Emma エマの作品情報・感想・評価・動画配信

「Emma エマ」に投稿された感想・評価

ジェーン・オースティンの世界をグゥイネス・パルトローが演じると、無敵。
特にこの頃の彼女は最高に輝いていた。
彼女と共に映像美、コスチュームも見逃せない。
corouigle

corouigleの感想・評価

3.8
歴史絵巻

グウィネス・パルトロウがかわいい

うける

おせっかいで
わがまま

ユアンマクレガー目的→
グウィネス・パルトロウの魅力に気づく

(セブンからして美しさには気づいてましたが)
gale

galeの感想・評価

-
2020年にアニャちゃんが主演してたバージョンを観たので勉強の為にみた。
2020年にEmma.という物語を再解釈しようとしたそれをすごくなるほどなぁと思ってしまった。今の価値観ではなんだか合わないなぁと思ってしまうロマコメだった。
キリン

キリンの感想・評価

3.0
鼻持ちならない、お節介焼きで
世間知らずで、自分が金持ちで、美貌も
あると知っている、唯我独尊の、自分の力
ではなく裕福な貴族でいるお嬢様が
悪気なく(ソレが一番悪いけど)
好き勝手に動き、周囲をガチャガチャ
させる

まあ、非難するとしたらこんな感じかな
途中まではこんな感じでワチャワチャして
最後には自分も恋愛の渦中に巻き込まれ
目覚めていくという感じ

少女漫画チックで、捻りもなくて、非常に
わかり易い話し。少女漫画好きには良いかも

作品全般を通して、映像はキレイ
だったな〜

そして何よりも、グウィネス・パルトロウが
キレイ
ま、グウィネス・パルトロウ目当てで
観た作品だから大分感想も偏ってるけどw
好きすぎてDVDまで買った映画
少女漫画好きにはたまらない。
初めてジェーンオースティンという名を知り、他の作品も観るきっかけとなった。
身分違いの友達、ハリエットの結婚のキューピット役になろうと過剰なお節介、気遣いをしてしまう、イギリス貴族エマの話。

ハリエットが素直で優しくて、こんな友達に幸せになってもらいたい!!と切に願い、当時の女性の幸せの最高峰、上流貴族との結婚を仲介するエマは、悪意なく無自覚に性格が悪いので、たちが悪い。そしてハリエットもお人好しで自分が流されていることに気づかない…。

これは男性キャラクターが出来過ぎているためにハッピーに収まったが、現実だとこんな上手くいかないだろう。めっちゃ怖い。エマは世間知らずで、人の心は意のままに操れると信じていた短所があり、ハリエットは自分の意思で決められず、人に相談をしすぎる短所があった。
若さゆえの未熟さで、2人とも段々と成長していくところが良い。

活発すぎるが故に性格が悪く見える、女性の成長物語として楽しめます。

グウィネス・パウトローは、若々しさと上品さと賢さが見事にエマそのままで、映画の世界観にすんなり入ることが出来た。
ちょっと可哀想かわいいハリエットはなんと、トニ・コレットだった!普通に美人な女の人だと思っていたけど、ヘレディタリーのお母さんと同一人物とは思わなんだ…。
考え中

考え中の感想・評価

3.4
どんな衣装着せても映えるモデル体型グウィネス
イギリス英語の成り切り度ダントツで上手い
そういうのを見るだけで楽しめる
oh dear
s

sの感想・評価

3.2
🎨前半は登場人物と彼らの関係性を把握するのが大変だった。頭をストーリーに追いつかせることに必死
🎨主人公・エマより友人・ハリエットを応援してた。可哀想で可哀想で仕方なかったけれど、最後は良い人と復縁できて嬉しかった
🎨兄でもあり友人でもある、そんな恋人憧れますね
2021年100作目

あのトニコレットが。

アニャ版エマの予習で鑑賞。
可愛らしい映画でした。
時代背景も考慮されつつも、
そこまで堅苦しくない恋愛コメディです。

結構主人公がお節介なので、
観ていると自然に主人公より、
脇役のトニコレット演じるハリエットを
応援してしまうと思います。

ただ私のイメージする
トニコレットとは全く違いました。
垢抜ける前の雰囲気というか、
ヘレディタリーで叫んでいたのが、
嘘のようなキャラクターでした。(笑)
正直ミスマッチな配役かと。

お目当てのユアンマクレガーは、
途中から満を持しての登場も
存在感はイマイチ。

中盤以降は退屈な時間が流れ、
まぁそうだろうなという展開からの、
最後はみんな幸せハッピーエンド。

リメイク版では主人公がアニャ、
トニコレットの役にミアゴスなので、
リメイクの方がキャラクターからして
配役がマッチしてるなと思います。

リメイクに期待です。
グウィネス・パルトロウが只々めちゃめちゃ可愛い夢のような映画◎
>|

あなたにおすすめの記事