ジェイン・オースティンの読書会の作品情報・感想・評価・動画配信

「ジェイン・オースティンの読書会」に投稿された感想・評価

Hiver

Hiverの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

2008年05月01日 19:58 レビュー

パリから帰る飛行機で二回見たのに
また映画館に見に行ってしまったがまん顔

最近アメリカでは読書会なるものが流行っているらしく
この映画も英女流作家ジェーンオースティンを
こよなく愛す人たちが彼女の作品について語り合う
というのが話の基本なのだが、
それぞれの人間模様の描き方に共鳴せずにはいられない考えてる顔

独身を謳歌しつつも恋に不器用な犬命のジョスリン、
20年連れ添った夫に突然別れを突きつけられるシルヴィア、
破天荒だけど母親思いのシルヴィアンの娘アレギラ(レズビアン)、
結婚六回してもまだ懲りない前向きで明るいバーナデット、
そして読書会を開くきっかけとなった仏語教師なのに
フランスに行った事がないのがコンプレックスで
体育会系の夫との関係に悩むプルーディ、
そしてジョスリンに一目惚れする読書会で唯一の男子グリッグ。

これといったドラマティックなことがある訳ではないのだが、
山田太一風といえばそんな感じもするドラマ人間模様
@ アメリカ西海岸といったところだろうか。
とにかく見終わると心が軽やかになりハッピーな気持ちで満たされる。
何故ゆえにこんなに惹かれるのか、ちょっと考えてみたところ
テーマとして
「人に寛大であれ、相手を許すこと、そして相手を受け入れること」
という自分自身そうありたいと願ってもなかなか出来ないことが
教訓とされているからなのかもしれない。
とにかく出演者が全員素晴らしいのだが、
とりわけ「プラダ~悪魔」で注目されるようになったEブラントの
精神的に不安定なキュートな女教師は抜群に素晴らしい。
恋に落ちる生徒とのドキドキっぷりは
見ているこっちまで胸が苦しくなる。
そして主役のマリアベロは「ヒストリーオブバイオレンス」
以来ファンなのだが、
今回もお節介で優しいけれど自分のこととなると
てんで奥手な大人な女を等身大で演じているのが良かった。
この人ER出身なのね。
あと何回見ても泣いてしまうのが、
レズビアンのアレギラが小さい時にパパを困らせた話を
恋人に告白するところと
プルーディが冷めきった夫婦関係を修復しようと本を読むシーン。
オープニングの「こういうことってあるよね?ツイてない瞬間20連発」
みたいな始まりから最後に図書館で全員でディナーをしながら
JAZZで締めくくるというのがもうアラフォー世代にはたまらない
大人な女子の映画であるぴかぴか(新しい)

恐らくこれが今年のベスト1な気がする
ashban

ashbanの感想・評価

3.5
ジェインオースティンの作品のあの感じが好きな人たちの集まりだというのはよくわかるし、話の流れもどことなく"ぽい"感じが漂う。
のんびり楽しめる作品。
あさと

あさとの感想・評価

3.3
読書会がテーマな映画なんて珍しいと思って鑑賞。読書会の映画というよりは庶民的な女性達の群像劇という感じで楽しめた。

物語にあまりに起伏がなく、退屈に感じるところもあったけど、演出とか雰囲気がアメリカンで小洒落ていてそこはよかった。

ジェイン・オースティンという作家、自分は知らなかったけどアメリカだと大御所なんだと知った。刺激的なシーンがないので健全で女性向けなアメリカ映画を見たい方にオススメです。
り

りの感想・評価

-
ふわっとしてるけど普段なら交わらない人たちが1つの作家を通して自分のことを見つめ直していく感じだったかな〜
ジェインオースティンの本読みたくなった!📖
📓☕️🚴🏻‍♂️📓🪂🤕🐕🏫🚬🚙📓🦇🚦🧗🏻‍♀️🤕🍩📓🥂
yoko

yokoの感想・評価

4.4
原題『The Jane Austen Book Club』
オースティンはもう何年も読んでいなかったので、一通り再読してたらより映画の中の会話が楽しめたな~。でもオースティンをあまり知らなくても映画として面白いので大丈夫です。
好きな俳優さんばかりで良かった!キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エイミー・ブレネマン、出るのはちょっとだけだけどナンシー・トラヴィス。40代以降の女性が生き生き描かれている映画は大好き。
新しい一歩もやり直す一歩も、皆で支え合い、進んでゆく。素敵な映画です。
女友達を中心に6人のメンバーでオースティンの読書会を開きます。メンバーがらみの、夫婦の危機から和解、カップル誕生と恋愛事情が忙しく繰り広げられます。監督が女性のせいか描写に女子目線を感じます。オースティンも女性読者の多い作家ですよね。ジメジメ、ネチネチせず、さらっと都会的でおしゃれなラブコメディでした。
eve

eveの感想・評価

3.6
ジェイン・オースティンの本を全く知らないけど楽しめたし、読んでみようかなって思った。

読書会って海外ドラマや映画でしか知らない世界だけど、本の好みが同じ人達と語り合うってステキ!
小説を読むと自分なりのイメージや解釈をするけど、それぞれの感じ方をディスカッションすることで本の魅力を更に深めてる。

エミリー・ブラントのボブヘアが可愛かった(^^)
tych

tychの感想・評価

3.8
THE JANE AUSTEN BOOK CLUB 2007年 106分。最愛の犬を亡くしたブリーダーの女性のため、友人が企画したのは、近代イギリスの古典的長編小説家ジェイン・オースティンの6冊の著作を6人で読み込む読書会。5人の女性と男性が1人、月一回、一作品ずつ読んで食事しながら議論する。読書会、作品を通じて、作品を自らの人生に重ね「再生される」夫婦が2組、新しく2組のカップルも生まれる幸せな作品。こうした題材で映画を撮ること自体が素晴らしい。
u

uの感想・評価

3.5
2020(348)
おしゃれすぎるなんだ〜〜!こんな趣味ほしいし優雅で余裕ある生活してみたい📚♡
その割に恋愛模様がグダグダっていうか、もどかしすぎて、大人の恋愛事情めんどくせ〜〜とはなる(笑)ジャケもピンクださい😅😅
>|