恋の手ほどきの作品情報・感想・評価

恋の手ほどき1958年製作の映画)

GIGI

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.4

「恋の手ほどき」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

世界のかわいさは本当に最高もうじぶんの求めてるもの!やねんけど、
でもストーリーがちょっと眠いなあてかいつの間にかねてたね
こ

この感想・評価

3.0
それはそれは可愛らしいし素敵な映画だけど、うーむ、これがアカデミー賞を総嘗めねえ、、。
ミュージカルにしては歌がメロディックじゃない。
だんご

だんごの感想・評価

3.5
レスリーキャロンかわいい、こんな子が周りにいたら一生懸命教育したくなってしまうだろうよ。
おばさまのお家とか装飾とかもかわいらしい。
これ一生使わなくないか?と思われる教育もそこら中にあるけど、せっかく受けた教育は自分なりに使い倒したいと強く思った。
むん

むんの感想・評価

-
レスリーキャロンの魅力が満開。
少女から淑女へ、然るべき知識と振る舞いを身につけたレディ、うーんジジ、好奇心いっぱいの飛んで跳ねる少女のままで十分魅力的だよ!と思いました。

レディになってちょっと高飛車な物言いをしたり、宝石の知識を披露したり、うう…でもcigarsの選び方はナイスです。

展開の割にちょっと長かったかも。セットや衣装はただただ豪華でした〜。華のパリ。社交場。

お金と時間がありすぎてどこいっても何しても退屈ってそんなん言ってみたいわ!


ああ、これ舞台版ではオードリーがジジを演じていたのね。セーラー服の彼女の写真を見たことがあって、とってもかわいいけどいつのどの作品のやつだろう?って思っていたのです。
公開された当時アカデミー賞で候補になった全ての部門で受賞する快挙を達成したらしいが、はっきり言ってこの程度の作品がそんな快挙を達成するなんて相当な不作だったんだなと少し呆れてしまった。(実際最大の対抗作がラディカルな手錠のままの脱獄という時点で不作ぶりが察せられる)

奔放なレスリー・キャロンは魅力的で、彼女に関しては混戦だっただけに主演女優賞候補にならなかったのが惜しく思えたけど、そんな彼女以外殆ど印象に残る点が無かったし、ミュージカルなのに記憶に残る曲がジジのテーマくらいってのはどうかと思った。

同じヴィンセント・ミネリのミュージカルなら巴里のアメリカ人の方が面白かったしミュージカルシーンもあっちの方が良かった。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
まだバンドワゴンとこれしかみてないけど、この人の作品はダンス少ない気がする
だから残念だけどミュージカルの楽しさも半減だ
あとカラーを生かそうとしすぎて画面が騒がしい、アバターを3Dで見て頭痛くなったの思い出した(別にこれはカラー最初期ではないけどね)
時番人

時番人の感想・評価

4.4
皆さんのレビュー読んで衝撃を受けました。そうか、退屈なのか。これは一般的には退屈な映画だったのですね。おじさんは苦手だけど、ジジが可愛くておしゃれで、私は時間を忘れてみてしまうのです。
ミュージカルというかポエトリーリーディング?な歌の織り交ぜ方が洒落てる
m

mの感想・評価

4.4
若草物語のジョーを思い出すくらい天真爛漫な女の子、ジジ。

マイフェアレディの音楽に似てるなと思ってたら 作曲者が一緒だった!

物語もちょっとマイフェアレディに似てる?
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.7
まだあどけない少女、ジジ(レスリー・キャロン)が淑女としての作法を習い、成長していき恋を知る物語である。


オープニングからエンディングまで可愛らしさが満載!

レスリー・キャロン、あどけない少女の役から美人の役までこなせてギャップがあるから魅力的だしやっぱり好き。

当時のパリの社交界の様子やジジの家の豪華絢爛さが眼福!蔦で囲まれた半屋外のカフェも素敵。

社交界での一旦フリーズする演出が特に印象的だつた。
>|