ウェンディ&ルーシーの作品情報・感想・評価・動画配信

『ウェンディ&ルーシー』に投稿された感想・評価

kaz

kazの感想・評価

3.9
こんなん延々と観ていられる系。🐕

心細くて不安に押しつぶされそうになりながらも、最後に少し笑顔を見ることができて良かったな。☺️(その後また悲しみがあったけど…😓)
とにかくミッシェルウィリアムズの演技が素晴らしい。
監督に惚れ込んで自ら志願しただけはある。

ウェンディとルーシー、どちらも幸せになって欲しい。

ほとんど荷物もなく車で犬と旅。目的地はアラスカ。いいわ〜!
ストーリーはシンプルだけど、主人公の感情がとても伝わってくる。野宿の居心地悪さとか、わけわからん男に絡まれた時の不安とか。どんどん状況が悪…

>>続きを読む
やはり、ケリー・ライカートとバーバラ・ローデンには同じ悲しみと怒りがあるように思います。
そして、制作総指揮はトッド・ヘインズだそう。世界は、女性のイノセンスをここに託したようですね。
意識的に選択した逃避行の中で、恐らく無意識的に、けれど望んで、次なる逃避へと身を沈めてゆく主人公のもどかしさと、それを進めるほどに行く手を阻む現実の板挟みに悶える。
この監督の映画は外れないなあ。
Cineman

Cinemanの感想・評価

4.0

『ウエンディ&ルーシー』
ケリー・ライカート監督
2008年公開(日本未公開)

【Story】
ほぼ無一文のウェンディは、愛犬ルーシーと共に新しい生活を始めるため、仕事を求めてアラスカへと向かっ…

>>続きを読む
Haruki

Harukiの感想・評価

4.4

無一文のウェンディが仕事を求めて、愛犬ルーシーとともにアラスカを目指す姿を描いた作品。

車の故障や警察への連行、そしてルーシーの行方不明など、さまざまなトラブルに見舞われ、傷つきながらも必死で生き…

>>続きを読む
犬の映画では異色、なんとも言えない無力さ、もどかしさが残る、美しい作品
ウェンディを捉えるショットの適切さと夜景の美しさがすごい。最初と最後の列車と暗闇
tnafne

tnafneの感想・評価

-
犬……
音楽がないまま道路がずっとうつっているの割と好きかもしれない。
>|

あなたにおすすめの記事