Emma エマの作品情報・感想・評価

「Emma エマ」に投稿された感想・評価

saho

sahoの感想・評価

3.0
"Maybe it is our imperfections which make us so perfect for one another"

いかにもジェーン・オースティンらしいイギリス上級階級の世界。
私はあまり面白いとは思わなかったから、グウィネスの透明感だけを楽しませてもらいました。
エマが無理!っていう人もいるけど、私はエマよりエマの言いなりで振りまわされまくりのハリエットにイライラ(笑)

最後のナイトリーの告白にはぐっときた!

60本目 / 2018
山猫舎

山猫舎の感想・評価

4.2
キュートで、原作よりもちょっとゴージャスなエマ。
衣装や美術も素晴らしい。
豪華なピクニックの場面なども見どころ。
rosa

rosaの感想・評価

3.6
ジェーンオースティン原作ならではのイギリス上流階級の娘のお話。
身近な人への恋心に気づいた瞬間って、戸惑いもあるし、今の関係から踏み出すのに勇気がいるけど、それを乗り越えたらお互いのことをよく知ってる分、とても幸せになること間違いないと思うんだけど、どうなのかしら。
ずう

ずうの感想・評価

3.8
印象派の画家が好んで描きそうな、素敵な風景が多く美しい映画でした。

主演のエマは不器用で些か自信過剰、だけどどこか憎めない女の子。

グウィネス・パルトローがとてもよい塩梅で演じてくれていました。
細い首筋と華奢な肩幅が、当時の衣装の魅力を一層引き立ててくれていたように感じます。
ときめきすぎて死ぬかと思った。ジェーン・オースティン作品は至高。
クラシックで良い!

ハリエットはエマに振り回されてかわいそう。だけどエマかわいい
nagisa

nagisaの感想・評価

2.8
グウィネスが初々しく、キュート。
ジェーン・オースティン映画の中では小品かな?
グウィネスのキャラそのままっぽい気がする、なんて思いながら観た。
tarupon

taruponの感想・評価

3.3
ジェイン・オースティン好きとしては、悪くはなかったが、無難にまとめたなという印象。映画とドラマは尺も違うしを比べるのは酷と分かっていても、2009年制作のBBCのドラマ版の方が、きちんとエピソードを描いていて好き。グウィネス・バルトローのエマは可愛いしイメージにも合うが、そもそものハリエットとの関係性とか、ジェインやフランクとのやりとりがはしょられている分、単に思い込みが激しく世話好きな女の子が自分の心に気づく物語(まぁ、原作も簡単にまとめればそうなんだけど)になっていて、奥行きが見えない気がする。まぁ、それはそれで、小品としては楽しめるから、この時間内でのまとめ方としてはアリと思ってはいるのですが。
ナイトリーは、ドラマ版よりこっちの方が好みです!
かしま

かしまの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

さいっこう
グウィネスパルトローの顔の造形が美しすぎてガン見してしまう……
ドレスが全部可愛い、髪型も
全員幸せになるから本当に最高
あや

あやの感想・評価

-
はぁ〜〜〜〜好き。大好き。
個人的に、映画のラブストーリーは18〜19世紀の英国を舞台にしたものの右に出るものはないと思っていて(笑)、時々無性に観たくなります。ラブロマンス映画で一番好きなのは、同じくジェーンオースティン原作の『プライドと偏見』です。

この時代の、古風さ、品の良さ、うっとりするほど素敵な衣装や建物、小物や備品、綺麗な言葉使い、互いに推し量りながらの(だからその分思わぬ誤解が生じてしまう)会話のもどかしさ、抑えるがゆえに返って熱量をもつ恋愛感情、静かで美しいと佇まい、どうにもこうにもやっぱり憧れてしまうダンスシーン、全てが好き!

あと、やっぱりめちゃくちゃ魅力的だ〜〜グウィネス・パルトロー。美しくて、上品で、ちょっとこじらせ気味だけれど心根の優しいエマが、最高にチャーミングでした。彼女の美しさを堪能できるだけで満たされる…!
ナイトリー氏は、なぜか『プライドと偏見』…もとい『高慢と偏見』のダーシー氏を思い出しました。ハァ、だめだ、めちゃくちゃ素敵やわ…。英国紳士最高やわ…。

本作も、いつか絶対原作を読むぞ〜。
あとやっぱり、ラブロマンスで18〜19世紀の英国を舞台にしたものの右に出るものはないわ……(確信)
>|