ファニー・ガールの作品情報・感想・評価

「ファニー・ガール」に投稿された感想・評価

"スタア誕生"のリメイク

ストーリーは殆ど同じか?!

バーブラ・ストライサンド&オマー・シャリフのコンビだが、バーブラの起用は何かと物議を醸したようだが、その辺はニュアンスがわからない❓❗

個人的には親しみやすかった

苦手な、ミュージカル ミュージカルしてないから観やすかった💦

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル映画です。
美人ではない主人公ファニーがミュージカルスターに登りつめるお話。

笑える要素たっぷりで、155分と長いのですが楽しめました。ファニーのお調子者の性格と歌っている時のギャップが良かったです。
スターの歌ってやっぱワクワクしますね〜

映画の中で、ファニーが演出家を無視して自分のアレンジを本番で勝手に実行する勇気にはビックリ!
なんでもかんでも喜劇に変えてしまう才能と度胸が羨ましくなりました。(私もステージに立って拍手喝采を浴びるのが好きなので)

楽器の演奏もとても良かったです。

後半にかけても、深みのあるストーリーでした。夫婦とは、人と人との繋がりとは、について考えました。

さすが名作!
全体的にウィリアム・ワイラーの手堅くも豪奢な演出が続くのだけど、バーブラ・ストライサンドがオマー・シャリフと出会うところでストップモーションになるところがいやに異様で一番ファニーだった

でもバーブラ・ストライサンドって歌は勿論文句無しだけど顔の形が苦手なせいもあってこの映画でも終始ウザく感じてしまったな
苺

苺の感想・評価

3.2
実在した人の話だけど、歌が上手くて素敵だった。
演じたバーブラが素晴らしくて、本人みたいだった。
華やかでキラキラしてて、衣装やセットが素敵だったけど、辛いシーンもあったり切なくなった。
本当、バーブラの魅力が最大限につまりまくった映画。

お洋服と部屋の装飾がどれも可愛い!


グリーのレイチェルを思い出した~
とにかくバーブラストライサンドの歌がよかった。
当時は珍しそうなパワーウーマンの話
hamoko

hamokoの感想・評価

3.0
力強い歌声。劇団員の女性達を彩るファンシーな色合いの衣装。底抜けのポジティブと、つらい時でも笑顔で歌ってどん底からくぐり抜けようとするそんなファニーが素敵。

ファニーはニックに出会ってからわがままで重めの女になったけど、これくらいのわがまま娘のほうが丁度いいのかな
今まで彩溢れる舞台で成功し、鮮やかな衣装を着てきたファニーが、黒い舞台の上で黒いドレスを着て、彼女の肌だけが浮かび上がるようなラストも印象的。
実在の喜劇女優のファニー・ブライスも主演のバーブラ・ストライサンドも今作で初めて知りました。

力強い歌声に魅力されます。笑顔も可愛くて印象的。

常に前向きで自分をしっかり持った強い女性。

悲しいときも笑顔で歌う彼女に切なくもなります。

ミュージカルだけどそれほど歌の場面は多くないので観やすい方だと思います。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2009/2/20鑑賞(鑑賞メーターより転載)
女優というのはただ美人なだけでなく、印象を残してなんぼという所があるが、この映画のバーブラ・ストライザンドはまさにその典型。面白い顔?をしているのに可愛らしいし、歌はうまいし、おまけにかなりうざい(笑)。演技力と歌唱力だけでなく、彼女自身の個性が見事に役柄にマッチした奇跡的なシンクロ感がある。映画自体はちょっと冗長だし、彼女が転落の一途をたどった夫になぜひかれ続けるのかも今ひとつわからない部分があるのだが、多分そこは気にするところではないのだろう。20年代の闊達な空気も味わえ、楽しさは十分。
これ観たら力が抜けて、何をする気も起きなくなった...

『Don't rain on my parade』が好評ですが、ラストの『My man』がいつまでもずっと切なく胸に響く...



この間レビューした『巨星ジーグフェルド』には、ファニーご本人の出演シーンもあったけれど、こういう人生を歩んだ人だったのか...と知ることができて良かった

まだバーブラの方が、ファニー本人より美人でしたよ



主演の二人がマジで恋愛関係(不倫)の状態にあったらしく、なんと監督が作品のリアリティのために、そうなるように差し向けたのだとか...
ハリウッド怖すぎ!

バーブラとタイでアカデミー主演女優賞を獲った、キャサリン・ヘップバーンの愛憎劇『冬のライオン』とは180度違う内容なのがなんとも言えない...



これも店頭レンタルが無い
名作なのに、もったいない...
Amazonでレンタル購入した

冒頭のコロンビア・ピクチャーズの女神像の着ている服が、ピンク色にアレンジされていてカワイイ
>|