リバー・オブ・グラスの作品情報・感想・評価・動画配信

『リバー・オブ・グラス』に投稿された感想・評価

程よく気怠く悲壮感もなく尺も丁度いい
絶妙なルックスの主役2人(男は歯がねぇ)
分かるようで分からんけどこういう映画なんだろう
でもそんなに嫌いじゃない
た

たの感想・評価

3.5
フロリダ、いい天気なのにまるでモヤがかかったような作品

光の当たらないアメリカ
ShiroT

ShiroTの感想・評価

3.3
殺人を犯すことで何者かになったつもりでいて、それが誤解であったことを知った時、何者でも無い状態には戻りたくなくなったのだろう。
inco

incoの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「突然わからなくなった 私は殺人犯じゃない 何者でもない 誰にも追われない 私が隠れていても誰も気にしない」「私だけが知ってる 私の惨めさだけが」
[配信中]
Amazon prime video
U-NEXT
隼

隼の感想・評価

4.1
物語を持たない人々は誰の手に掬われればいいんだろうね。スピルバーグみたいに豊かな感受性もなければ、イーニドみたいに実直な反骨精神もない。これ以上ない環境、恵まれてる自分に嫌気がさす
iy

iyの感想・評価

3.4
なんとも言えない心地よいリズムで流れていく逃避行劇と、ミスマッチな毒々しいラストが癖になる。異常環境下での愛も、主人公になれる犯罪も、一度味わうと戻れない蜜の味。
こぼく

こぼくの感想・評価

3.6
衝動と無力感。かなり抽象的な印象だけど、コンパクトで観ててダレないのも良かった
Kohei

Koheiの感想・評価

3.7

人並み以上の何者かになりたいけど、人並み以上に努力することはできない。主人公たちのそんな気持ちが映画全体を気怠いムードで覆っていた。

足でタバコリレーするシーン、愛でも友情でも繋がっていない2人を…

>>続きを読む
リバー・オブ・グラス

ワクワクするようなショットと理屈っぽさを拗らせた内容の、ぎこちなく噛み合わない感じがクセになる

尺の短さも相まって良くできたアメリカ現代文学の短編のような空気感の一端がある
>|

あなたにおすすめの記事