ナチュラル・ボーン・キラーズの作品情報・感想・評価

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」に投稿された感想・評価

トミーリー・ジョーンズが唾を飛ばしながら激昂してるのがとても良かった。ジャケットのウディ・ハレルソンかっこいい。
むちゃくちゃやん!やり過ぎだわ(笑)
オリバー・ストーンてこんな監督やったんや?
けど、タランティーノ監督で観たかったなあ

主演の2人の存在感半端ない
おまけでロバート・ダウニーJrとトミー・リー・ジョーンズの怪演も嬉しかった

DVDの箱に「185分」て書いてて覚悟して観たのに、実際は118分でちょっと拍子抜けしましたわ
いや、これくらいの長さが良いんですけどね

Facebookにも書いたけど、鑑賞中にイチゲンカップルが来店して、ミッキーとマロリーが現れたんかとビビってもたがな(笑)撃ち殺されなくて良かったよかった^_^;
石川

石川の感想・評価

2.5
俺たちに明日はないみたいなのかなぁと思ったら後半がすごい展開。
主役二人に何か主張はありそうだが何一つ受け取ることは出来なかった。
まったく共感できず(笑)
アニメーション、ビデオ風、フラッシュバック等多彩なフィルムを過激な表現マシマシで作っているのが新鮮だったが少し見辛くもあり良いような悪いような。
いや、あまり見ないタイプだから映像に関しては良いとしときましょう。
akaisora

akaisoraの感想・評価

2.5
ジャケットがかっこいいなと思って見始めてウディ・ハレルソンだと気づく
かっこいいー!
でも内容は合わなかった

次々と人を殺していく殺人夫婦の話
ケタケタ笑いながら殺しまくり終わったらキスする
“俺たちらしさ”で躊躇なく殺す
グロテスクで残忍

刑務所の話になってからは集中力切れちゃって
気付いたら大乱闘になってた

音楽とか構成とか凝ってるけど好きになれなかったな
こんな倫理もない映画に傾倒して模倣犯が出たとか、映画の影響力はとても大きい
人間には、しばしば人生に刺激的なドラマを求め、人の生死に興味がある生き物。
それはお腹が空いたからハンバーガーを頬張るのと同じように、またムラムラしたらセックスするのと同じように。

弱肉強食のDNAが、どこかで密かに感じてるのでしょうか。
人を殺したい。人が死ぬ様を見たい。興味がある。
それは極めて自然なことであり、男の子が声変わりするのと同じようなものなのかもしれないわけ。

「悪の法則」同様、悪ってのはとーってもピュアな存在。
むしろ、それらを傍観して、間抜けなオ○ニストの方が、1番気色悪い。
(こういうジャンルが好きな映画ファンにも飛び火がかかってますね。ファニーゲームか!)

これは事実だと僕は感じます。
ただこの作品のように、人類が殺人を容認した刹那、少なくとも今の人間社会は壊滅しますよね。笑

そこでキーになってくるのが、やはり愛という概念なのではないでしょうか。
Love&Pease!!
美味しくなれよ〜。
鰺野

鰺野の感想・評価

4.8
全然ナチュラルボーンじゃなくて世界にやり返してる感があって良かった
途中までかなり好きだったんだが、ハレルソンが頭剃る辺りからオリバー・ストーンの批判精神が悪目立ちし始め、あまりノレなくなってしまった。ラストも個人的にはちょっと不快。ただひたすらに快楽のみで突っ走って欲しかったところ。
しかし、このジュリエット・ルイスは最高です。あたおかso fuckin' cute!
やぶ

やぶの感想・評価

3.6
2020/08/08

狂った2人(3人?)と狂った映像。
前衛的で退廃的。

自分好みそうな映画だと思ったんだが何度眠くなったことか…。

タランティーノは好きだけどここまでイッちゃってると合わないのだろうか。

結婚のシーンは綺麗で好き。、
タランティーノが逃げた映画!   一度は言って見たい❗i am natural born killer

このレビューはネタバレを含みます

Blu-rayにて寝起き視聴。徐々に頭痛が。

ワヤな構成をしているがキャラクターが非常に立っていてしっかり楽しめた。
音楽が沢山楽しめるのも良い。エンディングの音楽、二人(+子供達)のモノローグ、回想の映像がグッド。芽吹きの映像をラストで持ってくるのも良い。


この手の異常者を描いた作品でしっかり二人が結ばれてハッピーエンドで終わるのが素晴らしい。

頭痛が。
>|