スクラップ・ヘブンの作品情報・感想・評価

スクラップ・ヘブン2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.4

「スクラップ・ヘブン」に投稿された感想・評価

藤井

藤井の感想・評価

4.1
乱文なのでいつか直します
ファイトクラブで包帯クラブだなって初めは思った 思ったが夢中になってしまった 加瀬亮は素敵な俳優

とべる、ってお父さんが重荷だったのかな、お父さんが居なくなってヤケになってるのかな どっちだろうな
たまに泣きたくなるし2人が笑ってると大笑いしちゃった
最近授業で読んでいる、であることとすること という文を思い出した であることに安住して何もせずにいると、いつかは必ず、である権利を失うと 最後の方に実感したけど、今思うとお父さんの仕草もそうだな
じえり

じえりの感想・評価

2.9
加瀬亮ってこんな可愛い顔してたんだ〜
オダギリジョーってこんなかっこ良かったんだ〜
栗山千明はサイコな役合うなぁ〜
それだけで2時間は長い
とにかくトイレ
トイレが汚い
KnI

KnIの感想・評価

2.0
オダギリジョー観たさに鑑賞。
こんな髪型でもやっぱ格好いい。

想像力、想像力言う割には、想像力のない幼稚な行動ばかりで、辟易する。
山場は冒頭のバスジャックシーンまでか。
msd

msdの感想・評価

3.2
凶気の桜的な00年代の空気感を感じるけど、民衆に想像力をと言う割にイマイチ想像力に欠ける内容。
オチにもっと抜群の想像力があれば内容のある映画に成り得たかも。
バスジャックの辺りまでは良かった
世界は簡単に変わるし、簡単に変わらない。日常を抜け出しては、ふりだしに戻る。

想像力、という言葉をわたしに印象づけてくれた大切な映画。
誰か復讐したい人はいませんか?

汚いトイレで請け負う復讐代行業。何も変わらない世の中を変えるために2人の男が立ち上がった。

とにかくトイレのシーンが多いです。食事中に観る映画ではないです。

掃き溜めのような腐った世の中は彼らによって少しでも変わったのでしょうか?

善をなす為の必要悪は存在するとは思います。ただ、それを個人の判断に委ねるのは問題があるかも知れません。善か悪か、そもそも誰が判断するのでしょう?

マーブルチョコを錠剤自動分包機で分包してみたくなりました。笑
KEVIIIN

KEVIIINの感想・評価

3.7
思考レベルの浅いシーンが度々あり観ていて痛々しく感じた
キャラクターのもつ思想が短絡的で薄っぺらい
り

りの感想・評価

2.5
結構むずかしい。想像力に任されすぎてよく分からなかった。
あんまり理解したくないし考えたくないなという感じ。自分には向いてなかったな。よく殴るし。
キャストは最高だった。
主人公たちの出会いが後暗く運命的で惹かれる。
全体的に芝居がかったセリフ回しなどが厨二心をくすぐる。
登場人物の心情は理解できないものが多いので、共感して楽しむというより、異常者たちを達観するような感覚。
ラストに多様な意味が込められているので、見終えたあとに誰かと考察したくなる。
卍拳卍
展開もリズムが良くて面白かった。「ざけんじゃねーよ」って台詞の言い方が懐かしい。
>|