荒野にての作品情報・感想・評価

上映館(15館)

「荒野にて」に投稿された感想・評価

Hikari

Hikariの感想・評価

4.0
観てる自分まで最後に感情がグワっと高まる映画だった。
「会おうとした」って言われた時、これまで冷静で感情を見せなかったチャーリーがそれを真っ直ぐに受け止めて、嬉しそうな顔をするなんて思っても無かったから、凄く印象的だった。
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.9
父親が亡くなり、叔母を探しに殺処分直前の競走馬ピートと共に荒野に旅立つチャーリー。

旅先で、人の良心に助けられるロードムービーと思いきや、世間はそう甘くないという現実。

15歳なんてまだ子供なのに、お金も家もない。
自分が生きるのも必死なのに、ピートを守ろうと頑張るチャーリーが、不憫でやるせなくて。

ピートのあるシーンには、もう号泣。
でも、どうやって撮ったの?アレ。
心配…

兎にも角にも、心が締め付けられる映画だった。
okada

okadaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

落ち込んでるときに見るとかなりダメージ来る映画だった
最後でチャーリーがちゃんと泣けて、感情を少しずつだけ取り戻せていける感じが良かった
tulpen

tulpenの感想・評価

3.6
久しぶりにブシェミの姿をスクリーンで観たい!
ナッキー・トンプソン役があまりにカッコ良すぎたからジジィになった姿に軽く驚いた。 でも、クロエとの共演が「トゥーリーズ・ラウンジ」を思い出して楽しいね。
setsudosha

setsudoshaの感想・評価

4.8
目を背けたい自分と、もっと過酷な運命を期待する自分と。チャーリーなら切り拓けると信じられたから。
きっと彼はいつかこの時のことを思い出して、「僕は悲しかったのだと思う」って言うんだろうな
もこ

もこの感想・評価

-
スクリーンに映る一瞬一瞬がまるで絵のようでとても美しかった。荒野を歩くチャーリーとピート、夜空に輝く星、ピートを撫でる手…。
荒野を歩くチャーリーがピートに思い出を語るシーンが印象的だった。その思い出が彼にとっての原動力になっていたのでしょう。
大切なものは呆気なく自分の元から去ってしまうけど、そうでないものもあるんだって解る日がくるのかな。
泣き顔も微笑む顔も見れて良かった。エンドロール前の真っ暗な画面がちょっと長くて何故かそこが好きだった。原作をまた読み返したくなりました。
時代背景がよく分からなかったけど、警察に頼めばすぐ連絡先分かるんじゃない..?いや、思春期ってこんなものか…?だけどこの子は大物になる…とか色々考えてたら、入り込めなかった...ごめんなさい...
まつこ

まつこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛するものの喪失の話。そのものを描いてる。

道中ずっと漂う絶望感と、その中で尚一層きらめく愛情が切なかった。それは結構しんどくて、映画が美しかったから見ていられたけど、そうじゃなければスクリーンから目を逸らして耳を塞ぎたくなっていたかもしれない。

父親の喪失も、ピートの喪失も、それはほんとうに暴力的に、呆気なく、訪れる。チャーリーは抵抗しない。抵抗のしようがない。悲しむ。受け入れて、悲しむ。悲しい。

美しい映画でした。
記録 2019 06月 18本目 累計139本目

ロードムービーと呼ぶには過酷過ぎ。
父子家庭ものが続いたこともあり見ていてつらかった。
大人の都合を純粋な子供に押しつけている感じもして。
どこに着地するのか?ずーっと心配でした。チャーリーもっと泣いていいのにと声をかけたかった。
>|