荒野にての作品情報・感想・評価・動画配信

「荒野にて」に投稿された感想・評価

ekn

eknの感想・評価

3.0
山田詠美『ぼくは勉強ができない』を思い出す。痛い角(心の傷)が増えると丸になる云々。
前向きになれるほど余裕はないけれど。
エマ

エマの感想・評価

3.8
なんとも表現しがたいこの感じ。
時間がゆったりと進んでいって、良い意味でまどろめる。
父にしてもピートにしても自ら死に近づいて行ってるのを垣間見てしまうの中々に辛いなぁ。
チャーリーに叔母さんがいて本当に良かったよ。
夏

夏の感想・評価

3.6
孤独な少年とレースに負けた馬 途中あまりに辛すぎてちゃんと見れなかった 
inoge

inogeの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

15歳で天涯孤独になるなんて辛いですね、厩舎にバイト的な感じで行ってた時の仲のいい大切な馬が売られてしまう、阻止しようと逃げたしたら途中事故にあって馬が死んでしまう、悲しみの連鎖は続くのが見ていて辛かった。
子供が一回り大きくなっていく姿を見守る感じですね。
mammamia52

mammamia52の感想・評価

3.3
環境はいくらだって変えられるという言葉がキレイゴトに思えてしまうくらい、なかなか悲しくて苦しい作品。彼はこの先どうなるのだろうか。広大な空、地、、、この類の映像は、いつか自宅用プロジェクターで拝見したい。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.8
何もかも失って、心の友はただ1匹。
孤独な目をしたピートはどこか僕と似ていた。

大切な親友が殺処分されることを知り、心のままにただ荒野へと互いの魂を解き放つ。

チャーリーの若さゆえの無謀さは見ているだけで息苦しくなるけれど、でも何をどうすれば正解だったのか?

この世は心のままに生きることが許されない。
けれど荒野だけがそんな彼らを厳しくも優しく見つめていた。

他に生きる方法があったのは一目瞭然であっても、父親との生き方がチャーリーにそうはさせなかった。
父親はチャーリーをちゃんと愛していたけれど、社会に順応させる生き方を教えられなかったのはある意味毒親なのかもしれない。

目を背けたくなるような残酷な描写もある。
しかしそれら全てもチャーリーが前に進むためには必要だったのだろう。

絶望を感じさせる展開から一筋の光を刺したラのはあの『この森で天使はバスを降りた』のアリソン・エリオット。

スティーヴ・ブシェミやクロエ・セヴィニーなど、90年代映画を彩った役者たちが脇を連ねるキャスティングも素敵でした。
スタート直後に関係者も走ってました。
象の耳気になりました。
やはり本当の自分を出せるのは動物の前です。
haruka

harukaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

どこかで無謀だと思っていたのに、呆気なく訪れた別れは、やっぱり残酷で苦しかった。抱きしめてくれる人がいてよかったよ
HSMT

HSMTの感想・評価

4.7
誰かを嫌いになったわけじゃないけれど、周囲を見渡すと自分が酷い場所で生きていて、おそらくこのままなら未来も予想が出来て、それでも馬がいてくれるだけで自分の人生がマシに感じる瞬間があって、辛いときに言葉が通わない存在に救われる時がある。
馬も主人公も周囲の都合に流されていってしまうのを観ていると、胸が苦しくて彼を少年として馬を生き物として愛してくれる人がいれば…と何度も息が止まるような苦しさを感じた。

物静かな語り口で彼に降り注ぐ悲劇も、幸せも綴られていく、パンケーキは幸せの味。
Nozzy

Nozzyの感想・評価

3.8
孤独な少年と、レースに負けた馬。
ハズれてしまったもの同士で歩く希望への道のり。

雰囲気はとても良いけど、かなり辛い映画でした。
優しさってそこらにあるようで、全然無い。

チャーリーの謙虚さが凄く良かった。
作り物のキャラだけど、リアルでもこう言う人には幸せになって欲しい…。
叔母さんに出会えても、そこで大喜び!感動!!はいエンドロール!!とはならず、過去の経験からかまだ不安そうなチャーリーが映るのがリアルだと思った…。

途中ピートがアレしてしまうシーンがめちゃくちゃショックでした…泣😭😭😭
まさかそうなるとは思わなかったんだ…😭😭
>|