ちょんまげぷりんの作品情報・感想・評価

ちょんまげぷりん2010年製作の映画)

上映日:2010年07月31日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.4
みんなの反応
  • ほっこりあたたかい気持ちになれる映画
  • しつけや親子の本当の愛が描かれている
  • 錦戸くんの侍姿が良かった
  • お侍さんが家事のイロハを昔言葉で説明するところが面白い
  • タイムスリップものは違う時代の価値観や姿勢に触れられて発見もありいい
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『ちょんまげぷりん』に投稿された感想・評価

錦戸くんの侍の演技が凄い。所作が丁寧で、本当にタイムスリップして来たような感じだった。子役の福くんも等身大の幼稚園児を演じていて良かった。内容も面白かったので高評価!

↓のレビューは、以前のアカウントにて投稿したレビューになります。

☆☆☆★★

※ 鑑賞直後のメモから

昔も今も生きて行くのは辛いもの…って言う最後はなかなか良かった。
尤も、そこに至るまでの展…

>>続きを読む
むんむ

むんむの感想・評価

3.0
この映画の存在を今の今まで忘れてた。たまたま検索してたら見つけた。
昔ミニシアターでボランティアスタッフしていた時に、タダだからという理由だけで観た作品。

実践をがんがんやらしてそれを映すのみとは実にひと昔前のフランス映画のようだな。『大奥』が二宮和也の背が低いことを必然に昇華できた唯一の日本映画であるとすれば、これもまた「背は低いのに腕は長い(足は長…

>>続きを読む

母子家庭(ともさかりえ 、鈴木福)の一家に、江戸時代の侍(錦戸亮 )がタイムスリップして転がり込む。
時代ギャップやカルチャーギャップで笑いを取りながら、現代の働く女性の課題を抉っていく。
昔も今も…

>>続きを読む

江戸時代の侍がタイムスリップして現代へやって来る。
居候させてもらった母子家庭に恩返しとばかりにデザート作りに励むが、いつのまにかパティシエの道を歩んでいく。

設定としては相当に古く、タイムスリッ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

錦戸さんの所作と殺陣が良かったです!江戸と現代、男女の考え方のズレ。面白く温かみあるストーリーに考えさせられるところもあり面白かったです。原作は2まで出ていて、続きのストーリーも映画化して欲しいです!
Wao

Waoの感想・評価

3.5
破天荒な物語ほど、芯を食ったような絶妙な感動がある。
感動の度合いが大きくはなくても染みる。
SUDACHI

SUDACHIの感想・評価

3.7
途中まで良かったのに、間延び甚だしい(ノ_<) オチは素晴らしい。

《料理の映画》、Vol.2。

これ、結構好き。
思いのほか錦戸亮がこのキャラにハマってる。
鈴木福の舌足らずで子役演技が冴え渡る。

不躾な現代育ちのヤンチャ坊主とシングルマザー。
家事にも仕事に…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事