クレージーメキシコ大作戦の作品情報・感想・評価

「クレージーメキシコ大作戦」に投稿された感想・評価

東宝クレージー映画のひとつ、作戦シリーズの11作目
前年の「クレージー黄金作戦」に続く大作で162分もあります

【内容】
同じ海外ロケの大作ってことで「クレージー黄金作戦」と流れは似てる
植木等、ハナ肇、谷啓の3人がメインで、ヒロインには浜美枝、園まり、そして外国美女の登場とこの辺りの構成は一緒

前半は国内編で登場人物の紹介がてら3人が海を渡るまでのドタバタ(ドリフターズが警官役で出てくる)
中盤ではアメリカロケ、警察に追われたりギャングにつけ狙われたり
後半はメキシコロケ、ここでクレージーキャッツが全員揃ってのショウが挿入される、中尾ミエやザ・ピーナッツもゲスト参戦
ストーリーのほうはメキシコの遺跡ピラミッドに眠る財宝探し編になって、なんだかんだハッピーエンド

【感想】
DVDマガジン「東宝 昭和の爆笑喜劇」第7号での鑑賞

東宝クレージーシリーズで一番長いとされる162分、楽しい映画ですがこの長さが辛いところ
「クレージー黄金作戦」もそうなんだけど、中盤以降は飽きてくるというか集中力が切れてきて流して見てしまう
まだ前半は不謹慎な死体コント(春川ますみが死体役)も楽しく?見れるんだけど
終盤のピラミッドのミイラとかダイナマイトのくだりとか、この辺りまで来ると完全にバラエティのコントのノリ
おまけに1000万横領したはずなのに持ち主が死んだから自分のものになってお咎めなしとか、強引なハッピーエンドにはちょっと呆れる
これがまだ90分とかなら温かい目で見れたのかもしれないけど、ここまでひっぱっておいて終盤がこんなだと流石に辛い

良かった点を挙げるなら序盤の浜美枝!
地味子姿の浜美枝ってのもいいですねー、そりゃ当然綺麗でセクシーなほうが魅力的なんだけど、そんな姿はもう見慣れてるわけでw 今まで見たことない一面なんかが見られると例え地味子姿であっても嬉しかったり

あとは、、、劇中歌われる挿入歌で
「人生たかが二万五千日」
ってのがあって、気になって割ってみたら約68.5歳!
え、短くない?ってさらに調べたところ、当時だとそんなもんらしい
こんなところからも改めて時代が違うんだなーってしみじみ感じました
桜井センリ、ルー大柴口調のマフィア手下役がハマりすぎていてウケた。3時間弱という長丁場に疲弊した我々を爽やかに慰安するジュリー。
※『メキシコ万歳』を彷彿とさせる、飲食シーンあり。
メキシコ🇲🇽

かなりお金かかってるし、撮影技術・映像の質も高い
50年以上前のコメディなんだけど、今見ても全然おもしろい

香港のコメディとかは絶対これに影響されてそう

ただ、長い!
チェケ

チェケの感想・評価

3.5
クレージーキャッツの映画シリーズ(とりわけ作戦シリーズ)は基本的に筋はつまらないが音楽シーンは最高に楽しい。シェリト・リンドをクレージーが歌うシーンがハイライト。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2015/12/17鑑賞(鑑賞メーターより転載)
クレージーキャッツの映画は大して観ているほうではないが、今年メキシコに旅行に行ったこともあり観光地を復習するつもりで鑑賞。ちょうどメキシコ五輪の年に作られた一本でもあり、オリンピックスタジアムやらグアダルーペ寺院やら主要な観光名所は全部巡ってくれていて、サンフランシスコなんかとあわせた観光映像としては十二分の出来。尺が3時間近くもあり終始笑えるかというと個人的には微妙だが、でも植木等だったり銅像(笑)だったり友情出演的なドリフにまだ若いジュリーだったり、古き良き芸能界の姿を見られて得した気分。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.9
黄金作戦に次ぐ大作路線として、海外ロケ・160分の長編で作られたが、思いの外興行成績が上がらなかったとのこと。
長すぎるってのもあるし、何より黄金のラスベガスの道路貸切みたいな大インパクトのビジュアルが無かったというのが響いたらしいね。

日本からロスでの前編、メキシコでの後編になり、インターミッションが入ったそう。
だったら正直2本の映画を作った方が面白かったんじゃないかしら?

前半の日本国内での前振りが長いとも言われてるが、ロス編で終わってればさほど長く感じられない。むしろ、クレイジー特有のコミカライズされた面白さに満ちてるよ。バーのママの死骸がたらい回しにされくくだりとか可笑しいよ。
でも前後編二時間半あると日本のエピソードでなかなか話が進まない印象になる。

そう考えると前半のロス編の方が面白い。逆に後半のメキシコに入ってからの方が話がありきたりなんだよなー。後半つまらないのも映画が長く感じる理由の一つ。
前半がヒッピーカルチャーなどの影響もあり華やかなのに比べ、当時のメキシコのビジュアルが地味な印象もある。

音楽コントもあるけど、従来の谷啓アイデアではなく作家の考えたものらしい。楽器を使った笑いじゃなくてクレイジーらしさは無いなぁ。セットは豪華だけど。

メキシコオリンピックに因んだ企画だったらしいが、今作の不評で黄金・メキシコと続けた大作路線は終了。
つくづく前半だけで1映画にして欲しかった。
夢はみるべしー社長も乞食もーみんな人生2万5000日ー
ギンギラギンのギンギラギンのギンギラギンのギン!
クレイジーキャッツのライブシーンで流れる曲の歌詞。力が抜ける。
植木等や彼らのことはほとんど知らなかったが、その魅力に始めて直接触れて、なんだか癖になりそう。
植木等といえば石井聰ご監督の傑作、逆噴射家族のやばいじーちゃん役の印象しかなかったが、そうか。全くそのままの人だったのだなと、謎の感心。
無責任であることの美徳。ブラックユーモアの連続。ニワトリにダイナマイトをくくりつけ、メキシコ人たちを皆殺しにするジョークは今やったら大変なことになるだろう。
これぞコメディ!!
今度の植木等は呑んだくれ詐欺師。ひょんなことから事件に巻き込まれ、同じく追われる身となったハナ肇と谷啓を引き連れ、サンフランシスコからメキシコまで大暴れを繰り広げます。もちろんロケを敢行しています!

さて本作もなかなかの長丁場です。個人的にはサンフランシスコに行くまでが長くてツラいところがありました。それでも彼らがクレージーキャッツとして歌い、演奏するシーンを観るだけで楽しくなってくるので許せてしまいます。

また「クレージー黄金作戦」ほどではないのですが、出演陣も豪華です。中丸忠雄の殺人シーンは何故か無駄に凝っていて見応えがありますし、メキシコの山賊を演じる天本英世も一見の価値アリです。ノンクレジットですがジュリーもチョイ役で出演しています。お馴染みの面子も揃っているので、なんだかんだでそこそこ楽しめました。
すいか

すいかの感想・評価

3.5
新喜劇みてるみたいですごい楽しかった!日本らしいエンターテイメントだなー!ドリフターズがすごいちょい役で使われてるとかすごい時代感じてよかった!
これみてやっとクレージーキャッツのメンバーがわかったから、これから見ればよかったっ
ただ、3時間は長すぎ!!!
ika

ikaの感想・評価

5.0
クレージーキャッツ映画は全部観ましたが、シリーズの中で一番好き🌵🏜