いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)の作品情報・感想・評価・動画配信

「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」に投稿された感想・評価

言ってみれば戦中戦後のゴタゴタでみんな大変だった時代のよくある話のひとつ。
でも、自分の親とか祖父母もこんな食うや食わずで生きてきてくれたんだなと素直に思えたよ。
sora

soraの感想・評価

3.0
吾郎はとことんついてない、ダメダメ、不運といったらいいのか…その吾郎を支える妻。私だったら耐えられないな。
この話、向井くんの祖父母の実話なんだね!!
向井くんには悪いけど、微妙だったなぁー
ス彡子

ス彡子の感想・評価

4.4
向井理の祖父母の実話というだけあってストーリーも美化されすぎずありのままの出来事を伝えている感じがとても良かったです。戦中、そして戦後の辛い時代を家族みんなで必死に生きてきたんだろうな。

向井理さんが演じた実の祖父・吾郎は何をしても続かず時に酒に酔い潰れるといったシーンがあったが、これは吾郎がだらしない性格だからというものではなく、ただ時代が彼の仕事を奪っていってしまい、それでも家族を養うために悔しい思いも飲み込んでただただ必死に生きいたんだなあと感じました。

「裕福じゃなくとも家族みんなが笑って過ごせられれば。ただあながいれば。」そういった温かいものが伝わってくる映画でした。
向井さんのだめだめぶりが、腹立たしかった。それでもついていく妻の姿は、あっぱれ!古き良き日本の妻、母であった。

あまり、感じるものはない映画だった。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.3
向井理の祖父母の実話だったんだ。
戦後を生き抜いた祖父母、貧しくても前向きに頑張る姿が頼もしい。

このレビューはネタバレを含みます

この手の映画は必ず泣いてしまいます。
戦争のせいだけではないですが、それによってどん底に落とされて行く家族…もちろんそれによって裕福になる人もいますが、大半がドン底ですよね。

子供を手放さねばならない辛さ、ずる賢い人間、正直者は這い上がる事さえできないです。

自分もこの生活してるのが不思議に感じます、もしかしたらこの先…ウィルスでいとも簡単にパニック、おえらいさんが我が至福優先で戦争、はえずりまわるのは弱い自分…こんな構図がチラチラしています。

それにしても向井理さんこんな感じの役めちゃくちゃはまりますね(笑)
Akane

Akaneの感想・評価

3.6
母ちゃん(朋子)
父ちゃん(吾郎さん)

向井理、祖父母の実話

映画でしか観ないような時代と生き様が実話だと観終わってから知って驚いた。

戦中・戦後
夫と共に中国へ行ったりボロトラックで移動したり店を始めたり、、
色んなことに挑戦し失敗する夫を時に儚く、でも笑顔で支える人。
この女の人は本当に一人の人生とは思えないほどの経験を乗り越えている。
涙が出た。
この時代は決して家族皆んなが幸せだったとは言えないけれど笑顔が素敵だった
かな

かなの感想・評価

3.5
好きな映画ですが、最後まで吾郎が報われないのが辛かった。でも彼は幸せだったのかな、と思う。

吾郎の死後、残された家族がどう生きるのか、現代に繋がるところまで見たかった。
劇中の音楽はすごくよかった。

戦中戦後の話だけど、反戦映画などではなくて、家族に焦点を当てた映画なんだと思う。
ざわざわするみたあとになんか胸に残った、向井理と尾野さんの演技が良かった

3本目
泣ける!家族の物語。

何をやっても報われない吾郎を、途中、残念な男だと思ってしまったけど、朋子はずっとその本質を見つめて、添い遂げていた。
最後の母娘のシーンもすごく泣けた。
グッときた。

そして、高畑充希の歌がめちゃくちゃいい!!
エンドロールも楽しめる作品。
>|