蜩ノ記の作品情報・感想・評価

蜩ノ記2013年製作の映画)

上映日:2014年10月04日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.5

あらすじ

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉…

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。 檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉田晴登)と生活をともにし始める。 切腹という過酷な運命が待っているにもかかわらず、一日一日を大切に、淡々と家譜づくりに勤しむ秋谷。夫に深い愛情と信頼を寄せ、家族に尽くしながら穏やかに日々を過ごす、妻の織江。そんな両親の背中を見ながら、必死に強い心で生きようとする薫と郁太郎。 秋谷の揺るぎない姿、それを支える家族の姿に感銘を受けた庄三郎は、秋谷が切腹に追い込まれた事件に疑問を抱き、彼を救うべく、真相を探り始める。 やがて庄三郎は、事件の真実を暴き藩政を揺るがす、重大な文書を入手する。 果たして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命とは…。

「蜩ノ記」に投稿された感想・評価

ちなみ

ちなみの感想・評価

3.9
若干難しかったけどめちゃめちゃ泣いた
かっこよすぎた。漢ってこんなんやと思った。ただ映画館やと声がちっちゃくて何を喋ってるのか聞き取りづらいところもいっぱいあった
kossai

kossaiの感想・評価

3.5
ストーリー:B
キャスト:B
リピート:C

[採点ルール]
————————
A : 1.7
B+ : 1.5
B : 1.3
C+ : 1.1
C : 0.9
————————

<ストーリー>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<キャスト>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<リピート>
A=何度も見たい
B=もう一度見たい
C=もう見たくない
最後、去っていく後ろ姿に涙。
お家騒動の内容がいまいち整理できず・・・。原作読んでいると、より楽しめるのかな。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.0
何度目かの鑑賞。

静かで淡々と。
ゆっくり移りゆく四季、俳優陣の話し方や姿勢、所作が美しい。

最後は切なくも潔く出発する戸田秋谷、それを見送る家族に自然と涙が流れます。
姿勢を正したくなる作品。
shiori

shioriの感想・評価

2.7
なかなか入り込めなくて、わかりにくくて、2回目でようやく。なんで死ななきゃいけないの。役所さんはもちろん、少年たちがすごくよかったね。切ないね。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.9
出演者の皆様の所作が素晴らしく、静の内に侍の強さが見て取れるすばらしい作品でした。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
お家事情がよく理解できなかった。なので個人的には感情の盛り上がりにかけた作品になってしまった。役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子というキャストっていうのもなぁ…、あくが強い人がいないのもつまらない。。。ラストは哀しくも潔く爽やか。
Zaza

Zazaの感想・評価

3.8
言葉や登場人物の把握が難しく、一生懸命に見た。
10年という限られた時間の中で1日1日を大切に、やるべきことをやりながら淡々と生きる姿に、考え方させられた。
日々の暮らし、四季の風景が丁寧に描かれており、美しく愛おしさが伝わって来てよかった。
ロロ

ロロの感想・評価

3.4
今も武士道が生きてたとしたらどうなるのか。生きているのか。こういう生き方が好きです。もう少し自分に歴史に対する知識があって観たら面白いと思う。
Mako

Makoの感想・評価

3.0
時代劇に慣れてないので言葉を理解できない所が多々‥。

話は淡々と進みます。
最後はなんだかジーンと。

なんとも理不尽な時代なんだ。
>|