ちょんまげぷりんの作品情報・感想・評価

『ちょんまげぷりん』に投稿された感想・評価

良かった。
ヘンテコなタイトルが目について「まぁいいや今日はこれにするか」ってノリで観始めたんだけど、ラブ溢れるハッピーないい作品だった。

喧嘩?の場面で、安兵衛は筋の通ったことを落ち着いて淡々と話すのに対して、ひろ子が自分の感情に脳を支配されて昂ぶって言葉が止まらなくなっていたのが「うわぁ〜男女だ〜違う生き物だ〜」って感じだった。勉強になった。

キングオブコメディ今野がいい味出してる(笑)
ともさかりえはかわいい。
わたしも将来はお侍さんになりたい。
思い出したので記録。
気楽にみれてフフっと笑える良い作品です。
あとお菓子美味しそう🤤
96

96の感想・評価

-
高校生の頃の学校帰り映画館でみんなで観た。

私だけ泣いてた。あの頃はどんな映画観ても、涙流せたと思う。
「年や身分なぞは関係なきでござるぞ」
「33でござるか!」

江戸時代からタイムスリップしてやってきた割には順応性が高すぎる。それが侍の特性なのか。
無駄なシーン無くテンポ良く進むので息抜きがてら観れる映画。
タイトルまんまの印象。
意外と面白かった。
kobadog2

kobadog2の感想・評価

3.5
いい映画。
コンテストでトモヤ殿の失敗をリカバーするシーンに持ってかれました。
ちょんまげぷりん 日本人に連綿と繫がる美意識 想い カッコよさなどが詰まっている作品… 男らしさとは? 社会性とは? 世に立つには? 主人公の振る舞いに感銘を受けた。 今の自分自身に グサッと刺さる内容 最高でした!
「一生に一度でいいからお役目に就いてみたかったのでござる」
公開時はリーマンショックからまだ2年しかたっておらずロストゼネレーションにも染みる台詞。コメディの設定と演出、シリアスな内容の塩梅が丁度いい。

ともかく、ともさかりえのシングルマザーはしっくりくるのである。
錦戸侍もストーリー展開もほぼ想像通り。
面白い部分もあったのですが、中村監督作品ということで期待値が上がりすぎていたみたいです。

とにかく、ともさかさん演じたヒロインの言動が苦手でした。それが全体的に響いてしまい期待はずれ感が否めなかったです。シングルマザーの彼女は家事と仕事の両立を必死に頑張りつつ、愛情たっぷりに息子を育てる良い母親なんですけど。たとえば、「あんたなんかいらない」って、夫でも彼氏でもない人に言っちゃうところが引っ掛かりました。

「子供が悪さをしたら怒るのは当然でござろう」ハンバーガーショップで安兵衛さんが子供を叱るシーンは良かったです。
子供の躾けは親の務め。
どんなに面倒でも疲れていてもね。
2016/4/10
この映画見たときあたり、錦戸亮めちゃくちゃ好きだった。武士似合いすぎやろ!と思った。男の子が福くんだったんだ、っていうのは後から知った。
この映画を見たあと原作も読んだ。本は1と2があって、2には映画にはないその後が描かれ出るんだけど、今度は成長した息子が江戸に…っていうエモい話。

*過去鑑賞記録
ひと

ひとの感想・評価

3.8
ハートフルコメディ映画。
親子愛にジーンときた。
現代を生きる働く女性の大変さ、日本の社会問題も垣間見えるところがあった。
お菓子作りしたくなった。
美味しいプリン食べたくなった。
福くんがとっても可愛かった。
>|

あなたにおすすめの記事