恋の手ほどきの作品情報・感想・評価・動画配信

恋の手ほどき1958年製作の映画)

GIGI

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.4

「恋の手ほどき」に投稿された感想・評価

コレットをもう少し知れば面白く感じるか?
例によって自分はそれを知らないが、どうもこればかりは知ったところで無理な気がする。
ただ、これは飽く迄邦題が、ということだがこれだけは言いたい。「何が「恋の手ほどき」じゃ」と。
価値観が現代と違いすぎるのは言うまでもなく、MGMミュージカルとして見てもつまらない。
「マイ・フェア・レディ」も「ピグマリオン」も大好きなのに、なーんでこんなに面白いと感じないのか、逆に不思議だ。
セットはかなり豪華で金かかってるなあとは思うが、演出の方はとことん悪趣味と感じざるを得ない。
こういう映画が評価された時代もあったんだな。
マスン

マスンの感想・評価

3.5
第31回アカデミー作品。 ミュージカル。レスリー・キャロンの愛らしさが最高。
あどけないジジが、素敵な淑女になっていくロマンス。
淑女になるために、社交界の教育を受けていく。

新聞を賑わすプレイボーイのガストン。
その彼がジジに思いを寄せていく。

社交界の素敵な衣装、華やかさ、彩りの美しさに惹かれる。
ここあ

ここあの感想・評価

4.8
話は大したことないけど、音楽&インテリアがとーっても可愛い!

舞台バージョンはオードリーヘプバーンで有名だけど、レスリーキャロンが最高に似合っててスーパーキュート!リビングの赤は、ゴージャスで可愛い。このようなミュージカルはやはり大好き。これからも作業中などに流したりするだろう。
jnxdia

jnxdiaの感想・評価

4.0
恋の街パリ。20世紀初頭が舞台で華やかな装いに目が惹かれる。天真爛漫なジジが女性になる姿は愛おしい。ドレスアップしたジジは本当にキュート。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.0
休業中に見れたのは何かの出会いかも

人生の選択とかって結局は仕方なく見切りをつけて、流れに身を任せて小さな幸せとかを感じながらそれを支えに進んでゆくものだと思うのだけれど、
でも自分は今この時期にそれに深く共感するのはまだ早いかもな、と思いました。
青猫

青猫の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

第31回アカデミー作品賞

マイフェアレディと一緒と言うイメージも多いが、似ても似つかない。現代では鑑賞出来ないくらいの男尊女卑、金持ちに媚び売れば幸せになれますよという内容の映画。

老害ババァ二人に洗脳を受け、量産型媚び売り女に仕立て上げられた挙句、金持ちの幼なじみは嫌々ながらそれを受け入れて結婚。
エモーションの一つもないエゴの押し付け映画。

そんなジジもブス。

-100点


個人的アカデミー作品賞網羅キャンペーン6
ふみ

ふみの感想・評価

2.9
かわい~!!マイ・フェア・レディの別バージョンみたい!話すように歌うのがミュージカルとしては素敵だった
よとり

よとりの感想・評価

3.0
マイフェアレディのミュージカル強い版

ガストンになぜあそこまで拘ったのかはわからないけどそれが愛なんでしょうかね
人のために変化したことを否定されるのって辛いね、変わった自分も自分だって受け入れてもらえるのが幸せな愛なのかな
ミュージカル映画はあまり観たことが無いし、観ても退屈に感じることが多いのだけどこの作品は最初から最後まで全く退屈しなかった。
楽しくて痛快。
どこか夢見心地で軽快。
魅力的な衣装やセットなどディティールへのこだわり、全篇に溢れる色彩、歌良し役者良しと魅力的な要素しかない。
恋のもどかしさ、夢のような結婚、石田純一みたいな叔父様の不貞。
少女だと思っていた娘が気づかぬ内に大人の女性へと変わる。
恋など退屈だと謳う男が最後には自分の本当の気持ちに気付くのだ。
asuka

asukaの感想・評価

4.2
The Night They Invented ChampagneやGigiなど、ミュージカルナンバーが素敵♡
お転婆なヒロインが素敵なレディに成長して行くのを描いたミュージカル映画!
>|