日本列島 いきものたちの物語の作品情報・感想・評価

日本列島 いきものたちの物語2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

3.2

「日本列島 いきものたちの物語」に投稿された感想・評価

本当に想像を絶する苦労があったのだろうと素人でも思わずにはいられない貴重な野生動物の映像を、平易な解説とともに大スクリーンで見せてもらえる、ありがたい。しかしナビゲーターと称してアイドルにナレーションさせる大人の事情が、見せてもらう側なのに面倒臭い。舞台挨拶のチケットが凄まじい価格で売り買いされ、アイドルの登壇が終わると本編観ないで(出待ちのため?)出て行く姿が大嫌いなので。

このレビューはネタバレを含みます

こういう、自然のドキュメンタリーは癒される。カメラマンの技術、センスが思いっきり出るし、観ていて楽しい(^^)。

とにかく全てが「本物」だから、ひたすら圧倒される。

こういう映画は、何回観ても飽きない。

ぱるこ

ぱるこの感想・評価

3.0
相葉くんのナレーションのためだけに行った。まあ普通に楽しめたけど誘ったくせに友達全員寝ちゃって私しか見てなかったので印象に残ってる。
莉々

莉々の感想・評価

2.0
2012.1.31
試写会には小学校の女の子や年配の方、老若男女きていました。

日本各地の美しい四季
家族愛・ひとり立ち・自然界での厳しさ・・・
青森県・下北半島の親子愛・・・子ザルの厳しい闘い、がんばって・がんばって、がんばってるって願ってます。
鹿児島県・屋久島の自然界の奇妙な関係・・・。

ナビゲーター ウリボウのゴリさん(ガレッジセール)、カクレクマノミ(ニモ)の長澤まさみさん よかったです。
なんだかほっこりとした気分になりたくて選んだけど、ナレーションがコロコロ入れ替わるので落ち着いてゆっくり観る感じではなかったのが残念。NHK製作だけあって作りはしっかりというかガッシリしてます。
日本列島に生きる生き物たちの素敵なシーン、特に親子愛のとこは温かい気持ちになれて狙い通り。だけどやっぱり自然の猛威にさらされる場面や弱肉強食の世界も映し出す。あっさりと小さな命が尽きていく…泣。あれ?こんな気持ちになりたくて観たわけじゃないのに〜。
「皇帝ペンギン」とか「アース」とか海外には何作かあるけど日本ももっとネイチャードキュメンタリー的な作品を撮るべきだと思いました。日本って素敵な風景、自然がいっぱいあるんだなーって気付かされて自然や動物と触れ合いたくなりました。
とりあえず大好きなゾウさんを眺めに動物園に行ってこようっと!
たくや

たくやの感想・評価

3.5
ナレーションが頻繁に入れ替わるので、もうちょっと落ち着いて見たい。映画として制作されているので仕方がないのかなぁ。DVDで見ているのでテレビと比較してしまう。
興味深かったのはキタキツネがかわいかった、鹿の上に猿が乗っていた、クマノミがかわいかった。
見ていてあまり感じないが、二年半もの歳月を経て制作されたカメラマンの努力を称えたい。
人間も生き物も生活するのに大変だと思わせる映画でした。
2013年9月11日
日本映画専門チャンネルにて観賞。
ヒグマ、キタキツネ、サル、イノシシの親子の成長映像と日本列島の四季の映像が楽しめる作品。
日本列島の四季の美しさを再認識。
同じ日本列島に住む動物達や自然を大切にしていかないといけないなぁと思わされました。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
沢山の人がナレーションをしてて落ち着かなかった。
仲間と離れてしまった子猿が気になったわ。
一人ぼっちになると厳しいんだなぁ。
花紫

花紫の感想・評価

3.4
じっくりと観たいのだが、ナレーションと映像がコロコロと切り替わって落ち着かない。
動物モノに興味がない私だが、かなり楽しめた。まぁ、楽しいという表現はちと違う気もするが。
撮影したカメラマンすごいなぁ。
2016.01.
ネイチャードキュメンタリー。日本列島の北の端から野生動物たちの光景を写していく。疲れた時にボヤ〜ッと見ていたくなる。たまに入るナビゲーターのキャラ立てがしつこいナレーションはやめてほしい。
>|