蜩ノ記の作品情報・感想・評価

蜩ノ記2013年製作の映画)

上映日:2014年10月04日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.4

あらすじ

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉…

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉田晴登)と生活をともにし始める。 切腹という過酷な運命が待っているにもかかわらず、一日一日を大切に、淡々と家譜づくりに勤しむ秋谷。夫に深い愛情と信頼を寄せ、家族に尽くしながら穏やかに日々を過ごす、妻の織江。そんな両親の背中を見ながら、必死に強い心で生きようとする薫と郁太郎。 秋谷の揺るぎない姿、それを支える家族の姿に感銘を受けた庄三郎は、秋谷が切腹に追い込まれた事件に疑問を抱き、彼を救うべく、真相を探り始める。 やがて庄三郎は、事件の真実を暴き藩政を揺るがす、重大な文書を入手する。 果たして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命とは…。

「蜩ノ記」に投稿された感想・評価

2018.6.9
武士の命を賭けた奉公の話。ただ、良くも悪くも特に大きな出来事がなく、淡々と話が進み終わりました。
精神性を描いた映画はこれで良いのかもしれませんが、それについても真新しいものでもなく、もう少し違った作り方があっても良いかもしれません。
sakura

sakuraの感想・評価

3.0
公開中に見たなぁと今更ながら思い出した。一緒にいったお友達が隣で爆睡してて笑った記憶しかない。笑
可もなく不可もなく、つまらなくも面白くもない映画でした。
一日一日その日を大切に生きる。死ぬ日が決まっているからこそ、毎日、確かな手ごたえを感じながら生きる。自分は一日の終わりに確かな手ごたえを感じているか。自分にも最期の日があるはずなのに。戸田秋谷が守りたかったものは何か。藩か、自分か、武士道か、大殿への忠義か、自分の職務か、家族か、友情か。
「歴史とは鏡」自分は後世からどのように語られるのか。
自分に恥じない生き方。
立派な侍=戸田(役所広司)に理不尽な話。
映画を観ていくと判るのだが、殿の側室(寺島しのぶ)と不義密通を図ったかどで10年後に切腹の沙汰。この物語は、あと3年で切腹となる戸田殿の元に、「戸田が逃亡するようなものなら即斬れ!」と見張り役の命を受けた壇野(岡田准一)が、真実を追求していく。

綺麗な四季、自然の風景の中で描かれるミステリー風のドラマが見事。
戸田殿は、『蜩ノ記』という日記、様々な人達の系譜を綴っている。

また、酒を村人に振舞っていた男の付き人たちがもめごとを起こした時に、岡田准一が喧嘩を止めに入るが、その喧嘩の止め方が黒澤明監督『赤ひげ』の三船敏郎の戦いシーンと似ている。

そして、感動の涙まで流させてくれる映画であり、真実を追求していく素晴らしいドラマであった。

<映倫No.119656>
taka

takaの感想・評価

3.7
いい映画だったけどそれ以上に2万パクられたのがまじ萎えてるからー0.2ポイント
Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.0
切腹を命じられた侍の日々を描いた映画
役者陣がの演技がとてもよく、見慣れた役者のはずが初めてみるような、まさに役柄の人間なのではないのかと思えるくらい自然でした
木々や川、砂利の香りが伝わってくるようなそんな心落ち着く映画でした
poco

pocoの感想・評価

3.0
記録。

静かで美しい映画。
ちょっと難しくてついていけない所もあった。
げざん

げざんの感想・評価

3.0
たまーに見る時代劇もの。
死ぬときがわかっていたら、残りどうやって楽しむかな。
今持っているもの全て捨てて新しい人生始めてみたいよね。
最後に家族の愛をズーンと感じた。後ろ姿に武士の生き様いいっすね。
sou

souの感想・評価

3.5
藤沢周平イズムを継いだ時代劇作家葉室麟の代表作の映画化。
切腹を命じられ小さな村に幽閉された戸田秋谷とその見張りを命じられた奥右筆の檀野庄三郎の交流を描いた作品です。

堅実な作りで役者も風景も丁寧に撮られています。
後半の陽の撮り方は特に綺麗です。
淡々とした映画なので特に盛り上がりは無いですが終盤はむしろこの淡々とした感じが効いて良かったと思います。
同監督の博士の愛した数式みたいな静かながら味のある感覚です。
やはり長尺なのでもう少しアクセントあった方が良かったかなと思いました。
Gin

Ginの感想・評価

3.6
とても静かな、凛とした映画だった。淡々としてみえるかもしれないが、じっくり観終えることができた。
>|