ピクチャーブライドの作品情報・感想・評価

ピクチャーブライド1994年製作の映画)

PICTURE BRIDE

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

2.9

「ピクチャーブライド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

工藤さんがめちゃめちゃ綺麗。大学の授業で鑑賞。なんとも言えないが予想していたよりみんな助け合いみたいな感じだった、リヨが不憫すぎてつらくなったけども最後は自分が感じたそのつらさが和らいだというか。
映画なり博打なり盆踊りなりそういうことをする余裕はあったんだな、とは思った
大学の授業で鑑賞。

勉強にはなるけど、映画としてはあまり響かなかった。旦那役が滑舌悪すぎて日本語すら聞き取れず、結果いまいち話について行けず笑
25時

25時の感想・評価

-
授業で観たんだけどハワイ語でハナって仕事とか労働を表すと知ってしまい 知らなくてよかったな、、、って思った
あと映画終わったあと先生が映画につられて日本語カタコトになってたの可愛かった
授業でみたよ
ロマンチックガールにならなくては、、、


相当しんどい

工藤夕貴の背中が肉体労働をする女性とは思えないほど美しくて(まあ違うんだけど)それもしんどかった


午前中の頭が冴えた時間に、大きな画面といい音質で見ると何でも星5つけたくなるな
ゆか

ゆかの感想・評価

3.6
かつて本当にあった"写真花嫁"をもとにした映画。りおちゃんかわいそうだった。移民の歴史の勉強になります。
hinano

hinanoの感想・評価

3.3
ハワイに移民した日本人男性と結婚するために、「写真花嫁」として渡米した日本人女性を描いた物語。

移民について学ぶ授業で鑑賞。
このような形で移民をした人が当時何人もいたこと、そして彼らがどのような生活を送っていたかを知るための良いきっかけになる作品でした。
こないだ大学の授業で見ました。

当時の日本には写真だけで結婚を即決する写真花嫁が行われておったそうな

実際の写真花嫁は親戚の人や同じ村の人と結婚するのが常だったらしいが、映画では横浜ガールと博多じーさんとの結婚が描かれていた。

写真に写っていたイケメンが実際に会ってみたら博多じーさんで完全に騙された横浜ガール可愛そうです。

そしてこの映画の舞台はアメリカ。アメリカで暮らす日系人一世の苦労話

せっかく写真花嫁を行ってアメリカに来れたは良いが、待ち受けていたのは厳しい労働に差別…

歴史を知るために観るのであれば良い映画だと思われ
写真1枚で結婚決めて、新しい生活頑張ろう!と思ってたら旦那さんが年齢詐称とか私だったらくじける。。。😥

現実はもっともっと厳しかっただろうし、別の人と駆け落ちした人もいたらしいし、相当精神的に強くなきゃ到底乗り切れない生活を垣間見た感じ。

当時の移民の暮らしっていう点でみたら美化されてる部分もありそうだけど、恋愛と結婚は別物なんだなあっていうのはある意味納得したような気がしないでもない😶
Miri

Miriの感想・評価

4.0
ハワイに留学した時に、現地の学校で見せられました。今まで知らなかったハワイの文化を知れる機会となって、とても良かったです。
『ハワイの歴史と文化』という本に、何度もこの映画が紹介されていたので鑑賞。1918年頃のハワイ移民についてのお話。実際はもっと過酷だったはずだけど、ハワイ渡航前に当時の「惨状」について知ることができてよかった。
>|