ミニマリズム: 本当に大切なものの作品情報・感想・評価・動画配信

ミニマリズム: 本当に大切なもの2016年製作の映画)

Minimalism: A Documentary About the Important Things

製作国:

上映時間:79分

3.6

「ミニマリズム: 本当に大切なもの」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

2.8
「一年分の荷物、重量制限でスーツケース2個しか持ってけなかったけど普通に生活できてたなー、本当に好きなものだけに減らすとと一つ一つに時間が割けて丁寧に使えて嬉しい、自分の人間関係に対するの価値観とも重複するかもー」
ていう今日の気持ち忘れないように暮らしたいー

映画見るほどでは、、!という感じ、この映画の作品性はわたしにはひっかからなかったから、個人的にこの映画を見て得られたものは本ぱらぱらーで3分で代替できたかなとか思った
でも2時間かけて自分の生活を見直す体験としては悪くなかったかもー
mtp

mtpの感想・評価

3.8
幸せを追ってミニマリストになった人たちのドキュメンタリー。

ミニマリストの考えには今までも共感してたけど、幸せを考え直す良いきっかけになった!
消費社会はとてつもなく環境に悪影響だし。
本当に自分にとって価値のあるものだけに囲まれている人生にしたいな。
昨日観た「今求められるミニマリズム」と同じ2人が出ていて重複するエピソードもあり。とにかくモノを買うこと・消費することでは人は幸せになれない、絶対に!断捨離のモチベキープ。
“人を愛して ものを使う。逆は決してうまくいかない。”

モノに溢れる現代社会を生きる私たちに
“それで本当に君たちは幸せを手に入れられた?”と問いかけてくる本作。

ミニマリストたちの顔がなんだか穏やかに見えるのは、本当に必要なものを見極めて今ある幸せにフォーカスできているからなのだろうか。

自分の生活に少しミニマリズムを取り入れてもいいかもしれない。
ミニマリストは目的ではなく、手段。
極端なミニマリストの話ではないところがまたよいポイント。
物を山積みしても、人生の空虚さを埋めることはできない。
それなのに、なぜ人は物を買ってしまうのか。
それは、社会により、「これが必要だ」「もっとこれを買わないと」「これがあれば満足できる。幸せになれる」と、広告などを通して刷り込まれているからだ。

現代は、親にではなく、子供に直接広告で宣伝をするケースも多い為、子供にスマホを与えるか否かは、慎重になる必要がある。

そして、意味のある心配、意味のある物、それらを見分ける事が大事である。
その為にはまず、「これは有益か」と、立ち止まって自問自答すること。
もっと自分に焦点を当てなければならない。

バランスを考え、必要なだけ持つことを追求すべきである。

その分、人を大事にし、物はあくまでも使うものとするのが良い。
人を使い、物を大事にするようになってはいけない。

また、特に現代で問題となってくるのが、先ほども挙げたスマホである。
人は平均して150回も電話を確認している。
それは、目新しさへの期待からくる行動。

数秒注意がそれるだけで、多大なデメリットがある。

この問題は、そもそもデバイスの電源をオフにしたり、瞑想をすることで解決できるという。

このように、人生において重要な考えをたくさん学べる、素晴らしいドキュメンタリーであった。
Bebe

Bebeの感想・評価

3.5
実家にいると、どうしても思い出のものがたくさん置いてある...
基本的にミニマリスト思考なんだけどな。
ヘイジ

ヘイジの感想・評価

2.5
言わんとしてる事はわかるんだけど如何せん釈然としない事多し。
tomo

tomoの感想・評価

4.0
この人の本が好きでね。
物に溢れる生活から得られるものはない。
物の処理をする時間を、人と深く語り合う時間に。
ako

akoの感想・評価

-
物を適切量で持つってことをミニマリズムって紹介してた印象
極端に物量を少なく暮らすっていう思ってたのとは違った
私自身は全然ミニマリストではないけど、捨てることによって軽くなって気分爽快ってのはわかる気がする
全部段ボールに詰めて、そこから必要なもの取り出して後は処分ってすごいな〜
ぴり

ぴりの感想・評価

-
これまで周りに追いつこうと流行りのものを買ったり身の丈には合っていないものを買ってしまっていた。物への依存を断ち切れれば自分らしく生きていけるかもしれない。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品