ヴァージンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヴァージン」に投稿された感想・評価

10代、20代、30代の女性が処女を喪失する様を描いたオムニバス作品。
想像以上にただのポルノ映画で、3つともクソつまらんかった。
強いて言えば一つ目の今泉監督のやつが1番マシだったけど、それは10代の爽やかさがあったから見れただけであって、クソつまらんかった。
二つ目はとにかく女性に対する扱い方が不快、ブス役が言うほどブスじゃなかったけど、クソつまらんかった。
三つ目は今人気の俳優が出ているが、もう何もかもがクソつまらんかった。
マジでクソつまらんかった。
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

4.0
ガラスが割れる音、櫛で髪を梳く音好き

でも1作品目が1番良かったな〜
hiruma

hirumaの感想・評価

-
ブスとか人を卑下したり、女の体をモノのように触ったり、2作目めっちゃ気悪かった。
花に綺麗と声をかけながら育つように、人間もカワイイ・カッコイイ・美しいと言われてさらに綺麗に育つと思うし、人の体に簡単に触れることも許せねえ〜
上司?みたいな男性クズ男すぎる。

間宮祥太朗と柳俊太郎わかい
そしてこれまた最低だ、、。
とりお

とりおの感想・評価

3.3
1作目は
女の子が嬉しいって泣いてしまったのが可愛くて
2作目の
ちょっと待ってってネタ帳に書くの面白かったw
3作目は
お互いの捉え方の違いが違いすぎて
切なかったなあ

44
なんか想像していたのと違っていた笑
一話目は良かったけど三話目がマジ気持ち悪いw
nuuu

nuuuの感想・評価

4.7
ふかくこの性を愛すべしを観た。
痛々しくて苦しかった。映像は全体的に暗くて、怠惰な日常の中にあるセックスがリアルだった。30代処女のおばさんにとってのロストヴァージンは重さがあるが、それに応えた男子高生にとっては好奇心や数ある性欲処理の一つでしかないというギャップがすごく切ない。そのことに気づいているおばさんが壊れるシーンは何か分かる気がした。柳俊太郎の鋭く冷たい目や色気がもうすごい。
a

aの感想・評価

-
今泉監督に引き寄せられてみた。
二本目始まった瞬間からやめようとしたけど頑張って最後までみました。
一本目のみ。田村健太郎さんが気になって見ました。今泉さんの安心感。
ha

haの感想・評価

2.9
1作目。初々しくて可愛かった。あるあるだなあ。行為前のあの時間、いい!お互いが分かってる感じ。お父さんとお母さんに初体験の話聞けるのは凄い(笑)斬新。と思ったら今泉さんでした〜好きだ

2作目。演技がわざとらしかったし、全然ぶすじゃないじゃんと思ってなかなか入っていけなかった、というか、ぶすいじりがあんま好きじゃない。

3作目。フェチ並に音が好きなんですけど、なんか心地良すぎて眠くなってしまった、でも結構好きです。柳くんと間宮くん出てきてびっくりした。未体験ゾーン。
miu

miuの感想・評価

-
止めないとシーツ飛んでいっちゃうよ
3作目のだれよりもふかくこの性を愛せは耐えられなくて見ていられなかったのに最後はちゃんと見ていた。誰とも本当の意味で心を交わせない人間の性。叩き割る粉々のガラスも叫びも、すべて砕けていくみたいだった。

あなたにおすすめの記事