転々の作品情報・感想・評価・動画配信

転々2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.8

「転々」に投稿された感想・評価

素敵な話と三木監督が出会ってバランス絶妙な良い作品に。
東京って面白いよね。撮影された時期の東京がしっかり記録されてる映像作品。
そんで突然の三日月君!

観終わって、なんか寂しくなっちゃうなぁ。
cw

cwの感想・評価

-
オダギリジョーだなぁ。
小泉今日子も吉高由里子もかわいいなぁ。
mick

mickの感想・評価

4.0
"大学8年の秋、おれは三色の歯磨きを買えば この最悪の状況から逃れられる気がしていた。"

この意味のわからない最初のひとことから既にこの映画に惹かれていた、

途中、時効警察のメンバーだしノリが一緒や〜んって調べたら同じ監督だった。全てに納得。
このゆっる〜いテンポ感、程よく笑える感じ、たまに本当になにそれ!?ってつっこみたくなる感じ とても好きだ〜〜 登場人物全てが愛しい

時効警察は刑事の話だから、最後はちゃんと事件を解決する。でも、これはなにも解決しない。それが逆に良さ。だって、二人は"他人"。他人同士が一緒に散歩して、別れただけ。それ以上でも以下でもない、福原は最後に携帯も捨て、連絡手段はない。この二人はもう会うことはないだろう。と、わたしは思う。福原が何も言わなかったら、仕事を辞めた原因も、借金をチャラにした理由も、あまつさえ100万円をくれた理由も、何もわからない。

現実ってこういう、突き詰めたら実は繋がっていたってことがわかるときと、わからないときがあって きっと後者の方が多い。そんな話だった。でも好きだ、このラストは賛否分かれるだろうけど。

東京の街は、一つ道を入れば景色がガラッと変わる。すごいわかる、わたしも散歩したくなった。
Maho

Mahoの感想・評価

4.0
結局こういう映画が一番好き。なんてことないけれどなんか笑っちゃう人間の面白さが詰まっている。吉高由里子のアホっぽい役好き。雰囲気がとても良かった。
mayon

mayonの感想・評価

4.5
「時効警察」の三木聡監督作品。

前半のスルーしがちな何気ない出来事も
後半からつながっていて笑えたり
殺人事件と思えるサスペンス要素があったり
突然奇天烈な疑似家族の風景が展開されたり
内容はぐちゃぐちゃで盛りだくさんなのに
全体的にゆる〜くまとまっていて心が温まる。
彼の作品は独特の雰囲気があって大好きです。
ささき

ささきの感想・評価

3.5
ゆるゆるお散歩映画。
東京に住んでいた時の記憶が、沸々と湧き上がってくる。
吉高由里子の骨頂を観た気がする。笑
雰囲気好きー

クスッと笑えるけれど
どこか哀愁漂う切ない空気感。
「東京は景色が富んでるから散歩に向いてるんだよ」
ほんとそうだよねって思います。

押し付けないのがいい。
ずっとマークだけしてたやつをやっと借りました。
オダギリジョーさんが好きでそれだけでも十分だったけれど、素敵な映画でした。
すごくゆるいヤクザみたいな三浦友和さんもテンション高い吉高由里子さんもキャラクターがとても良くてすぐ物語に引き込まれてしまいました。

時効警察の出演者もいい味だしながら出てくるのでそこも見どころのひとつかなと思います。

やっぱりグッとくるのはカレーライス食べるとこで、家族でもなければ深い付き合いでもない他人の集まりなのにあの瞬間は家族だって思える空気を作った演者のみなさんもお話もすごいと思います。あと、実は若返りたいおばあちゃんも可愛くて好きだわぁ。

突拍子もない始まりでクスリと笑えるのになぜかホロリとしてしまう。。邦画ならではのあたたかさに包まれるそんな映画です。
もっと観ていたいと思える映画。

三木聡監督作品は割とB級路線のイメージがあるんだけど、本作品は心温まるほっこりムービーでした。最初はどうなるんだろうと思ったんだけど、割とすぐに世界観にも馴れますし…笑

オダギリジョーは本当に何気ない演技が上手いですよね。キョンキョンのお母さん感も最高でした。きったかみたいな娘が欲しいなぁとも思ってしまった笑。三浦友和ってあんな可愛いおじさん役出来るんだってのが正直な感想。役者さんは割と豪華で邦画あんまり観ない私でも知ってる人ばっかでした。

借金返済の当てがない竹下文哉は、借金取りに「自分の散歩に付き合ってくれたら、借金をチャラにしてもいい」と持ちかけられる。他に方法もない彼はそれを受け入れ、二人の東京散歩がはじまるのだが…。

ぜひぜひ
>|