若い季節の作品情報・感想・評価

「若い季節」に投稿された感想・評価

shibamike

shibamikeの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こざっぱりとした軽快な映画。
ご家族・カップル、皆様ご安心してご覧ください、と言いたいところであるが、ちょっと待った!大天才 三原葉子先生が途中登場しますので、小さなお子様には刺激が強いです。無意味にお色気を発散しており、流石でした。

坂本九って品行方正、360度好青年なのかと思っていたが、ちょっと小憎たらしい感じで好印象だった。
植木等、ハナ肇、谷啓、クレージーご一行はもう観ているだけで楽しい。
藤山陽子の美しさは目を見張るものがありますね。

谷啓がそもそもニセの研究者だったというオチは中々気が利いていると思った。

クレージーキャッツのユーモアは非常に品があると思う。カッコいい。こんなに品があるコメディアンは中々いない気が。ドリフターズは品は無いけど(笑)、ギャグの破壊力が凄いと思う。欽ちゃんも品があるか。クレージーキャッツはメンバーがほとんど亡くなっているそうで、時代の流れを感じる。いずれ欽ちゃん、ドリフターズ、BIG 3、とんねるず、ダウンタウンなどもそうなっていくと思うと寂しいもんであるなぁと感じた。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.7
dvdにて。当時NHKでやってた生放送ドラマの映画版だそうな。
東宝スタァの出演者が凄い多いが、特にメインになる人がいないので全体的にボケた印象の映画だなぁ。一応社長役の淡路恵子が主人公らしいが。

プランタン化粧品を舞台に、重役の有島一郎・平田昭彦。社員がクレイジーキャッツフルメンバー、人見明など。女子社員に団令子・浜美枝・藤山陽子。バイトに坂本九。カメラマンにジェリー藤尾。

ライバル会社がトレビアン化粧品。プランタンが開発した商品を同時に販売するなどして、社内に産業スパイがいないか探す事になる。
さらにパリの化粧品技術者(谷啓)をスカウトするが、これもトレビアン側が差し向けたニセモノだとわかる。

トレビアンの社員佐原健二と浜美枝は恋人同士になる。植木等とじゃないんかい。

その他トレビアンの社員に若林映子。喫茶店のマスターに青島幸男。他にも古今亭志ん朝や世志凡太なんかも。

役名が各俳優の芸名そのままだったりする。植木(植木等)・坂本九馬(坂本九)など。
芸名そのままの起用なのでタレント映画の色がとても強い。

歌のシーンも多い。主題歌の「若い季節」。
プランタンとトレビアンが対立する歌などかなり大人数でミュージカル感を出してる。
あと見所は坂本九がどんと節を、植木等が上を向いて歩こうを、お互い交換して歌うシーンかな。アレは良い。
他にもジェリー藤雄などもソロで歌う。
古澤憲吾監督お約束の軍艦マーチも流れるが、この映画には流石に合ってないんじゃないのかしら(笑)

バラエティドラマを元にしたタレント総出演映画。肩肘張らずに見るべきね。