蜩ノ記の作品情報・感想・評価

蜩ノ記2013年製作の映画)

上映日:2014年10月04日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.5

あらすじ

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉…

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉田晴登)と生活をともにし始める。 切腹という過酷な運命が待っているにもかかわらず、一日一日を大切に、淡々と家譜づくりに勤しむ秋谷。夫に深い愛情と信頼を寄せ、家族に尽くしながら穏やかに日々を過ごす、妻の織江。そんな両親の背中を見ながら、必死に強い心で生きようとする薫と郁太郎。 秋谷の揺るぎない姿、それを支える家族の姿に感銘を受けた庄三郎は、秋谷が切腹に追い込まれた事件に疑問を抱き、彼を救うべく、真相を探り始める。 やがて庄三郎は、事件の真実を暴き藩政を揺るがす、重大な文書を入手する。 果たして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命とは…。

「蜩ノ記」に投稿された感想・評価

静けさの中で熱い。
そういうのってイチバンかっちょいい。
sam

samの感想・評価

3.3
静けさが良かった。
時代劇はワクワクする。
さわで

さわでの感想・評価

3.5
原作から。
堀北真希がかわいいやつでした
erika

erikaの感想・評価

3.3
原作既読です。
役所広司も岡田准一もかっこよすぎ笑笑
ただ、映像が好きではない笑笑
原作の風景描写が素晴らしすぎて、今回の映画は、原作を読んだときの私の想像力をこえられなかったな。爆笑
説明少なくて、良くわからないところもあったしなぁ……。
甲状腺

甲状腺の感想・評価

3.0
基本的に静かなのに物足りなさはなかった、、!

武士の美徳??みたいなものが表現されててかっよこかった

いい話、、
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
my映画館2014#78> 後ろ姿、久しぶりにとてもそれが印象に残り、ラストの背中にいろいろと想いを馳せ…実にいい余韻の時代劇に仕上げてくれた小泉堯史監督に拍手。
で、この作品も多くを語ると台無しになってしまう気がするので控えますが、ほぼ殺陣のない極めて静なるタッチで生を見事に紡ぎ出してみせます…死を自分の物として、為すべきことを淡々と為して、多くの愛を伝えて行く、その凛とした美しさを随所に見ることに尽きます。
ロケ地には遠野市も選ばれてます…確かに蜩の鳴く声が美しい地でもあります。
POCHI

POCHIの感想・評価

3.1
いい話なのか切ない話なのか。
役所広司演じる戸田秋谷の人柄に惹かれました。
立派な侍=戸田(役所広司)に理不尽な話。

映画を観ていくと判るのだが、殿の側室(寺島しのぶ)と不義密通を図ったかどで10年後に切腹の沙汰。

この物語は、あと3年で切腹となる戸田殿の元に、「戸田が逃亡するようなものなら即斬れ!」と見張り役の命を受けた壇野(岡田准一)が、真実を追求していく。

綺麗な四季、自然の風景の中で描かれるミステリー風のドラマが見事。

戸田殿は、『蜩ノ記』という日記、様々な人達の系譜を綴っている。
また、酒を村人に振舞っていた男の付き人たちがもめごとを起こした時に、岡田准一が喧嘩を止めに入るが、その喧嘩の止め方が黒澤明監督『赤ひげ』の三船敏郎の戦いシーンと似ている。

そして、感動の涙まで流させてくれる映画であり、真実を追求していく素晴らしいドラマであった。

<映倫No.119656>
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

1.5
・15/08/24:WOWOW【初鑑賞】

※第38回(2015年)日本アカデミー賞ノミネート作品 個人的ランキング
①小さいおうち
②永遠の0【★】
③ふしぎな岬の物語
④紙の月
⑤蜩ノ記
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.4
終始静かだけど
主人公の一貫した信念を感じる
蜩ノ記ってタイトルがとても良い
あと映像がとても綺麗

義を見てせざるは、勇なきなり
>|