だまされて貰いますの作品情報・感想・評価

「だまされて貰います」に投稿された感想・評価

チェケ

チェケの感想・評価

3.0
クレージー末期の映画であまり面白くない。見どころは本編には一切出てこない園まりのワンマンショーのOP映像ぐらい。OP映像の最後に出てくる「終」のギャグは結構面白い。加藤茶は頑張っているが植木等と比べてギャグが下品。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.7
未DVD化の一本。ニューヨークロケなどこの時期にしてはかなり豪華な出来。どうせなら「クレイジーニューヨーク作戦」とかってタイトルにしてくれたら良かったのに。

植木等が大ボラ吹いて田舎で詐欺を働き、加藤茶が追いかけ回す、という設定。
ワルノリ男が、植木等が加藤茶を追う話なので逆転したね。

田舎から東京に来て、谷啓の発明に乗っかり一儲けを企む。相変わらず谷啓は発明家キャラ。
で、その発明っていうのが、水を石油に変える、というもの。えぇ⁈スゲェ超発明じゃん。

発明品を売るためにハワイを経由してニューヨーク、ラスベガスと移動。ハワイとラスベガスは黄金作戦でもやってるからニューヨーク以外は他の所が良かったなぁ。

所々のギャグは本当に面白い。変装した植木等が芸者にキスをしたら、付け髭が芸者のクチに付いてるとか。(笑)
間違えて発明品を飲んだ加藤茶が腹の中でガソリンになり、火を吐く時の効果音がキングギドラだったりとか(笑)

相変わらず加藤茶はウンコだオシッコだなんだと下品な感じ。ドリフは昔はそういうイメージ強かったよな。

ハナ・犬塚・安田・桜井とクレイジーメンバーも最後の揃い踏み(石橋は脱退済み)。
加藤茶相手のヒロインに小山ルミ。この子は本当に演技が上手い。谷啓の妹役に野中由美子。
そして007みたいなオープニングの為だけに出演して歌を唄う、園まり。

シリーズ自体が斜陽化してるが、時代に争うかのように作られた、遅すぎた大作と言ったところか?
のん

のんの感想・評価

3.0

ホラ吹き詐欺の無責任男、良太郎。
世界をまたにかけた詐欺を働く。

今回の加藤茶の露出度高くて嬉しい!
くだらないギャグとセリフ回しが楽しく、ニューヨークの名所を「セントラルパーク」「ブロードウェイ」といった字幕付きで紹介(?)してるのはサービス精神かな?(笑)
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.3
オープニングの"終"のひっかけはシャレてた
大ボラわらしべ長者的に とにかくハイテンションで田舎からニューヨークまでを滑走するコメディだけど カトちゃんが全くストーリーとはかけ離れたまんま ちょいちょい不必要に絡んでくるのが 面白かった
自分の世代にとっては大御所勢の 若かりし頃が一気見できるのも魅力だけど もうひとつ次の時代じゃ誰も知らない人達になっちゃうのかなぁ そう思うとちょっと切ない…
東北のど田舎でホラを吹いてひと儲けした主人公・伊賀は、水をガソリンに変える薬の製作に励む若い兄妹を次のターゲットに据えるが…。

タイトルは分かりづらいものの、本作もクレージー映画の一本です。脱退した石橋エータローを除くメンバー全員が揃っています。また、本作でもハワイ、ニューヨークなどアメリカでのロケを敢行しています。

しかし、加藤茶が参加してからというもの、ちょっと下品なギャグが増えているように思います。「うんこちんちん」なんてさすがに笑えません。ギャグ全体のレベルが下がっている印象です。
すいか

すいかの感想・評価

3.3
ハワイとニューヨークとロサンゼルス行っちゃうとかすごくこの時代お金あるなー!植木等も谷啓もやっぱりキレキレだけど、ミュージカルパートみたいなのもっと多くてもいいかなーって思った…
あと加藤茶わかくてかわいい