蜩ノ記の作品情報・感想・評価

蜩ノ記2013年製作の映画)

上映日:2014年10月04日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「蜩ノ記」に投稿された感想・評価

美しい日本。日本人の心、季節、労働、武道、正義。「義見てせざるは勇なきなり」「古きを温めて新しきを知る」途中子供達に孔子の論語を教える秋谷。その実に質素で美しい振る舞いに心が癒された。岡田准一や堀北真希もとても美しくて、いい時代劇だなと思った。主人公がどこまでも義を貫き通す侍で、一点の曇りもないところが人間味が薄い気もするが、それでこその話だと思った。
Saki

Sakiの感想・評価

3.9
昔の言葉はやっぱり難しくて理解できない所も多々あったけど、
それでもよかった
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
ある事件を起こした罪で10年後の切腹と藩の歴史である家譜を完成させる事を命じられた戸田秋谷(役所広司)の切腹の日が3年後に迫り壇野庄三郎(岡田准一)が秋谷の監視役を命じられ秋谷の家族と共に生活をし始める話

切腹という過酷な運命が待っているにもかかわらず一日一日を大切に生きる姿そして武士として父親として男としての姿が格好良い

切腹を命じられた事件の真相が明らかになるが秋谷らしい

切腹に向かう日、妻と2人きりで話すシーンは感動した
小泉堯史監督作品。
戸田秋谷(役所広司)は前代未聞の罪を犯し10年後に切腹と、藩の歴史である家譜の編纂を命じられる。切腹が3年後に迫り、檀野庄三郎(岡田准一)は秋谷の監視役の命を受ける。切腹の日までの秋谷の家族と庄三郎の日々を描いた作品です。
時代劇映画ってあまり見ないのですが、これはとても見やすくてよかったと思います。決して派手ではないけれど、一日一日を生きるということを考えさせられる作品でした。
ニナ

ニナの感想・評価

-
岡田准一目的で観たけど良い映画。嘉納治五郎先生(;o;)堀北真希の美しさを再確認。女優復帰しないのかしら。
とし

としの感想・評価

3.3
2019年4月7日 #蜩ノ記 鑑賞
#葉室麟 の #直木賞 受賞作の映画化。主要キャストの #役所広司、#原田美枝子、#岡田准一、#堀北真希 4人ともみんな品がある。理不尽な世の中でも義に生きることを貫くのは素晴らしく美しい。でも難しいだろうな!
2019.4.7
WOWOW
役者の所作一つ一つが美しく、その底にある芯が感じられ、それに引っ張られるように最後まで観た。ストーリーにではなく。
イッサ

イッサの感想・評価

3.8
レビューしてる方が思ったより少なかったなぁ。

感想書くのが難しいなぁ。
切腹を命じられた武士がその約束の日を迎えるまで、を描いているんですが
心意気とか覚悟とか大層なものではなく、寿命を迎えるが如く自然な形でその日を受け入れている感じがした。

切腹を命じられた理由なども映画の中で明らかになるのだけれど、
正義の武士って感じです。
静かで穏やかな映画でした。
映画の雰囲気は邦画らしく、
時代劇らしく、よかったんですが
全体としてみるとイマイチだったかなぁ

という感じでした。
話はいいんですけどね。

一番感じたのは
全体を通して、テンポがよすぎるところ。

特に最初の
主人公が監視役を命じられるまでの件のところは
端折りすぎて、あっけにとられました。

邦画のいいところって、
独特の空気感というか、間の取り方だと思うんですが
この映画はそれがなくて、なんだか洋画のようでした。

登場人物の物わかりもよすぎて
普通ならもっともめそうなところも、すんなり話が進んでいくのも
残念。
そのせいでテンポがよくなっているのか、
テンポをよくするためにそうしているのかわかりませんが
邦画らしさのない邦画でした。

原作の話を詰め込もうとしすぎたんでしょうか
話自体はいいだけに、ちょっと残念でした。
Talk

Talkの感想・評価

-
岡田氏、役所氏、堀北氏、綺麗な背景音、景色。人間模様、好きな作品。
>|