ミークス・カットオフの作品情報・感想・評価・動画配信

『ミークス・カットオフ』に投稿された感想・評価

こんなに退屈な話を飽きずに観れたのは、ケリー・ライカートだからじゃないかと思いました。画が美しい。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
やはり、私にはダウンビートというかスロウ過ぎると退屈してしまう傾向にある。

ライカート特有の持ち味はすごく好き

枯渇という言葉ほど自信を苦しめる環境はないですな
JUN

JUNの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんでこれを飽きずに見ていられるんだろう、ライカートの魔法だー
最後あんな突き放されたら沼っちゃうって
ani

aniの感想・評価

4.2

ケリーライカートの言葉のないカットシーンってこんなに物語るんや
開始5分くらいを観て、普段抱えてるものすべてからか離れて荒野に繰り出したい気持ちになった もっと生活に時間を割くべきなのよ人類

序盤…

>>続きを読む
norichan

norichanの感想・評価

3.0
舞台は1845年のアメリカ。案内人ミークを雇い幌牛車に家財道具を積み新天地として西部を目指す白人3家族。しかし道に迷い飲料水も乏しくなったある日一人の先住民を見つける
六四二

六四二の感想・評価

3.6

鍋釜、毛布、その他生活道具を乗せた3台の幌馬車を牛馬に引かせて荒野を行く。ビーバーの毛皮で一儲けを企むアメリカ開拓移民である。
その移動の様子を捉える撮影が素晴らしい。冒頭の数分で旅の苦労が知れる。…

>>続きを読む
yucca

yuccaの感想・評価

3.3

とんでもないロケーションとそれを元にした素晴らしい映像を楽しむ、女性による女性の西部劇。
ほぼ歩いてるシーンだけどそれが美しい。

反対に手元や足元で起きている行動は、あえてバストアップしか映さない…

>>続きを読む
ShotaOkubo

ShotaOkuboの感想・評価

5.0

ライカートは、接近することより、遠ざかることの映画性に充分すぎるほど自覚的なのだ。
その定義などいっさい心得ていない誰もが、この遠ざかる仕草を見て、これこそ映画だと呟かざるをえない。
物語について見…

>>続きを読む
ラストの潔さ。
ただただ西部荒野を歩き、休憩し、歩き、休憩するだけの映画。
撮り方がつまらないが、悪くないね。

ラストは予算がなくあそこで終わらざるおえなかったらしいー

最近はアキ・カウリスマキ監督か、このケリー・ライカート監督作品をちょこちょこ観ていまして、AIが映像を生成してしまう時代に、なんかこう人間の哀愁というか、そういったものに思いを馳せているというか、な…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事