コドモのコドモの作品情報・感想・評価・動画配信

「コドモのコドモ」に投稿された感想・評価

ララ

ララの感想・評価

1.0
これやべえやつ。
こんなこと実際に起こったらダメ。
この映画は何を伝えたいんだろ…
クラスメイトたちで協力すればなんとかなるとでも言いたいの?
moe

moeの感想・評価

1.5
冗談かと思って観てたら、中盤になってまさかの「え!?マジで妊娠したの!?」ってなった(笑)
小学5年生が妊娠出産、親も先生も10ヶ月気づかない、しかも子供だけで取り上げるなんてあり得なすぎる!!!!笑
あと、あんな担任嫌だ!!!!
さ

さの感想・評価

-
小学5年の女の子が妊娠、出産をするという非常にセンシティブな内容を扱う映画。それなのに、表現あまりにも軽すぎる。特に出産シーン、お産というものを軽くみているのかわからないが有り得ないシーンが多くみられた。
しかし登場人物各々のキャラクターは良いと思った。麻生久美子のような先生、小学校の頃居たなーと思い出す。お姉ちゃんの友達も少し問題抱えてたり、とただ小学生の妊娠と出産を描いているだけでなくその周りの人物の変化に着目すると楽しめるかなーとおもう。
ツッコミどころ満載でした。
そんな簡単に赤ちゃん出てこないから
って思った。
小学生が赤ちゃんを産むというセンセーショナルなハートフル映画。
さそうあきら先生の漫画が原作です。(持っています。)
映画化が決まったとき話題になってたけど、あの後みんな結局観たんだろうか。

こんなことあっていいのかとつっこんだらキリがないですけど、素直にイイ話だなーと思いました。
「小学生が子供を産む」ってとこだけ聞くとどうしてもセンセーショナルにとられますけど、見てみれば全然過激でもなんでもない、家族や友達との温かストーリーです。
あえて(?)恋愛面がほぼ皆無だったのが良かったのかなと思いました。


一緒に「おくりびと」も借りたんですけど、「コドモのコドモ」の方が良かったと思ってしまったのです。
ロリコン補正なのか…。エロスは全然感じませんでしたが。

委員長の女の子が良かったです。真面目で普段は周囲から鬱陶しがられてたんですけど、大活躍でしたよ。
子供たちだけで協力して何かするって話はいいですねー。

奥田民生の「SUNのSON」という曲がテーマ曲なんですけど、書きおろしなのかな?映画タイトル「コドモのコドモ」をもじって「SUNのSON(太陽の息子)」とは粋!今でも忘れられない良い曲だなぁ。
キリン

キリンの感想・評価

3.0
もう少し年代をあげると
本当に世の中でよく聞く話しだよね

産婦人科に一緒に行っていた
時期に、気まずそうな親孝行両家の
組み合わせも実際に目撃したし。。

麻生久美子演じる教師の変容は
面白かったな
あとは、聖徒たちが団結していく様も
ひかり

ひかりの感想・評価

2.7
子どもは子どもらしく生きて、かつ一人間として尊重しなければいけない、的な子どもの権利条約を思い出しました。

小学生同士でっていうのはレアケースだろうけど、男女ともに自分と好きな人の体を守るための正しい知識は絶対に必要。
よねこ

よねこの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

終始微妙な気持ちでどんな気持ちになりたい時に見たら良いかわからない映画。
子供だけで真冬に雑な小屋で出産するとこにヒヤヒヤして「子供のことなら何でもお見通し」と豪語するお母さんは何故か妊娠に気づかずモヤモヤしてモンペにいじめられる先生たちを見てイライラしただけ。
ばあちゃんは良い人だった。見なくても良い。
MN

MNの感想・評価

-
「JUNO」を観たとき、日本ではありえんと思ったけど、日本にもあった。しかも、小学生の出産。世界に視野を広げれば、この歳で妊娠、出産することはあり得ないことではないけれど、日本の社会では「ありえん」ってことになる。
「JUNO」のとき同様、産む覚悟を決めると母は強しだし、パパの男の子も逃げる訳でも責められる訳でもなく、周りの子供達も自然と受け入れてるし、本来なら祝福されて産まれるべき命なのだということを考えさせられる。
皆が言うようにツッコミどころは満載。でも、最後まで観られたよ。
>|