大脱走の作品情報・感想・評価

「大脱走」に投稿された感想・評価

レビュー100本目は、日本映画「七人の侍」だったんで、200本目はアメリカ映画で。

リアルタイムで観たわけではないですが、子供の頃から何度も観た映画。劇場は1回だけですが、映画が好きになるきっかけの一作であることは間違いないです。
今回、久しぶりにDVDで観ました。さすがに昔のようには熱中できなかったですが、やはり面白かった。一級の娯楽映画です。

脱走や脱獄というと、目立ってはいけないので、静かに黙々と、というのが普通ですが、この映画は相反して派手だし、前半は収容所だということを忘れるくらい明るいです。収容所内なのにいろんなもの調達したり、あり得ないという突っ込みは置いておいて、これは、ある種のチームスポーツのよう。いろんな個性の人々が、それぞれの得意を生かし、協力して巨大な敵に挑戦する。このあたりは「七人の侍」にも通じます。
それでいて、しっかり戦争映画にもなってます。一応、実話にもとづくそうですが、かなり娯楽よりとは思います。
それにしても、250人もの脱走計画とは!計画のプロセスでも、見つかってり、落盤があったり、計画に足りなかったりと、それぞれでサスペンスになってて飽きません。
脱走してからも、それぞれの人々の逃げ方が様々で、最高に面白いです。

マックイーンのカッコよさは言うまでもありませんが、ジェームズ・コバーンの飄々とした感じが好きでした。チャールズ・ブロンソンも含めた「荒野の七人」組が、ここでも活躍してます。
一方、リーダー役のリチャード・アッテンボローやドナルド・プレザンスは、ちょっと可哀想で、このあたりは戦争の無情感も出てました。

監督はジョン・スタージェス。「荒野の七人」も監督してますが、こちらの方が断然面白い。

アニメや怪獣以外の映画を見始めた頃は、アメリカ映画一辺倒だったので、この作品は、やはり、私にとっては映画の原点であり、「娯楽映画の缶詰」なんです。
鑑賞回数:1
物語:★★★★☆ 4.0
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★★☆ 4.0
映像:★★★★☆ 4.0
音楽:★★★★☆ 4.0
再見:★★★☆☆ 3.0

第二次大戦時、ドイツの収容所での史実を元に作られた映画
誰でも一度は聴いた事のある音楽から始まる大脱走劇
緻密に考えられた計画を、全員が役割を持って工夫しながら進めていく様が面白い
55年も前の作品なのが信じられない完成度の高さ
20世紀少年で知った映画。
面白かった。
テツ

テツの感想・評価

5.0
どれだけ時間が経っても色あせない名画
大団円とは程遠いけど、希望を持ち続けるのがいい。
ホ

ホの感想・評価

4.5
小学生のときに見た映画だけど、いつまでも忘れない作品
大好き。戦争なのにポップ。
なんどもみてます。
大葉

大葉の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽がめっちゃ有名で凄くいい!!
音楽のおかげで凄く陰鬱としてないのがいい!!

ベッド壊れたのかわいそうww
本当に実話なんだ!?
すごいなぁ・・!

うわぁお!うわぁお!ゔわ゛ぁ゛お゛!!

脱出できたけど・・・!
昔ってこんなに厳しかったんだなあ・・・。
だれだってしたくて戦争してるわけじゃないんだよね・・・。

面白かったけどながい!!
長かった!!!
みっき

みっきの感想・評価

4.5
ちょっと長くて疲れたけど面白い映画でした!戦争映画苦手な私にとっては緊張感もちょうど良くて、銃殺シーンとかも耐えられる程度でした。

自分の命のことを考えれば、脱走して街に出て残虐なゲシュタポに捕まって殺されるよりも、管轄の違う空軍による統括のもと収容所暮らしした方がよっぽど安全だと思ってしまうのは、私が平和ボケしてるからなのかな?笑
まあ彼らの脱走目的は人命じゃなくて後方かく乱(敵軍の兵力を自分たちに向けること)だから、どこまでも軍人魂が入ってるんだなあと思いました。

誰もが絶対に一度は聞いたことのあるあのマーチに乗せて、トンネルを掘ったりユニークなジョークを織り交ぜた会話をしたりと何回もクスリと笑ってしまう展開がありました。

第二次大戦中のドイツの捕虜収容所、という一見シリアスそうな舞台なのに最後スティーブ・マックイーンが独房に入るまで、最後の最後まで笑わせてくれました。

76名中50人が殺されてしまうというバッドエンドな最後はノンフィクションならではかな。と。
>|