいスタンディングオベーションをいつ聞いたのか分からない」と評した。オースティン映画祭、ローマ映画祭、ロンドン映画祭、バハマ国際映画祭、セントルイス国際映画祭、ストックホルム国際映画祭、テッサロニキ国際映画祭、ヒホン国際映画祭、パームスプリングス国際映画祭、 ロッテルダム国際映画祭で、数々の賞とノミネートを獲得。[64] [65] [66] [67]

『ジュノ』は当初2007年12月15日に劇場公開される予定だったが、公開前の肯定的な評価を生かすために公開日が早められ[68]、12月5日に限定公開され、ロサンゼルスとニューヨーク市の7つの劇場でしか上演されなかった。この映画は12月14日にさらに13都市と約25の劇場で公開され、12月21日にさらに拡大し、12月25日に広く公開された[69]。[69]

振興

ハンバーガーの携帯電話は批評家に送られ、映画をレビューするように誘惑されました。
USAトゥデイのアンソニー・ブレズニカンは2008年の記事で、ジュノは「熱心な映画ファンの間で口コミのお気に入りとして始めるように画策された」3つの映画の1つであると述べた。ジュノーの釈放後、フォックス・サーチライトは映画でジュノが使用したのと似たスタイルのハンバーガー電話をジャーナリストや批評家に送り、映画をレビューするよう誘った[70]。携帯電話は当初、プロモーションイベントで視聴者に少数で配布されたが、Fox Searchlightと提携していない企業はeBayや他のオンラインストアで携帯電話を生産し販売し始めた。映画が公開された翌月、eBayでの携帯電話の売り上げは759%増加し[73]、エンターテインメント・ウィークリーの「映画ファンのための10クールギフト」の1つに選ばれた[73]。[74]

ホームメディア
この映画は2008年4月15日に20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメントからDVDとブルーレイディスクでリリースされた。映画とライトマン監督と脚本家コーディによる音声解説、削除された11のシーン、ギャグリール、「ギャグテイク」(レイン・ウィルソンによる冒涜的な爆破を含む)、「キャスト&クルー・ジャム」、スクリーンテストを含むシングルディスクDVD版で入手可能です。2枚組DVD版には、同じ追加コンテンツと4つの追加機能("Way Beyond 'Our' Maturity Level: Juno – Leah – Bleeker"、"Diablo Cody Is Totally Boss"、"Jason Reitman For Shizz"、"Honest To Blog!Junoの作成")、2枚目のディスクはポータブルプレーヤー用のDRM暗号化バージョンのフィルムです。Blu-rayバージョンには、すべての2枚組DVDエディションのエキストラと、「フォックスムービーチャンネルプレゼンツ:ジュノワールドプレミア」と「フォックスムービーチャンネルプレゼンツ:キャスティングセッション」の2つの追加機能が含まれています。[75]

レセプション
興行成績
ロサンゼルスとニューヨークのわずか7つの劇場で限定公開され、わずか7つの劇場で上演されたジュノは、デビュー週末に420,113ドルを稼ぎ出し、1スクリーンあたり平均60,016ドルを稼ぎ出しました。ジュノがフォックス・サーチライトの興行収入で1億ドルを突破した最初の映画になったとき、同社の社長ピーター・ライスは声明を発表した:「これは私たちにとって驚くべき偉業であり、映画は私たちの期待をすべて上回った。この映画がクロスオーバーの可能性を秘めていることは分かっていたし、全国の観客の共感を呼んでいる」この映画はアメリカ合衆国で143,495,265ドル、その他の地域で87,916,319ドルを稼ぎ出し、全世界で合計231,411,584ドルを稼いだ[76]。また、第80回アカデミー賞の5作品賞のうち最高の興行収入となった[4]。[77]

批判的な反応
ジュノは批評家から非常に肯定的な評価を受けました。レビューアグリゲーターのRotten Tomatoesでは、この映画は217のレビューに基づいて批評家から94%の支持率を得ており、平均評価は8.10/10です。サイトのコンセンサスは、「今年最も明るく、面白いコメディーの1つであるジュノのスマートな脚本と演出は、21世紀のひねりを加えた成人の物語における確実なパフォーマンスと一致しています」と述べています。[78] 2007年にウェブサイトで最高のレビューされたコメディ映画にしました。Metacriticでは、この映画は38のレビューに基づいて100点満点中81点だった[79]。 シカゴ・サンタイムズのロジャー・イーバートはこの映画に4つ星を与え、「その年の最高の映画」と呼んだ。...今年は[エリオット]ペイジがジュノを作った時よりも良いパフォーマンスがあっただろうか?私はそうは思わない」エバートはジュノを彼の毎年恒例の「ベスト・オブ」リストの1位に置いた。この映画はまた、エンパイア誌の2008年の「史上最高の映画500本」のリストで463位にランクされています。ジュノ・マクガフはエンパイアの『史上最も偉大な映画キャラクター100人』のリストでも56位にランクインした[82]。ペースト・マガジンは『10年』(2000年-2009年)のベスト映画50本に選ばれ、15位にランクインした[83]。2010年6月、エンターテインメント・ウィークリーはジュノを過去20年間の最も偉大なキャラクター100人に指名した[84]。[85]

しかし、すべての批評家がジュノに対する肯定的な見方を共有しているわけではありません。ニューヨーク・マガジンのデイヴィッド・エデルスタインは、この映画が「十代の若者たちにヒップネスを与え、子供たちが同じスラングを使ってサウンドトラックをスナップアップしたくなるような映画」になることに必死だと感じていた。音楽評論家のジム・デロガティスは、この映画の様式化されたセリフと、中絶に対するカジュアルな見方とジュノの妊娠のナイーブさを批判し、「謝罪の余地のないオールドスクールのフェミニスト、もうすぐ10代になる娘の父親、ビートの一部として実際のティーンエイジャーと定期的に話すレポーター、そして普通の古い映画ファンとして、 私はこの映画を憎み、憎み、憎んだ。[87]

「ジュノー効果」
2008年、マサチューセッツ州グロスターの高校で16歳未満の17人の生徒が妊娠した後、タイム誌はそれを「ジュノー効果」と呼んだ。タイム誌は、一部の成人はこの統計を外れ値として却下し、他の成人はジュノやノックアップなどの映画を10代の妊娠を美化していると非難したと述べた[88]。クリステルミラー、ミネソタ大学ダルース校の思春期心理学教授は、「彼の『ジュノー効果』は、メディアが妊娠を美化する方法とどのように[...]妊娠はまた、過去の問題を贖うものです。[89]

ジョン・マケイン上院議員がアラスカ州知事サラ・ペイリンを共和党大統領候補の立候補相手に指名した後、2008年9月、ペイリン知事の娘ブリストル(17歳)が別のティーンエイジャーの子供を妊娠していることが明らかになった。ニュース報道や社説は、ブリストル・ペイリンの妊娠を、ジュノが参加した10代の妊娠に関する議論の最新のエピソードと呼び[90][91]、保守的なコメンテーターはブリストル・ペイリンの妊娠と映画を比較した。[92][93] 新共和国の文学編集者レオン・ヴィーゼルティエは「共和党は新しい会話を望んでいた。ジュノーのジュノー! フォックス・ニュースのロジャー・フリードマンは「ジュノはすぐに保守的な価値観を破り、立証した。問題は、公開集会がブリストル・ペイリンを回って、ジュノがやったようにするだろうか?それとも、そもそもこの状況に陥った彼女を拒絶するのだろうか?」[93]

ジュノー俳優のジェイソン・ベイトマンはこの映画を擁護した。「残念なことに、ロックンロールの歌詞やそのようなゴミで聞いたことのために、男たちが人を殺すという例がありました。映画や歌を自分の行動を責めるつもりなら、それが良いか悪いかにかかわらず、あなたの人生に影響を与える間違ったものを見ていると思います。人々は人生の他の分野、主に両親、教師、友人、または誰にでもレッスンや指導を求めるべきだと思います。そこが目と耳を向けるべき場所なのでしょう」[94]

Salon.com のエイミー・ベンファーは2010年に、疾病管理予防センターが発表した数字によると、すべてのティーンエイジャーの妊娠率は2007年から2008年の間に2%低下し、「2005年から2006年の間の10代の妊娠率のわずかな上昇はおそらく単なる異常であり、ポップカルチャーによってもたらされた凶悪な傾向ではない」と書いている。 そして、「ジュノ効果」のようなものがあったら、妊娠は上がるのではなく、下がる原因となっていたでしょう。彼女はこの理論の支持者を批判し、ティーンエイジャーは「どういうわけか、その女性の特定の状況におけるニュアンスや文脈を評価する能力をすべて失い、代わりにある種の原始的な因果関係を作る」と信じており、「妊娠中の女の子について話すことによって、そして何よりも、それらのいくつかを普通としてあえて描くことによって、 たとえ好感が持てたとしても、私たちはもっと多くの赤ちゃんが赤ちゃんを産むでしょう。彼女は、「十代の両親を描いても、彼らを美化しないかもしれないし、人間化することもないかもしれない。ある人が他の誰かも人だと気づいたときに起こること、あなたは知っていますか?だから、妊娠したごく一部の女の子の生活を現実的に描いても、必ずしも残りの女の子を汚染するわけではないと断言できるようになったので、心配するのをやめて、私たちが助けるために何ができるかを尋ねる時が来ました。[95]

ジョージア州の中絶禁止法に照らして、ディアブロ・コーディは、人々がそれを「反選択」映画として認識している今、ジュノを書かなかっただろうと言いました。[96]

トップ<>リスト
この映画は、批評家の2007年のベスト映画のトップ10リストに登場しました。

1位 - ロジャー・イーバート、シカゴ・サンタイムズ[97]
第1回 - ペーストマガジンスタッフ[98]
2位 - USCCB映画放送局(ベラと提携)[99]
3位 - デイヴィッド・ジャーメイン、AP通信[100]
3位 - ムービーフォンスタッフ[101]
4位 - ジェームズ・ベラルディネッリ 、 リールビューズ[102]
4位 - ルー・ルメニック、ニューヨーク・ポスト[103]
4位 - リチャード・ローパー、シカゴ・サンタイムズ[104]
6位 - クラウディア・プイグ、USAトゥデイ[103]
6位 - デッソン・トムソン、ワシントン・ポスト紙[103]
6位 - ジョー・モーゲンスターン、ウォール・ストリート・ジャーナル[103]
6位 - リアム・レイシー、リック・グローエン、グローブ・アンド・メール[103]
6位 - マーク・サヴロフ、『オースティン・クロニクル』[103]
7位 - コリーナ・チョカーノ、ロサンゼルス・タイムズ[103]
7位 - キャリー・リッキー 、 フィラデルフィア・インクワイアラー[103]
10位 - A・O・スコット、ニューヨーク・タイムズ(ノックアップとスーパーバッドと同点)[103]
10位 - ピーター・トラバース 、 ローリング・ストーン (ノックアップと同点)[105]
10位 - スティーブン・ホールデン、ニューヨーク・タイムズ[103]
称賛
ライトマンは、ジュノがジーニー賞のノミネートに不適格と裁定されたことに失望を表明した。

カナダ人監督、カナダ人スター、カナダ人キャスト、カナダ人クルー、カナダ人クルー、カナダで撮影されたこの作品ですが、ロンドンに住むロシア人を描いたデヴィッド・クローネンバーグ監督の映画『Eastern Promises』がイギリス人クルーとイギリス人キャストと共に撮影されたのに、どうして魔神になる資格がないのでしょうか?申し訳ありませんが、誰かが私にそれを説明しなければならないでしょう。[106]

カナダ映画テレビアカデミーのサラ・モートン会長は声明を発表し、この映画がスタジオからジーニー賞の審査に応募されたことは一度もないと説明した。ハリウッド・レポーターは、ジーニーの規則はカナダ映画を少なくとも部分的にはカナダの情報源によって資金提供されていると定義しており、アメリカの企業マンデート・ピクチャーズとフォックス・サーチライトが唯一の資金提供者であったため、ジュノは資格がないと説明した[107]。それにもかかわらず、ジーニーのスポークスマン、クリス・マクドオールは、映画は提出されなかったため適格性については評価されなかったが、「資金調達は基準の1つであるが、それがすべてではない」と述べた[107]。それにもかかわらず、この映画は2008年のカナディアン・コメディ・アワードの受賞資格があり、3つのノミネートから2つの賞を受賞した[107]。[108] [109]

ジュノ (サウンドトラック)
ウィキペディア、フリー百科事典から
ナビゲーションへジャンプ検索にジャンプ
ジュノ
エリオット・ペイジの妊娠中の腹に触れるマイケル・セラの線画
様々なアーティストによるサウンドトラックアルバム
リリース 2007年12月11日
記録 2004–2007
長さ 46分42秒
ラベル サイエンターテイメント
生産者 諸
映画ジュノからの音楽は、2007年の映画ジュノのサウンドトラックです。このアルバムは主に2000年代のインディー・ロック[1]の曲を収録し、2007年12月11日にライノ・エンターテインメントからリリースされた。この曲は批評的・商業的に十分な成功を収め、その後の数年間で他のコンピレーションや拡張再リリースがリリースされた[2][3]。


内容
1 バックグラウンド
2 収録曲
3 映画やプロモーションで使用された曲
4 批判的な反応とセールスチャートのパフォーマンス
5 ジュノB面:ほぼ採用曲
6 デラックスエディションサウンドトラック
7 ジュノーのミックスCD
8 生産要員
9 グラフ
9.1 週間チャート
9.2 年末チャート
10 認証
11 リリース履歴
12 筆記
13 参照
14 外部リンク
背景
このアルバムには、主演俳優のエリオット・ペイジの提案により、キミヤ・ドーソンと彼女のバンド、アンツィー・パンツとザ・モルディ・ピーチズが演奏したいくつかの曲が収録されている[4]。

ある時、僕(ジェイソン・ライトマン監督)が撮影を始める前に(エリオット・)ペイジに「ジュノは何に耳を傾けていると思う?」と尋ねたんだ。すると〔彼は〕『かびの生えた桃』と言いました。〔彼は〕わたしのコンピューターに行き,曲を演奏し,わたしはそれに恋をしました。[脚本家のディアブロ・コーディ]と私は、キャラクターがお互いに歌うカビの桃の歌を入れることについて話し合った。『The Moldy Peaches』のキミヤ・ドーソンと連絡を取り合ったら、彼女は美しい作品を送ってくれて、それがサウンドトラックの多くになりました。[5]

当初、ライトマンはキャラクターがグラムロックのファンであると考えていたが、あまりにも本物ではないとして拒否した。彼はこれをYo La Tengoで映画のスコアリングに置き換えたが、「Anyone Else but You」を聴いた後にドーソンと接触した。ドーソンは、彼女の曲を映画に収める前に脚本を見ることを主張し、その後、彼女はライトマンに彼女のソロアルバムのパッケージを送ってレビューすることに同意した。[6]

マイケル・セラ/エリオット・ペイジの「Anyone Else but You」の表紙は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーの路上での撮影の最終日に録音された。リハーサル中、ドーソンはデュオに演奏方法を指導し、「ああ、男、彼らは私たちよりも上手に歌っている」と思った。彼らはそれをとてもかわいいと歌います。[6]

収録曲
バリー・ルイス・ポリサー – "All I Want Is You" (2:37)
キミヤ・ドーソン – "My Rollercoaster" (0:53)
キンクス – "A Well Respected Man" (2:43)
バディ・ホリー – "(um, Oh yes) Dearest" (1:53)
マテオ・メッシーナ – "Up the Spout" (0:53)
キミヤ・ドーソン – "Tire Swing" (3:07)
Belle & Sebastian – "Piazza, New York Catcher" (3:01)
キミヤ・ドーソン – "Loose Lips" (2:24)
ソニック・ユース – "Superstar" (4:06)
キミヤ・ドーソン – "Sleep" (0:53)
Belle & Sebastian – "Expect" (3:35)
Mott the Hoople – "All the Young Dudes" (3:35)
キミヤ・ドーソン – "So Nice So Smart" (2:47)
キャット・パワー – "Sea of Love" (2:23)
Kimya Dawson and Antsy Pants – "Tree Hugger" (3:14)
The Velvet Underground – "I'm Sticking with You" (2:29)
The Moldy Peaches – "Anyone Else But You" (2:59)
Antsy Pants – "Vampire" (1:20)
Michael Cera and Elliot Page[a] – "Anyone Else But You" (1:56)
映画やプロモーションで使用された曲
以下の曲が映画に登場するが、サウンドトラックアルバムには収録されていない。

キミヤ・ドーソン – "I Like Giants"
キミヤ・ドーソン – "Reminders of Then"
キミヤ・ドーソン – "12/26"
ドロップ。– "なぜわざわざ"
ハート – "Crazy on You"
ホール – "ドールパーツ""
アストルド・ジルベルトの「Once I Loved」とトリオ・ロス・パンチョスの「Besame Mucho」は映画に収録されたが、メインサウンドトラックには収録されなかった。どちらのセレクションも後に『Juno B-Sides: Almost Adoption Songs』に収録された。

いくつかの付随的なスコアに加えて、以下は映画の予告編で使用されましたが、サウンドトラックや映画自体には登場しません。

The Boy Unlikely To – "Be Gentle with Me"
The Hoosiers – "Goodbye Mr A"
Boy Kill Boy – "Suzie""
Belle & Sebastian – "She's Lost It"
ああ違います!あらららら!- "パーティーパンチ"(DVDリリースのマーケティングで使用)
The White Stripes – "We're Going to Be Friends"
批評家の反応とセールスチャートのパフォーマンス
プロフェッショナル評価
スコアを確認する
源 格付け
オールミュージック [1]
ガーディアン 肯定的なリンク
ロバート・クリストガウ (チョイスカット)[7]
サウンドトラックはリリース初週以降、アメリカン・ビルボード200で8位にデビューし、翌週で3位と2位に上昇した。2008年2月9日付けの号では、アルバムは65,000枚を売り上げて1位を獲得した。1週間1位だった後、2位に落ちた。このアルバムはその後、アメリカで100万枚以上を売り上げたプラチナ・レコードとなった。[8]

これは、前年9月のハイスクールミュージカル2サウンドトラック以来、米国でアルバムチャートのトップに立った最初のサウンドトラックであり、Rhinoレーベルにとって最初のナンバーワンアルバムです。20世紀フォックス映画のナンバーワンサウンドトラックとしては1997年の『タイタニック』以来となる。[6]

ジュノB面:ほぼ採用曲

エリオット・ペイジ:ジュノ・マクガフ役、ジュノB面の表紙を飾る。
2008年4月8日、iTunes Storeから2曲目のサウンドトラック『Juno B-Sides: Almost Adoption Songs』がリリースされた。キミヤ・ドーソンとマテオ・メッシーナによる20世紀フォックス・ファンファーレのバージョンは、もともと「シンプソンズがそれに[彼ら]を殴った」(シンプソンズ映画がラルフ・ウィグガムがファンファーレと一緒に歌うことから始まります)前に使用される予定だった曲や、映画から削除されたシーンでジュノ(エリオット・ペイジ[a])が歌った曲が含まれています。2008年5月13日に他のデジタル音楽プロバイダーからリリースされ、2008年11月18日にデラックス・エディションのサウンドトラックのディスク2として発売された。

キミヤ・ドーソン – "Twentieth Century Fox Fanfare" (0:20)
バリー・ルイス・ポリサー – "Me and You" (2:16)
Belle & Sebastian – "My Wandering Days Are Over" (5:24)
マテオ・メッシーナ – "Go Fly a Kite" (0:49)
キミヤ・ドーソン – "Viva la Persistence" (3:47)
The Bristols – "Little Baby" (2:16)
Jr. James & The Late Guitar – "I'm into Something Good" (3:27)
マテオ・メッシーナ – "Meet the MacGuffs" (0:54)
アストルド・ジルベルト – "Once I Loved" (2:13)
キミヤ・ドーソン – "All I Want Is You" (2:31)
バディ・ホリー – "Learning the Game" (2:02)
マテオ・メッシーナ – "The Lorings" (1:25)
トリオ・ロス・パンチョス – "Bésame Mucho" (3:01)
Yo La Tengo – "You Can Have It All" (4:36)
エリオット・ペイジ[a] – "Zub Zub" (1:09)
デラックス・エディションのサウンドトラック
ライノ・レコードは2008年11月18日にジュノ・サウンドトラックの2枚組デラックス・エディションをリリースし、オリジナル・サウンドトラックの全曲と現在B-Sidesで入手可能な素材を収録した。このバージョンでは、オレンジではなく緑色の縞模様のカバーが修正されている。

ジュノーのミックスCD
ウォルマートで購入した映画の初期DVDコピーには、ジュノーのミックスCDと題されたサンプラーCDが付属していた。『Juno B-Sides: Almost Adoption Songs』とB-Side限定の曲が収録されている。

以上Wikipediaから引用

 サントラ
 
 anyone else but you by
the moldy peaches

https://youtu.be/cyAPojwO8bg

 I'm sticking with you by
the velvet understand

https://youtu.be/wRBdvgLPJ1k


 ファーストシーン

 https://youtu.be/OLREFnFNVUg

 フルサントラ

 https://youtube.com/playlist?list=PLlYDFdgiaWvGdZNzC4plcR-7SEDCkG8Vg
あ

あの感想・評価

5.0
ジュノ魅力的すぎるよ、グランジおじさんはフェンダー派じゃないの?

陸上競技場で彼をベタ褒めするシーンからラストまでずっと心がホカホカしてた
>|

あなたにおすすめの記事