サイドウェイの作品情報・感想・評価

「サイドウェイ」に投稿された感想・評価

結婚前の2流芸能人と冴えない小説家が一週間の旅を満喫する話。
大人が共感できるストーリー、とあったがそれは遊び人に限って、だろう。夜中にビールを飲みながらダラダラ見るには最適な映画かも。
凄い評価高い作品ですね!男二人のロードムービーだとオープニングからわかって「こりゃ期待大だな...」と胸高鳴る。パッとしない男としょうないプレイボーイ(オヤジ?)のワイナリー巡りの物語。ワイン全くわからないけどウンチク聞いてるの楽しかった。笑えるけれど、そんなに名作なのかな?まあむあ良く出来たコメディ映画くらいにしか思えなかったけど...。小粋な女性向け映画だと思って観ると、オッサンの局部丸出しシーンがガッチリ出てくるコメディなので度肝抜かれるでしょうね
主人公は離婚から立ち直れていない作家志望の英語教師

一週間後に結婚する俳優の親友と独身最後の旅行に出る

主人公は大好きなワインを楽しむ旅程を計画するが、親友はナンパして独身最後の時間を楽しむことが目的

結局親友の押しに負けてナンパした女性と2対2で飲むことになり、それぞれ意気投合するも、、、

ストーリーはよくある話
序盤〜中盤はとにかくワインに関する話ばっかで飽きてくるけど、後半親友がやっ散らかして笑えたり、主人公が落ち込んでから前を向き出す感じは好感が持てた

友人とワイン飲みながら観ると楽しい作品かと思いました
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.7
□物 語 ★★★★★ ★★
□配 役 ★★★★★ ★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★
むら

むらの感想・評価

4.2
内省的で大人しい人間の生き方と、本能的で猪突猛進な人間の生き方。正反対の両方の生き方に対して、肯定してくれるアレクサンダー・ペインの名作です。人生捨てたもんじゃない!

元嫁に未練たらたらの草食系オヤジだったり、結婚式前でも女を引っ掛けることしか考えてない売れない俳優のオヤジ、主役二人が結構ダメ人間なんですが、全く嫌いになれないんですよね。
今後のペイン監督の映画に通じていく、人間に対する視線の優しさが感じられます。この監督、ハリウッドの監督でありながら、優しくて笑える「男はつらいよ」的な映画を撮るんですね。実際、小津安二郎や山田洋次の映画に似てると言われてますね。

ロードムービーの脇役として添えられているワインの知識と、豊富な約20種類のワインの銘柄も、この映画をより一層面白くしています。

僕はどちらかというとハゲの方の主人公に近いかなー?
kyao

kyaoの感想・評価

3.5
ワインも人間も熟成するには時間が必要みたいな感じかな。
最初から最後までイラつかせてくれた相棒も最終的には必要だった。
正直こんなに賞を取る理由は分からなかったけど素敵なロードムービーでした。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
アレクサンダー・ペイン監督がワインを題材に人生の奥深さと素晴らしさを語るロード・ムービー。
ワイン好きの冴えないバツイチ中年男が、結婚を目前に控えた親友のため、カリフォルニアのワイン・カントリーへの旅を計画、対照的な性格の中年独身男2人によるワインと女性を巡る珍道中がユーモラスかつしみじみとしたタッチで綴られてゆく。
多くの映画賞受賞してると聞いてハードルが上がり過ぎていました。
まだ20代女性の自分にはこの映画は響かなかったです。
なんだか残念だけど自由なおじさん2人のロードムービー。ジャックは超残念だけども憎めない、典型的バカイケメンって感じでした。
大人の恋愛は難しいんだなあ。
ものすごく単純に「めっちゃ楽しそうでいいなあ」と思った。とても西海岸的。観た当時まだ20代後半だったこともあり、人生の深みの楽しさまでは共感できていなかったやも。カリフォルニア、ナパバレー行ってみたいと思うようになった。
30代後半になりつつある今観たら、また熟成みが少しは味わえるかな。
taka

takaの感想・評価

3.5
人生は極上のワインのように そのピークを
迎える日まで日ごとに熟成し 複雑味を増す
それからは ゆっくり坂を下っていくが
ピークを過ぎた味わいも捨てがたい…

離婚のショックから立ち直れない小説家志望の冴えない中年男 ワインオタクのマイルス。結婚を1週間後に控えた親友 ジャック。
二人がグダグダな感じで カルフォルニアの
ワイナリーを旅するロードムービー
この映画 ワインがいっぱい登場するという
理由で鑑賞したが
実は アメリカのメジャーどころのタイトルを沢山取ってる映画なんだなあ
うーん 私にはその価値があるの かないのか 判断つかん映画なんだなあ⁈
しかも 日本でリメイクまでされて
わからんなあー
誰か 教えてww〜

さて今宵は
映画の中でマイルスが特別な日に開けると言っていた秘蔵のワイン🍷
シャトー シュヴァル ブラン61年

本当に教えて〜
>|