モダン・ミリーの作品情報・感想・評価

「モダン・ミリー」に投稿された感想・評価

ミュージカルスターと言えば、男優だとフレッド・アステアとジーン・ケリー。女優だとこの映画のジュリー・アンドリュースが好きです。

なんと言っても「サウンドオブミュージックですが、同じ頃に作られたこの作品は、もう一つ知名度がない。まあ、そこまでの名作とは言えませんが、でもこれ、「明日に向かって撃て」や「スティング」のジョージ・ロイ・ヒル監督なんです。最初に好きになった監督!特に「明日に向かって撃て」から「ガープの世界」までは全部好きです。

前置き長くなりました。
ようやく観られたこの作品は、もちろんミュージカルで、歌も踊りもふんだんにあるのですが、話がドタバタコメディのノリで、そこはちょっと苦笑に近いですが、とても楽しい作品でした。聴いたことある曲もチラホラ。

ジュリーさんはコメディエンヌとしても才あるので、歌も合わせて魅力全開です。

謎の東洋人が出てきますが、それが「ベスト・キッド」のノリユキ・バット・モリタだったのが驚き。こういう東洋人への偏見?は当時のハリウッドにはよくあったんでしょうね〜そこは少し気になりましたが、全体としては楽しいミュージカルとしてよく出来てると思います。ミュージカル好きな方には特にオススメです。
さ

さの感想・評価

-
タピオカが頭から離れない。
ジュリーアンドリュースが一番輝いてる時期の作品だと思うので一生大切にしたい。
0

0の感想・評価

3.0
冗長だった。
本題へ行くまでが長い。この時代の作品だから、と言われればそれまでなのかもしれないが。
ジュリーのボブスタイルは、恋に仕事に時代の流れに猛爆進!みたいな役の雰囲気が合っていない。何でだろう…

ウィキペディアによると、「モダン・ミリー」までは成功したが、「スター!」からは下火になったとあるが、私は「スター!」の方が好きだ。曲もパフォーマンスも衣装も。比べるものでは無いかもしれないが、この作品の良さを見つけられなかったので、そう書かれてあるとなんか悔しい。
さとし

さとしの感想・評価

3.9
かなりハチャメチャな展開と作り方。笑
ファッション等は現代でもかなりオシャレに見えると思う!
舞台版と少し内容が違うのかな?
個人的には舞台版の方が好みだったかも!
1450本、今年のうちに見たかったのですが厳しそうですね〜(笑)。もしかしたら今年最後の作品かしら?

ジュリー・アンドリュース主演のお気楽ミュージカル『モダン・ミリー』。1920年代を舞台に、恋に仕事に奮闘するミリーとそれを取り巻く人々のドタバタを描いたコメディです。思った以上にブッ飛んでました。監督は誰でしょうと調べたら、ジョージ・ロイ・ヒル。本当にレトロポップ好きな監督さんですね。(笑)

ミュージカルナンバーはどれも聞いたことあるものばっかりでびっくり!日本では圧倒的に知名度低いですが、本国ではそれなりに有名らしい。『Thoroughly Modern Millie』と『Baby Face』はよくテレビとかで耳にしますね。ジュリーはやっぱり歌が上手いし楽しいんだけど、『メリー・ポピンズ』と『サウンド・オブ・ミュージック』のまっすぐで純粋で明るいイメージが強すぎて、本作のちょっと男好きで抜けたミリー役は個人的にはあまりピンと来ず。
シャーリー・マクレーンとかの方がぴったりだった気もします。
メアリー・タイラー・ムーアは、『普通の人々』のお母さん役でしかお見かけしたことないのですが、アメリカでは長年人気番組のホステスとしてお茶の間の人気者だったらしい。本作ではアイドル的存在で、ひたすらぶりっ子だけど可愛かったです。

MVPはキャロル・チャニング。オスカーにもゴールデン・グローブにも助演女優賞にて本作でノミネートされてます。独特な雰囲気を持ったオバさんで、めちゃめちゃ綺麗ってわけでもないし、歌もすごく上手いわけではないのに、本当に個性的なダンスと歌い方で釘付けになりました。世代的にはジュリーたちより上なので、1960年代当時の時点でも大ベテラン。彼女のコメディエンヌっぷりを観るだけでも本作は一見の価値ありです。

あまりドタバタ劇にすこーしお色気?悪ノリ?が入ったミュージカルが好きじゃなく、『スイート・チャリティ』とかも苦手なんだけど。本作も若干そっち寄りで、ナンバーを楽しめるほど名曲が多いわけでもなく、正直微妙ではありました(笑)。
謎の東洋人出てきて、エセオリエンタルな感じが怪しいし。ノリユキ・パット・モリタ氏が東洋人役で出てました。
でも総じて1920年代のモダンな雰囲気はよく出ていて、衣装も可愛かったです。

ミュージカル好きは観ておいたほうが良いかもです。
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
ジュリーアンドリュースが本当にいとしい。
衣装がとても素敵で、変わるたびにわくわくした!
君子

君子の感想・評価

3.9
最初の歌と、タピオカのとこが楽しい…とりあえず何とも変なテンションなんだけど、なんだかんだでけっこう好き!笑

そろそろ100年前の女の子になるのに、それでも1922年のモダンガールは素敵である。
Fumie

Fumieの感想・評価

3.9
嘘みたいなお話だけど、コメディだから、

とにかく、最後まで観て、最後に、そんな仕掛けがあったのか!
かほ

かほの感想・評価

3.9
衣装もヘアもメイクもモダン!!
安定のシンデレラストーリー!
honami

honamiの感想・評価

3.7
60年代に作られた20年代が舞台のミュージカルコメディ。
まさにモダンガールな20'sファッションが今見ると新鮮でとても可愛い!
テーマソングの歌詞が好き。
「女たちの変化が男には犯罪に見えるの
でも忘れないでちょうだい今は1922年よ!
映画でのキスをもう見た?楽しそうじゃない!口紅もアイラインも今は上品なのよ」♡
ストーリーはかなりはちゃめちゃで漫画に出てくるような中国人には笑っちゃう。サイレント映画のような演出も楽しい。
>|