スクラップ・ヘブンの作品情報・感想・評価・動画配信

「スクラップ・ヘブン」に投稿された感想・評価


痛みを忘れたバカどもに復讐。

令和に観た方が響くかもしれない映画

トレスポ初めて観た時に近いものを感じた

ロケ地のこだわりが本当に凄い
無駄に凝っててめちゃくちゃセンスが良い


めちゃくちゃ好みの映画でした。
正直柄本さんが全部掻っ攫っているところはあるけど。

最後の笑っちゃうとこ100点。
Hiii

Hiiiの感想・評価

3.2
李相日監督の『悪人』『怒り』が好きで鑑賞。

ちょっと難解で分かりづらいけど役者が良い。柄本明さんはいつもスパイスを加えて物語に深みを増してくれる。

世の中には想像力を。この難解さも含めて想像力をもって感じる映画なのかななんて思ったり。

虐待されてる子の復讐代行シーンが良い。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.1
加瀬亮がかわいい
序盤の妄想やブラピみたいなオダギリジョーみると
さてはこれ日本のアレか?って期待しちゃうんだけど
ちょっと違った
「ユリイカ」かな?とも思ったけどこれも違う

見たことない犯罪見ちゃうとだとちゃんと作ってんだなぁって感心する

途中の爆発シーンでフィルムがゆれるシーンまでパロってんのか?

静かに激しく怒る演技カッコいいね柄本明

ホームレスイジメするガキが死ぬのは蜘蛛とゴキブリが殺し合ってるだけなのでいいのでは…?
細かい設定なんてどうでもよくて、ただひたすらに最高だった

オダギリジョーももちろんかっこよかったけど、加瀬亮がすごく好きだった
はま

はまの感想・評価

3.4
前半はテンポが良くて笑いながら観れたけど後半はテーマが重苦しくなってくる。

「拳には拳を、世の中には想像力を」
常識や法律に縛られてる社会に想像力が欠落しているのか、そういった世の中に抗っていこうとしているテツに想像力が欠落しているのか。観てる側の想像力に問いかけるような作品だと思った。
想像力の欠落した社会に親の人生を狂わされたテツの苦しみは共感できるけどね…

加瀬亮の不安定さやオダギリジョーの最後のシーンなど、俳優の演技はどれも素晴らしかった。特に柄本明が怒号を浴びせるシーン!

サキの人物像の描写がもっと欲しかった。
物語に爆弾を組み込ませるために出てきたような印象があるのが少し残念。
まあ自分の想像力が欠落しているだけかも知れないけど。

ラストの締め方とフジファブリックの蜃気楼は最高。
sea

seaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「ファイトクラブ」!
オダギリジョーはどの作品でもかっこいいな〜
終盤に向かうとどんどん暗くなっていくけど、序盤の虐待されてる子供の依頼を受けるシーンがアホっぽくていい

李監督の「悪人」「怒り」がすごく好きで観てみたけど今回のは少し難しかった気がする
劇中の台詞にもあるまさに想像力のいる映画
こんな世の中を生き抜くためには、痛みには敏感に、想像力を絶やすな。考えれば考えるほど、まともじゃあいられないよな。
全てが素晴らしかった…
小小野

小小野の感想・評価

3.6
このやるせなさと憤り、加瀬亮への共感が暴走して変な汗かいて死ぬかと思った
何か分からないけど世の中に腹が立つ。痛みを知らない馬鹿ばっかり。そんな2人が復讐という名のもとに”想像力”で、力を奪い返していく。

最後はある意味想像を超えてきた。
世の中には”想像力”を。
アミ

アミの感想・評価

3.3
私の肌には合わなかった。
だけど前半より後半の重たくて目を背けたくなるような彼等と展開の方が私はすき。
>|