スター80の作品情報・感想・評価

「スター80」に投稿された感想・評価

まどか

まどかの感想・評価

3.8
80年代の暑苦しさが良い味出してる。
ポールの、人をモノとしか見れない、行き過ぎた自己愛に吐き気。ダンスのシーンはほとんどないけど、テーマがボブフォッシーらしい。
20170913
昔どこかで読んだ本作の評がクサし気味だったので、フォッシー作品の中でも着手が後回しになってしまったけど、オール・ザット・ジャズにも増して観ている間の人生反省会感が半端なかった。胃が痛い。フォッシーさん、ありがとう。
Kentaro

Kentaroの感想・評価

3.0
ありふれた愛憎劇で没入しきれず。ただ、実話に基づいているという点ではショッキングでした。(銃社会というアメリカの愚かしさも。ホントやめればいいのに。)ボブ・フォッシーの映像センスにはやはり卓越している。細かく刻まれるカットはコラージュのようにスタイリッシュでドライブ感があるし、音楽もいちいちツボを突く選曲でシビれる。(ビリー・ジョエルという80年代のNYの躁鬱感。)ヘミングウェイの孫も可愛いかったです。
yoeco

yoecoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ボブフォッシーぽくない!

劇中の映画監督は、実際はピーターボクダノヴィッチなのだが、まさかこのあと妹ルイーズと結婚するとは思わなかった。事実は小説より奇なり。
ヒロインのドロシー役はヘミングウェイの末裔だし、ポール役はジュリアロバーツの兄で、エマロバーツの父だし、内容以上に驚きポイントたくさん。

最初からドロシー殺されるのわかってるので、ハラハラはしない。

71
まさかのボブ・フォッシー監督作品!!
人気を博したものの若くして殺害されてしまったプレイメイト、ドロシー・ストラットンと、その夫であるポール・スナイダーの実話を基にした映画。なかなかサスペンスフルな作品でした!まさかフォッシー作品とは言われなきゃ分からなかった!

ウェイトレスだったドロシーを見初めたポールのおかげで、瞬く間にプレイボーイ誌の看板プレイメイトに上り詰めていくドロシー。しかし、彼女とは対照的にどんどん落ちぶれていくポール。次第に資金も底をつき、ドロシーの稼いだ給料を自分の娯楽や生活費に当て始める始末。
そんな絵に描いたような退廃的な愛にくたびれたドロシーはポールを捨てることを決意するものの、なかなかポール諦めが悪い...。嫉妬に駆られてエスカレートしてゆくドロシーへの歪んだ愛の果てとは。

ジュリア・ロバーツのお兄様、エマ・ロバーツのお父様であるエリック・ロバーツが文字通りの体当たり演技で挑んだポール役。
実際の写真と比べてみても本人とそっくり!!ムキムキだし、程よいナルシスト感とクズ男へのなりきりぶりがすごい!悪役が多いイメージですが、本作では憎みきれない人懐こさと脆さを兼ね備えた何とも難しい人物を見事に演じていました。
相手役のドロシーを演じていたマリエル・ヘミングウェイは本作のために豊胸手術をしたらしい。その献身ぶりに脱帽です...。

全編に流れる音楽や使われてる衣装、すべてがザ・80's感炸裂!クリフ・ロバートソン演じるヒュー・ヘフナーを取り囲むお姉様方がみんなファラ・フォーセットみたいでした。いいなあ、80年代!!
ENDO

ENDOの感想・評価

4.2
暗黒のブルーバレンタイン。実業家気取りの粋がる男と田舎のウェイトレスの話。彼女は彼に見初められ、プレイメイトとなり人気を博し、成功を収める。男と女の立場が逆転し、彼は彼女への愛を欲して自らを抑圧し、八方塞がりになる。彼女は新たな世界に到達している。インタビューや時系列を入れていくことで、事後であることが徐々に明らかにされ、どうしようもないところまでいってしまう。大小あれ、自分にも彼の要素があり、身につまされた映画だった。
DVDで鑑賞

実際にあった男女の悲劇をベースにした作品。
この映画は距離の映画だと思った。初めはお互い近くにいたのに、女の子がスターになるにつれて2人の実際の距離も心の距離も離れていくのが悲劇的でとても辛かった。ラストの思いっきり突き放される感じを体感するためだけに日を置いてもう一回観たい。随所で流れる音楽のセンスは流石ボブ・フォッシーと思った。
まさ

まさの感想・評価

3.0
衝撃の実話。普通の女の子ドロシーとチンピラのポールは愛し合っていた。ポールのおかげでドロシーは『プレイボーイ』誌で人気になり、そのまま映画に出演したりスターへの道を突き進む。一方ポールは稼ぎがなっていき次第に墜落、そしてドロシーをくいものにしていく...

この映画実話だというからすごい。
破滅に向かって行く姿がいい。
ラストの写真に囲まれながらのシーンは、興味深い。HOLLOWでしかない彼を現していて良い。
これから、ボブフォッシーを見るという邪道をしてしまった。
やみこ

やみこの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

プレイメイト殺害事件を元にしたノンフィクション破滅型ラブストーリー。
18歳でプレイメイトになり彼氏のポン引きポールと結婚したドロシー。成功するにつれ次第にポールの束縛は激しくなり、
ポールとは別れろという忠告などでドロシーの心はポールから離れていき、主演した映画の監督と同棲を始めるが..

ポールは浮気者で出世欲にかられたいやらしい奴。失敗すれば全部他人のせい、殺されかけたってひるまずに罵倒しまくり。でも仕事は意外にできるんだよなあ。
大物になれる力量はあるのに嫉妬心が強く欲が先走り上手くいかない..そんなポールなんだけどドロシーの事は心底愛していた。ドロシーもそれに応えようとしていた。
結果的には過剰な周りの忠告や仕事が彼らの仲を引き裂き最悪な事態を引き起こしたのでは?と思ってしまいました。

ちなみにドロシーの浮気相手の映画監督はその後ドロシーの20歳の妹を整形でドロシーそっくりにさせて結婚したらしい..(°~°)
>|