Emma エマの作品情報・感想・評価

「Emma エマ」に投稿された感想・評価

Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.0
大学の先生や友達の影響で知ったお話。

まさかのジェーンオースティン原作。

彼女が生涯描いた作品の中で一番高い階級で描かれたヒロイン。

もちろんラブストーリーで、ヒロインを取り巻く人々がたくさん出て来て賑やかで楽しかったり当時の社交がとんなか分かりやすい。

今みたいに人と関わり会わないでSNSでなんでもできる時代から見れば本当に興味深い。
まめ

まめの感想・評価

3.5
2度目の鑑賞
グウィネスって若い頃はこんなに可愛くてキレイだったんだな~😌✨

この時代の人は今と比べて文明は発展してないけど、毎日すごく楽しそう👍
男の人も仕事ってしてなかったのかな?

1番ワガママなのはエマだよね😓
振り回されてたハリエットw
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
ジェーン・オースティンははるか昔に「高慢と偏見」を読んだだけなんですが、あのイメージのまんまでした。結婚することが人生の最大の目的である良家の娘さんたちの、くっついた、離れたの話。見事に「生活の匂いのしない人たち」しか出てこないところがすごい。地上1cmだけ宙に浮いてるファンタジー、まさしく「浮世離れ」です。
yoko

yokoの感想・評価

3.5
オースティン作品はpride and prejudice に続き2作目でした。やはり女性の人生は結婚が決める時代なのかなあという感じの、相手選びに生きる女性たちの話。(pride~は母親が娘たちの相手選びをお節介する話だったと記憶していますが、本作は母親は登場せず自分の意志で恋愛しているように思えた。主人公は友人のお節介焼いてますが。)

貴族である主人公の人間味溢れる言動も、すれ違いで視聴側がむずむずする局面も、俳優や美術含め画がきれいなのでほんとクリーンな心で観れますね。笑 終始かわいい〜!!!って思ってました。個人的には画の美しさって大事なポイント。

最後はよかったねってふふっと終われる作品。いいですね!
ナガセ

ナガセの感想・評価

3.3
2018.9.21

世話好きかと思いきや、自分の思い通りにいかないとイライラする自己中心的なお嬢さん。エマのお節介ぶりには観ている側も、イライラしてしまう。

だが、本気で善意の行為だと思っているのが厄介。でも人生振り返ると、エマみたいな事をする子ってどちらかというと、ヒロインタイプではない子というか。ブサメンのキャラがやりそう。対してエマは、超美人さん。何かの嫌みでしょうか。「私は余裕ですから!」って聞こえてくるような。

“可愛いは正義”。この作品のメッセージではないだろうが、人によっては不愉快に感じてしまうかも。

クヴィネス・パルトローの美貌、「トレインスポッティング」でおなじみ、ユアン・マクレガーを観たい人にはオススメ。演者の演技力は申し分ないと思います。
犬

犬の感想・評価

3.5
花びら

イングランドの片田舎を舞台に、恋のキューピットを任ずるお嬢様が巻き起こす、恋の騒動を描いた人間喜劇

世界中で親しまれてる理由が分かりました

演劇を見ているよう

音楽の雰囲気が素晴らしい
キラキラしてました

恋の行方も見どころ
見応え十分です

そして、俳優陣の演技が良い
オースティン物は嫌いじゃないけれど、この作品だけは「恋愛も慈善活動も、所詮金持ちの暇つぶし」的な悪意のない(からこそ食えない)鈍感さがぷんぷんしていてどうも苦手。エマの成長物語というより、ハリエットの受難物語だな。
shiori

shioriの感想・評価

1.5
この映画見て、 グウィネス熱がちょっと冷めた。 なんかねー服とかはかわいいんだけど、 あまりに自己中な役過ぎて 気に入らなかった。
冷静に考えるとエマは相当ウザイ女なのだが、「可愛いは正義」で許せてしまう。
久しぶりの恋愛モノ♫

ちょっぴりお節介で独りよがりな恋のキューピッドが、自分の恋を成就させるまでを描く。。。

エマ演じるグウィネスのキュートなことと言ったら。。。❤︎
高慢ちきで世間知らずなお嬢様でも嫌味なく演じています

恋で切なくなったり、苦しくなったり。。。久しぶりに そんな気持ちを思い出させてもらいました
>|