ファイト・クラブの作品情報・感想・評価・動画配信

ファイト・クラブ1999年製作の映画)

Fight Club

上映日:1999年12月11日

製作国:

上映時間:139分

4.0

「ファイト・クラブ」に投稿された感想・評価

みちょ

みちょの感想・評価

3.7
うーん、観点は面白いし内容とかも楽しめる!けどなんかなぁ、男の子の映画って感じ。

ただの喧嘩映画!じゃないところは面白かったですね。
ブラピイケメンすぎる。
デビットフィンチャー監督節全開。
1番狂ってたのは、紛れもない自分自身。
無意識のうちに、現実と理想像が混同するの恐怖すぎ。
サトシ

サトシの感想・評価

4.0
タイラーが主人公を銃で殺そうとするシーンから始まり、一体どんなトラブルでこうなったのか、ファイト・クラブの揉め事でこうなったんだろうなと考えながら観ていましたが、前半のストーリーから最後は想像できない展開になっていました。
唯一、出演女性のヘレナ・ボナム=カーターは、既に振り切れている凄みのある演技で、この頃からもう普通の役やっている印象ないですね。
roe

roeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最後になるほどってシーンあるが、どういうことなの?って困惑した。
そっか、タイラー自身だったのか。
さぞ、厄介だっただろう。
でも、プラピの演じるタイラーは本当に真の男、真の人間。生きてるって感じでかんっこよかった。
Ryu

Ryuの感想・評価

5.0
大好きな作品
デヴィッドフィンチャーのダークな世界観に引き込まれる、映像美、音、内容、全部に監督の拘り感じれる、なんと言ってもラストが衝撃的
タイラーダーデンがかっこよすぎる理想の自分
凄いものを見させられてるような感覚に陥った。
全てのシーン、セリフに意味があって良くも悪くも生き方の一つを知れた。
〜自分用〜
「人は財布の中身でもファッションでもない、お前らはこの世のクズだ。」_タイラーダーテン
ほほー、ほほー、
期待しすぎたけどおもろかったはおもろかった
おちえ

おちえの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!かなり時間かけて観てしまったけど、これは一気に見たほうが良いやつだろうなと思った。
モノローグが中心の演出で、まさかの二重人格オチは面白い。

このレビューはネタバレを含みます

何の映画なんだこれってずっと思ってたけどラストでわかります。
マーラへの愛の形です。
自分でも理解できない計画はマーラのための計画で、それだけ深層心理で愛してたんだと思いました。
二重人格のブラピの方は本能的なところを表現してたんじゃないでしょうか。
2回目はとても楽しめそう。
最初は少し難しいけど伏線とかもあってとても楽しめました。
croissant

croissantの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

巻き戻して何度も観たお気に入りシーン!!

●睡眠薬マーラを助けに(?)行った時のタイラーの回避ダンス
●初回ファイト前のタイラーのタバコ飛ばし
●夜のウェイター衣装に着替えたタイラーの蝶タイと襟を僕が直すとこ
●"僕"のナレーションと音楽のビートがピッタリ合ってラップみたいに心地よく聴こえるとこ

二重人格ってチェンジだからもう1人と話したりとかいう同時存在みたいな事は起きないんじゃないの?タイラーが出てる時=不眠症の時間帯、という事はタイラーといる時の"僕"は逆に夢の中の人物?あんなに殴って起きないなら、最後拳銃でほっぺ撃ち抜いても立ってられるな確かに。ねえほんとに目、覚めたの…?

とか結構色々考え込んだりもしたんだけど、ブラピのワンカットワンカットがもう、なんなのあれ?フラッシュみたいに脳に直接焼きつく。もしブラピが出現してくれるなら一生不眠症でもいいっす!!
>|

あなたにおすすめの記事