プライベート・ライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「プライベート・ライフ」に投稿された感想・評価

Akabep

Akabepの感想・評価

4.5
ブリジットジョーンズの日記、セックスアンドザシティー以降「アラサー女子のリアル」みたいな作品が人気になりつつも、こういう社会問題絡みのシリアスなアラフォー映画は、需要がない、売れないという理由で作品があまり作られていない。

そんな中、まず不妊治療という超私的で超センシティブな題材を取り上げて作品を作ったことが素晴らしい。
こんな重いテーマをクスっと笑えるコメディタッチで仕上げ、且つ優しい音楽と俳優の演技力も相まってとても感動的な作品になっている。

優しい雰囲気の映画だが、描かれている不妊治療の現状は厳しく、投げかけてくるメッセージもまた終わりがなく、厳しい。
餃子3

餃子3の感想・評価

3.0
この題材をなるべるリアルにそしてライトに観たいんだろうな。
全然リアルじゃない、何を伝えたいのかボヤけたまま。

不妊治療に明け暮れる夫婦。
夫婦間のコミュニケーションはそれなりに良好。
セックスレス。だって無駄打ちしたくないのよ。
どう見ても10年はやってる治療。
それで100万払えないって無いわ。
親戚にお金借りて治療?無いわ。
他にも夢物語が多すぎてなんだかね。
見世物になっただけのこの夫婦の話。

金銭目的の詐欺は怒りのよりどころが明確だけど、
心の詐欺は許せない。
これだけで星3つ。
よかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すてきな夫婦、パートナー!
意見がぶつかって何回も言い合いになるけど次のシーンにはもう元通り。
それが軽く映ったりもしないのがすごいよね。
さっきの言い合いなんだったんだよとか思わせない、なんていうのかな〜.....今まできっとこうやって何度も何度も何度も何度も繰り返して乗り越えてたくさんお互いを受け入れて来たんだろうなって感じ

最初から病院側の対応には違和感があったけどあんなもんなのかな?

子供がいなきゃ幸せじゃないっていうの?とか子供がいない2人での人生だってあるじゃんとかそういうのはわたしは一切感じなかったです
もえ

もえの感想・評価

4.3
医者にキレ散らかす叔父さん良かったな...

映画と直接関係はないけど、女の人は生理に更年期まであってやっぱ最悪 女に生まれてよかったとは到底思えないハッピーセット そもそもこの、どうやっても受け身にならざるを得ない体のつくりが気に食わない
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.1
「ワンダヴィジョン」
で最高だったキャスリン・ハーンが
最高にうまい。
泣かせる。


不妊治療が
こんなに大変なんだと
知ったのは「朝が来る」の小説の
前半だった気がするけど

「もうやめよう」
に辿り着くまで徹底的に
不妊治療に挑戦する夫婦の物語

色々やってみるんだけど
奥さん側に問題あり
と思いきや今度は旦那にと
次から次へと問題だらけ

ハロウインの夜に
居留守を使うシーン
使わざるを得ない感じが
切なかったな

と思いきや
そこを乗り越え?て
ハロウインに参加する2人
そこからラストの流れが絶妙


姪っ子がいい子すぎるような気も
どこか自主映画みたいな
ザラついた映像も好きである

子供は欲しくない
人生がほしい
おれはもう今君の夫じゃない
君の尻に注射を打ち続ける男だ
俺より医者の方が君の大事な所を
見てる回数が多い

と思わず漏らしてまう
ジアマッティには涙
karen

karenの感想・評価

3.9
センシティブな内容だけど、重すぎずリアルさがあってとっても勉強になった。
大学の時、不妊治療について勉強して論文書いたりして理解してたつもりだけどまだまだ色んな問題があるんだろうなと思った。
atsu

atsuの感想・評価

3.7
不妊治療というセンシティブなテーマを
尖らせ過ぎず、優しく描いたよい作品

主人公夫妻が、ごく普通の40代でとても自然

金銭的なこと、メンタル、身体的問題
同じ様な境遇にある方はもちろん、そうでない人も彼らに寄り添いながら鑑賞出来る

幸福とはなんだろう
ひびき

ひびきの感想・評価

3.8
長年不妊治療に悩む40代夫婦のお話。デリケートなテーマを丁寧に描いていて、考えさせられる映画でした。
きっとあの夫婦なら幸せになれるような気がする。
きっとこの夫婦なら幸せになれるって思う。
子供が居るだけが幸せでない事は彼らも分かっているけど諦めきれない思いもよく分かる…子は親を選べないから理不尽だよな
残像

残像の感想・評価

3.6
二人が三人になり、また二人に戻る。端的な家族の構図を再構成しながら社会のドラマを構築する、よく練られた作り。 

登場する女性の年齢にもレイヤーがあり、女性性への考えが一義的でなく多層的に語られる。

また少々イヤミなくらい撮影が素晴らしく、少し褪せた色の基調も作品のテーマとトーンにジャストフィット。

二時間しっかりと映画の世界に引き込んでくれる。良い映画。
>|