ファインディング・ドリーの作品情報・感想・評価

ファインディング・ドリー2016年製作の映画)

Finding Dory

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《…

「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。 カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、 忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。 「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、 そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、 ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。 その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

「ファインディング・ドリー」に投稿された感想・評価

ドリーはドリーなりに自分の記憶障害を自覚してるし、両親もそれを理解した上で忘れても大丈夫なように工夫しながらドリーに教えていた事にすごく愛情を感じる。
前作のドリーはうるさくて迷惑かけまくっててあまり好きじゃなかったけど今作で好きになれた。
hirokis

hirokisの感想・評価

3.7
ドリーがパパとママを探しに旅に出る話。

さかな達からしたら、人間のエリアはとても怖いですよね。

今作もキャラクターが皆、特徴があって可愛いかった。特にタコのハンクが良い奴で好き。
ami

amiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

あたし、ドリー。あたしね…なんでもすぐ、わすれちゃうの…

このセリフと声が好き。

ディスティニーやベイリー、可愛いラッコ達などがドリーの為に頑張る姿が可愛かった、
ドリーが唯一忘れなかった家族と仲良く過ごした思い出や、最後、ドリーがもう一度両親と巡り会えたシーンに感動した
miyu

miyuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初は全く期待していなかったけれど、小さい頃のドリーが可愛かったし、ドリーの小さい頃を知って、ドリーが大好きになる作品。
大好きなファインディングニモの続きと聞いたら観ないわけには行かず。
小さいドリーすごくかわいい。いつでも明るいドリーの奇想天外な行動は見ていて飽きません。
親と再会するシーンは泣けました。

でもやっぱり、、ファインディングニモの衝撃には敵わないかな。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20160716
素晴らしかった…なんかもうドリーの気持ちを思うと、感情移入しすぎて号泣してしまった。ドリーのあの明るさや楽観的考えはああしてなるべくしてなったんだなあと。ああなるしか仕方なかったんだと。よく光が強いところにはその影も濃いっていうけどほんとそうだなって思った。勿論わらえる箇所も多いし楽しいんだけど、どうにも泣けてしまって困った。ディズニーは本当にすごい。笑える明るい話の根底に実はしっかり問題提起というか、生きていく上で大切なことをたくさん教えてくれる。ズートピアもそうだった。観ててすごく励まされた。映画館
わたしはもうほんとにマーリン的思考なので、考えて考えて心配で飛び込めないタチだから、わたしもドリーならどうするか、そう考えて色々飛び込んでみたいなあと思った。ドリーならどうするか、そんなドリーにも、どうしようどうしよう、となるシーンは孤独でとても見ていられなかったけど、マーリンの言葉を思い出して、ドリーならどうするかと冷静を取り戻していくシーンはとても泣けたし、ドリーママパパの切実な想いにも号泣でした。大人には結構泣ける映画だと思う。もう無理かも、年とったし大人だからもういいやとかそういうやらない色んな理由をつくったりせずに自分の想いに素直にドリーがとても好き。

このレビューはネタバレを含みます

( ;∀;) ナンテ イイハナシナノ…
いつかドリーが帰ってくるのを信じながら道しるべの貝殻を並べていく両親...。親子が再会する場面が泣けたよ。貝殻の数だけドリーに対する愛が詰まってたんだね。
LIFE

LIFEの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

可愛かった…

ドリーの忘れっぽいところにイライラしながらも、大切なことを思い出そうとしているところ、仲間を大切に思うとところ、「ドリーならどうする?」と勇気を持つこと、たくさんの魅力を持っていることに気付かされます。

忘れっぽいドリーのために両親が貝殻を置いて道を示してくれていたことに感動しました。

みんなそれぞれに自分自身への恐怖があり、苦手意識がある。
それと向き合う勇気、その先には明るい光が灯されている、さすがディズニーという思いでいっぱいです。

タコさんも良いキャラ。
最後にキッズコーナーの魚たちが脱出したのにすぐさらわれたのには、寂しさと少し可愛さがありました。

温かい気持ちになれました。
yoshiki

yoshikiの感想・評価

4.4
日本語だと、すぐ忘れちゃう で片付けられているけど、
英語では「I suffer from short-term memory loss」と自己紹介している。
ドリーは記憶障害を「患っている」っていうことがこの映画では大事だと思うのに、ここが日本版の残念なところ。

ただ忘れっぽいというのではなく、ドリーにはドリーなりの覚え方、記憶のメカニズムがちゃんと存在している。
ドリーのパパママはしっかりそのことを理解して、ドリーが記憶障害で困らないような訓練をしている。

障害に対して、差別をするなとただ蓋をするだけの人々にしっかり見て欲しい。
人と違うことが悪いことのはずがないのに、その違いを見ようとせず、同じ扱いをすることにだけ拘ることがどれだけ不毛か。
障害をしっかり理解し、科学的なアプローチをとって心からのサポートをすることの大切さや暖かさを、分かりやすく描いていると思う。

そもそも娯楽映画としてもめっちゃ面白い!
MikiSAITO

MikiSAITOの感想・評価

4.5
海潜ってきた後に見たくなってしまいました。ドリーの幼少期かわいすぎた〜
>|