サンダカン八番娼館 望郷の作品情報・感想・評価・動画配信

「サンダカン八番娼館 望郷」に投稿された感想・評価

南方の島で春を売って生きざるを得なかった「からゆきさん」と呼ばれる女性たち。
研究者の圭子はかつての日本にあった実態を聞き取り調査しようと天草の貧困地域の奥に隠れるように住むおばあさんの家を訪ねる。
そこで聴いた波瀾万丈の人生とは。

あまりに辛い人生にすすり泣きする人もちらほら。熊井啓独特のドキュメンタリーぽい作りは悪くないが、今となっては効果音が火曜サスペンスぽくてちょっとあざとい。話はきついが、映画としてはあまり好きになれなかった
花椒

花椒の感想・評価

3.4
熊井啓特集@新文芸坐

バブル期に流行語となったジャパゆきさんってからゆきさんを文字って作った単語だとは知らなかった

からゆきさんについて調べると真っ先にこの作品が挙がってくるみたい
「から」は中国ではなく、外国全般を指す

栗原小巻が娼婦役ではないのでオッパイ見れません😰

水の江滝子、わからなかった

ひょっとして熊井啓作品っておいしいところを全部菅井きんがもっていくシステム?
吉田

吉田の感想・評価

4.0
サキさんの若い頃を演じた高橋洋子さんの演技も素晴らしかったし、田中絹代さんが圧倒的に強くて、わたしもサキさんの話を今ここで聞いてるんだという気持ちになってしまった。
daiten

daitenの感想・評価

-
騙され、売られ、裏切られた老女。その熾烈な人生と向き合った研究者。ふたりの視線を通じて、必死に生きた異国の日々を追体験していく。信じたからこそ伝え、託されたからこそ忘れない。すべてを語り終えた老女の姿に少女の面影が重なり、涙がこみ上げた。
ニシ

ニシの感想・評価

-
どうも同監督の顔に寄るショットが好きになれない。冒頭の食堂から美しい自然である草原を抜けて民家にたどり着く、田中絹代さんはそこに望んで逞しく住んでいるのにもかかわらずなぜそんなに四角いフレームに閉じ込める必要があるのか。

逆に言うと女廊にて初恋の人の身の上話を聞いていく顔アップの切り返しには目を見張った。
ryo

ryoの感想・評価

-
“おサキさん、皆は日本に背ば向けて眠っとらすと”。
「からゆきさん」という存在。天草のあばら屋、ボルネオの布団、物語ることと待つこと。「望郷」という言葉に込められた皮肉。
栗原小巻の知性、高橋洋子の蓮っ葉、水の江滝子の貫禄、しかしなんと言っても田中絹代。役を生きる、とは言うものの、皺とともに刻まれた記憶を、蛙に驚いて、あるいは客と布団に燥いで跳ねる生を、ほんとうに体現していた。無私なるもの。
さく

さくの感想・評価

-
原作がノンフィクションとのことなので、終始重い雰囲気で進むのかと覚悟を決めておりましましたが、思いの外、肩の力を抜けるシーンが絶妙なタイミングで挟みのまれていたりして内容的には重いながらもきちんと「映画を見る楽しみ」要素もある作品でした。

ここからネタバレが入ります。

正直、途中までは、「ノンフィクションらしいが、これこのまま終わりまで行ったら書いたらダメなんじゃないの? 騙したまま…?」と若干不安になりながら見ていたのですが、流石にそんなことはなくきちんと回収してくれました。それも綺麗に…

サキさんを演じた田中絹代さんは私がとやかく言うまでもなく「名演」としか言いようがないのですが、ここまでくると演技が上手いとかテクニックがどうとかいうレベルではなく、彼女がそれまで生きてきた軌跡が全て演技として表出されているかのようで、凡庸な役者の演技とは迫力が違いすぎる。これ以上のサキさんは無いと思います。晩年の樹木希林さん並みに鬼気迫る迫力がありました。キキではなくサキですが。おっさんになるとどうしてつまらない駄洒落を言いたくなるんでしょうか?

冗談はさておき良い映画でした。
極楽蝶

極楽蝶の感想・評価

5.0
山崎朋子の名著に魂と情念を与えた傑作。主役の田中絹代演じるサキさんの女一代記で晩年のサキさん(若いころは高橋洋子)は菩薩のように神々しい!! そうそうおキクさん役の水の江瀧子さんも姉御の凄みがあって良いですねぇ。
ラスト近くでサキさんと圭子(栗原小巻)が最後の晩に語り合うシーンで、圭子がサキさんになぜ私がどんな人間か知りたくなかったと質問に「誰よりも私がそのことを知りたかった。でも、人にはそれぞれ事情がある。言わないということは言えない事情があるんだから本人が話すまで聞かなかった」(正確な科白ではないけどこんな内容)という科白は、何度見ても涙してしまう。相当な経験をしてこなければ達観できない感情だと思う。もう一つ心象に残るのは、ラストでサンダカンのジャングルに眠るからゆきさん達の墓を訪ねると、墓が日本に背を向けているところ。サキさんがサンダカンで世話になったおキクさんの「日本に戻ってはいけない」という忠告そのもの。
視点は変わるけれども、この映画は戦前の日本の豊かさの実態の一面を感じることができるし、弱い者たちが国の都合で運命を翻弄される様も見える。そして、差別の根源はここでも弱者の住むそこにあるということが分かると思う。
ぴよ

ぴよの感想・評価

5.0
(35mm)
2回目。数年ぶりに観たが、本作の田中絹代を超える芝居には終ぞ出会っていない。

邦画史であり、日本史。

心の繋がりという希望。

頑なに動かない茶トラ。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

4.2
銀座・並木座で鑑賞。(2本立て)

自分がこの映画を観た時には、田中絹代は既に亡くなっていたが、本作における田中絹代の存在感は凄いものであった。

田中絹代の回想で語られる戦争時に激戦地に送られた「からゆきさん」という女性たちについては、この映画を観て初めて知った。

第二次世界大戦後にも、あまり知られていなかったようだが、この映画原作の出版により知られることになったのも、この映画館で知った。

今思えば、幾多の凄腕映画監督の作品に出演してきた田中絹代の集大成とでも言うべき作品だと思う。
>|

あなたにおすすめの記事