ショート・タームの作品情報・感想・評価

ショート・ターム2013年製作の映画)

Short Term 12

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ティーンエイジャーをケアする短期保護施設“ショート・ターム”で働く20代のケアマネージャー、グレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)。子供が出来たことをきっかけに、二人の将来はささやかならがも幸せなものになるかと思われたのだが…。誰にも打ち明けられない深い心の闇を抱えるグレイスと、施設に集まる心に傷を負った子供たち。ひとりぼっちで生きるのではなく…

ティーンエイジャーをケアする短期保護施設“ショート・ターム”で働く20代のケアマネージャー、グレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)。子供が出来たことをきっかけに、二人の将来はささやかならがも幸せなものになるかと思われたのだが…。誰にも打ち明けられない深い心の闇を抱えるグレイスと、施設に集まる心に傷を負った子供たち。ひとりぼっちで生きるのではなく、誰もが大切な人と一緒に明日を生きる喜びに気づかせてくれる、温かな愛に包まれた、やさしくて愛おしいショート・タームのものがたり。大切な人と見たい、穏やかで柔らかい感動。スクリーンから“誰かのぬくもり”が溢れ出してきます。

「ショート・ターム」に投稿された感想・評価

haru

haruの感想・評価

4.5
明日からの君の方が、僕はきっと好きです、ってそれだけで泣けるわ。
こんなん観たら一人暮らしのTSUTAYA生活がカスに思えてくるじゃんかー
最近家族とか友達とかそうゆう話に弱すぎて泣いてる。
ラップが良かったーエンドロールでもやられた。
nana

nanaの感想・評価

-
ブリー・ラーソンの強くてカッコいいママ感ほんとイイ。なんかまとまりあるようでないような気もするけど観終わった後の満足感!これはみてよかったー。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.2
記録整理。いい映画だとは思うけれど好みでなかった。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

4.2
ブリーラーソンがすごい。ストーリー的にはありがちではあったけど、それを打ち消すくらい演技の生々しさに圧倒されて、自然と涙がこぼれてしまった。
み

みの感想・評価

4.0
キャッチコピーに惹かれて。雰囲気が好きだったなあ。もう一回観たい。
母親の腹のなかで肉体を持った時点では誰もが平等なはずなのに産み落とされてからは自分の力で幸せにならなければならない。どう頑張っても親は選べない。自分の力で幸せになろうともがいてる過程で寄り添ってくれる人がいること、それを幸せと呼んでもいいのかもしれない、と思った。
マーカスのラップのシーンが一番印象深かった。
mis

misの感想・評価

3.5
デスティンクレットン監督は実際に施設で働いていた経験があるみたいですね。
重いテーマですが監督の愛を感じました。
複雑な事情を抱えた子供と接するのは、とてつもなく難しく、一筋縄ではいかない。
なぜなら彼らはまだ成長途中で、ちょっとした発言や一挙手一投足も彼らにとっては大きな影響力を持つから。
一筋縄ではいかない彼らと、真正面から向かったり、時には側に寄り添ったり、後ろから支えたり、施設職員のグレイスやメイソンたちは優しく頼もしくかっこよかった。

子供の「一人にして」や「大丈夫」という言葉ってSOSの合図だったりもするんだよね。
子供の頃「大人は何も分かってくれない」なんて思ってたけど、実際大人になると忘れちゃってて、なんか悔しい。
子供は脆く壊れやすいけど、その一方で想像だにしなかった、ものすごくいい方向に伸びてくれたりして、見ていて何が起こるか分からないところが良くも悪くも目が離せない。
そんな子達を心から信じてあげたいな。

自分が周囲に愛され育ってきたぶん、私もグレイスたちのように人にはたっぷり愛情を注いでいこうと思った。
oooo

ooooの感想・評価

4.2
随所にあたたかさが滲んでいて
何度も何度も泣いてしまった。

人は1人で立ち向かわなきゃいけない事とか
向き合っていかないといけないことが沢山あるし、人に傷つけられたり人を信じられなくなったり疑心暗鬼になってしまう事も沢山あるけれど、
それでも、なんだかんだ1人では生きていけなくて。
どん底から拾い上げてくれたり、ずっとそばで見守り支えてくれたり、笑顔にしてくれるのは、やっぱり人なんだと思う。


こんなにも ぬくもりを感じられる映画を
観れて幸せだなと思えた。
こま

こまの感想・評価

5.0
頭の中を胸の奥を動かしてくれる作品、ブリー・ラーソンを堪能できる作品でした。

映画好きの方なら、この作品を鑑賞後、映画好きである事に感謝されているのではないでしょうか。

短い作品だけど、濃密ですよー!
>|