大脱走の作品情報・感想・評価

「大脱走」に投稿された感想・評価

レビュー100本目は、日本映画「七人の侍」だったんで、200本目はアメリカ映画で。

リアルタイムで観たわけではないですが、子供の頃から何度も観た映画。劇場は1回だけですが、映画が好きになるきっかけの一作であることは間違いないです。
今回、久しぶりにDVDで観ました。さすがに昔のようには熱中できなかったですが、やはり面白かった。一級の娯楽映画です。

脱走や脱獄というと、目立ってはいけないので、静かに黙々と、というのが普通ですが、この映画は相反して派手だし、前半は収容所だということを忘れるくらい明るいです。収容所内なのにいろんなもの調達したり、あり得ないという突っ込みは置いておいて、これは、ある種のチームスポーツのよう。いろんな個性の人々が、それぞれの得意を生かし、協力して巨大な敵に挑戦する。このあたりは「七人の侍」にも通じます。
それでいて、しっかり戦争映画にもなってます。一応、実話にもとづくそうですが、かなり娯楽よりとは思います。
それにしても、250人もの脱走計画とは!計画のプロセスでも、見つかってり、落盤があったり、計画に足りなかったりと、それぞれでサスペンスになってて飽きません。
脱走してからも、それぞれの人々の逃げ方が様々で、最高に面白いです。

マックイーンのカッコよさは言うまでもありませんが、ジェームズ・コバーンの飄々とした感じが好きでした。チャールズ・ブロンソンも含めた「荒野の七人」組が、ここでも活躍してます。
一方、リーダー役のリチャード・アッテンボローやドナルド・プレザンスは、ちょっと可哀想で、このあたりは戦争の無情感も出てました。

監督はジョン・スタージェス。「荒野の七人」も監督してますが、こちらの方が断然面白い。

アニメや怪獣以外の映画を見始めた頃は、アメリカ映画一辺倒だったので、この作品は、やはり、私にとっては映画の原点であり、「娯楽映画の缶詰」なんです。
マックィーンの出番は少ないけど、あのスウェットとチノの格好は誰もが真似したくなる。
①2011/2/11 (金)
午前10時の映画祭
はる

はるの感想・評価

4.0
BS ジャパン
ひろし

ひろしの感想・評価

4.0
いろんな脱走映画の中でやっぱり一番です
チェケ

チェケの感想・評価

5.0
アッテンボローたちの悲しき末路で観客は絶望に突き落とされるが再び監獄に戻るマックイーンの壁打ち音に希望を取り戻す。彼はきっと再び立ち上がる。
kou

kouの感想・評価

-
壁あてが印象的
アメリカ感でるよね

このレビューはネタバレを含みます

もう少し、
あともうちょっと!

って何回も
あぁ!!!!ってなった(笑)

音楽がめっちゃくちゃ
テンション上げてくれるww

バイクで爆速するとこ、
ほんまに頑張れ!
あとちょっと。ってなった。ww

これぞ大脱走。(笑)
【親父が何十回も観た】シリーズ。

父親はかなりの映画好きで、観きれないだろう量を録画している日常だ。
僕も好きなので、よく親父から映画を勧められる。
勧められたのをただ観るだけでは能がないので、きっと好であろう映画にこちらから食いついて、「観たよ!」と肴にしてしまおうという魂胆だ。

案の定、この映画の話をすれば、お互いにかなり酒がすすんだ。

詳細は省くが、男として産まれるならば、観なければならない映画だ。
奇しくも集まったプロフェッショナル達が、心身を擦り減らし、極限に立ち向かう。
「捕虜の任務は、脱走による撹乱」
という大義名分の中で、各々尽力し、その先にある矜持を咲かせ、散らす。

世はいつも理不尽であろう。
男の生き様、とは。
>|