ファイト・クラブの作品情報・感想・評価・動画配信

ファイト・クラブ1999年製作の映画)

Fight Club

上映日:1999年12月11日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

「ファイト・クラブ」に投稿された感想・評価

HD

HDの感想・評価

4.5
二重人格という設定には少し無理がある気がしたけれど、とにかく設定や音楽、映像、ブラピの演技などスタイリッシュでかっこいい映画。デビットフィンチャーの映画はとにかくクールでかっこいい、彼の作品はどれも大好き。
やっっっと見れた念願のファイトクラブ
外人の演技力なんて語れる訳ないけど、エドワードノートンの演技力はやばいのは誰が見てもわかるよね。だって感情とか表情とかそんなんなしに視覚的に一発で入ってくるもんね。
あとはもう最後の最後の一瞬、あの一瞬の伏線がまじでチビるくらいオシャレ。
カッコいいしぶっ飛んでるし、男臭い映画だったな。
言われてみれば引っかかる点に鑑賞中はまったく気付かない。
面白さは重要。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.7
有名な最後のビルのシーンはこの映画だったんだね!
途中からそういうことなのかなって思い始めてから、周りの人たちとか状況がおかしくて笑った
ただな暗いし汚いし、雰囲気は好きじゃなかった
もち

もちの感想・評価

3.8
結末が衝撃
こういうことって現実にもあるって考えたら結構怖いこと
多分今まで見てきた映画の中で一番「洗脳された」映画。伏線の数、質が異常。そしてタイラーのキャラは最高すぎる。
前半はビジュアルビデオっぽいなー。ぐらいで見てたけど後半のたたみかけてくる展開凄かった。あとラスト意味深すぎ。

エドワード・ノートン演技上手すぎ。オチ分かってみてもたぶん面白いな。
issi

issiの感想・評価

4.2
消費主義社会に中指立てる映画

男なら惹かれる
映画だと思ってる

タイラーダーデンの
色気、カッコよさ
狂気、怒り
はナレーターが憧れたように
きっと男は憧れるはず

結末知ってから2周目観たい
Vintage T着ます

このレビューはネタバレを含みます

戦っていたのは、、、

冴えない感じの主人公は、理想を追い求めようとするも何だかそれに疲れて不眠症。いろんな病気のグループに参加して気を紛らわせていた。ある日、出張中に出会ったタイラーダーデンという男は、まさに自分と逆な人間だった。自由気ままに自分の好きなように生きるタイラーに惹かれる主人公。主人公の家が燃えたため、タイラーの家で過ごすことに。タイラーと主人公は「ファイトクラブ」というクラブを立ち上げる。ただただ殴り合うクラブ。そんなクラブにはどんどん入会者が増えていって、アメリカ中に支部ができていった。そんなある日、メンバーとタイラーがクレジットカード会社を爆発させる計画を練っていることに気が付く主人公。それを止めようとするも、タイラーが失踪してしまう。飛行機のチケットの履歴からタイラーを追う主人公。タイラーの好きそうなバーに行くと、皆が自分のことをタイラーだと呼ぶ。何かがおかしいことに気づく主人公。ホテルの部屋でうなだれているとタイラーが登場。タイラーは主人公自身が作り出した理想像だという。主人公は出頭するも、警察の中にもメンバーがいて、メイへム計画を止めようとするやつはタイラーであっても許されないとのこと。仕方なく自ら計画を止めようと、爆弾が仕掛けてあっる場所へと向かう主人公。タイラーと一騎打ちになる。なかなか消えてくれないタイラーを殺すには、自分を撃つしかないと銃を頭に向け発砲する主人公。タイラーは消えたが、計画は遂行されてしまう。


ずっと戦っていたのは自分自身だった。


カネやモノに支配されない自由人をブラピがドはまりで演じておりました。


映画序盤からタイラーが何度もインプリングされているとの解説を見て、見てみた。ほんとだ、、、、、、ぞわっとした。タイラーが映画のフィルムにポルノを1瞬混ぜてるのと同じ、、、、。怖、、、、、。瞬きしている間にこんなことが、、、。


主人公とマーラが会話してて、タイラーが地下にいるシーンなんか違和感があると思ったら。そういうことだったのね、、、。確かに三人が同時に同じ場所に居合わせるシーンはなかった。


最後の最後にもサブリミナル、、、、、、。


すごい、デヴィッド・フィンチャー、、、。


1999年 アメリカ デヴィッド・フィンチャー監督
inutero

inuteroの感想・評価

4.2
昔途中まで見て辞めたけどエンディング曲がPixiesって知ってプライム復活してたのでやっと見れた
前半この映画かっこいいと思う人どういう神経してるわけ?とか思ってたけど最後まで見てやっと主人公が視聴者よりの感覚なことに気づいて完全に納得した
>|