Emma エマの作品情報・感想・評価

「Emma エマ」に投稿された感想・評価

クラシックで良い!

ハリエットはエマに振り回されてかわいそう。だけどエマかわいい
nagisa

nagisaの感想・評価

2.8
グウィネスが初々しく、キュート。
ジェーン・オースティン映画の中では小品かな?
グウィネスのキャラそのままっぽい気がする、なんて思いながら観た。
tarupon

taruponの感想・評価

3.3
ジェイン・オースティン好きとしては、悪くはなかったが、無難にまとめたなという印象。映画とドラマは尺も違うしを比べるのは酷と分かっていても、2009年制作のBBCのドラマ版の方が、きちんとエピソードを描いていて好き。グウィネス・バルトローのエマは可愛いしイメージにも合うが、そもそものハリエットとの関係性とか、ジェインやフランクとのやりとりがはしょられている分、単に思い込みが激しく世話好きな女の子が自分の心に気づく物語(まぁ、原作も簡単にまとめればそうなんだけど)になっていて、奥行きが見えない気がする。まぁ、それはそれで、小品としては楽しめるから、この時間内でのまとめ方としてはアリと思ってはいるのですが。
ナイトリーは、ドラマ版よりこっちの方が好みです!
かしま

かしまの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

さいっこう
グウィネスパルトローの顔の造形が美しすぎてガン見してしまう……
ドレスが全部可愛い、髪型も
全員幸せになるから本当に最高
あや

あやの感想・評価

-
はぁ〜〜〜〜好き。大好き。
個人的に、映画のラブストーリーは18〜19世紀の英国を舞台にしたものの右に出るものはないと思っていて(笑)、時々無性に観たくなります。ラブロマンス映画で一番好きなのは、同じくジェーンオースティン原作の『プライドと偏見』です。

この時代の、古風さ、品の良さ、うっとりするほど素敵な衣装や建物、小物や備品、綺麗な言葉使い、互いに推し量りながらの(だからその分思わぬ誤解が生じてしまう)会話のもどかしさ、抑えるがゆえに返って熱量をもつ恋愛感情、静かで美しいと佇まい、どうにもこうにもやっぱり憧れてしまうダンスシーン、全てが好き!

あと、やっぱりめちゃくちゃ魅力的だ〜〜グウィネス・パルトロー。美しくて、上品で、ちょっとこじらせ気味だけれど心根の優しいエマが、最高にチャーミングでした。彼女の美しさを堪能できるだけで満たされる…!
ナイトリー氏は、なぜか『プライドと偏見』…もとい『高慢と偏見』のダーシー氏を思い出しました。ハァ、だめだ、めちゃくちゃ素敵やわ…。英国紳士最高やわ…。

本作も、いつか絶対原作を読むぞ〜。
あとやっぱり、ラブロマンスで18〜19世紀の英国を舞台にしたものの右に出るものはないわ……(確信)
とても好きな映画。主演の2人も素晴らしくて、映画の背景もあってか、観ていてトリップできる。

異国に旅行しているような嬉しい錯覚を感じることができる。
maki

makiの感想・評価

3.1
知らなかった。
クルーレスが大好きで。

クルーレスは
ジェーンオースティンの
エマの現代版だと友人から聞き
再見!
あーーー笑

クルーレスのほうがすき。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.3
古典作品らしからぬ軽快なテンポ。原作より親しみやすいが、原作ほど重くない。

グゥイネスの魅力が炸裂するが、見所はなし。あまり彼女に古典作品は似合わないと思うのはスライディングドアの印象が強いからかな?
m

mの感想・評価

2.4
主人公であるエマの性格が個人的にとても気に食わなかった。イライラが止まらなかった。
miumiu

miumiuの感想・評価

3.8
ケイト・ベッキンセイル主演のドラマ(テレビ映画)版に続き、グウィネス・パルトロウ主演の映画版を鑑賞。
グウィネスがめちゃめちゃ若い! 衣装がカラフルで可愛い! 髪型もキュート!
エマと恋仲になるの? どうなの? なフランク・チャーチル役がユアン・マクレガー。ユアンがちょっとだけ歌う場面があり、さすがの美声。若いときから歌える俳優枠だったのね。
ナイトリー氏は物腰柔らかで紳士的。原作だと正しいと思ったことをズバズバ率直に言う歳上説教王子、という印象だったけど、こちらのナイトリー氏はずいぶん優しいな。

全体的に人物描写が滑稽で、笑える部分や厭らしい部分をより強調してコメディ要素を強めた感じ。
ケイト・ベッキンセイル版の方が、作品の作りが上品でリアルで脇役含めどの人物も愛らしくて好み、展開や心情も原作により忠実。でもこちらも「コメディ版エマ」といった感じで面白いです。
>|