ミニマリズム: 本当に大切なものの作品情報・感想・評価・動画配信

ミニマリズム: 本当に大切なもの2016年製作の映画)

Minimalism: A Documentary About the Important Things

製作国:

上映時間:79分

3.6

「ミニマリズム: 本当に大切なもの」に投稿された感想・評価

canada

canadaの感想・評価

4.0
自分らしく生きることが大切だと教えてくれる

本質的に幸せになれないものにお金と時間を奪われないよう生きていきたい
価値観揺さぶられました。
このドキュメンタリーでは多様な例が取り上げられていたが、程度は様々。全員がホームレス級のミニマリストじゃないので、偏見除去。(笑)

ミニマリズムで大事なのはモノの量じゃなくて、物質主義的幸せは訴求してもキリがないですよ、って言う話だと思う。これに関しては大賛成。いつだって新しいものは良く見える。金の猛者になって欲しいもの買う事に時間を全振りしないで、それよりもその時その時の喜びを感じる、周りの人とか家族、旅に出たいとか、心の素直な欲求に寄り添う時間を増やそう、って言う考え方だとしたら凄く好き。

物質主義から抜け出せば地球への環境負荷も減るし、心も豊かになれるなら良いなと思ってしまった。お金じゃ買えない幸せを、自分も大事にしていきたい。
ミニマリスト2人によるドキュメンタリー映画。

今作を通じて伝えている事は
「ミニマリストになった方が良い」
「断捨離しなさい」
という強要ではないということ。

本当に伝えたい事は「モノについて必要なのかどうか」という事であると思います。

自分にとって本当に必要なモノにお金を使う。
必要なモノを残す。
量よりも質を選ぶ。
それがミニマムな生活であると思います。

モノの考え方だけでなく、人生についても考えさせられる作品であります。
M

Mの感想・評価

-
私的には観ながら何回も頷ける場面があるぐらい印象的で共感の強いムービーだった。

でもこれは正直その人自身がどこで生まれてどのような環境で成長、生活、経験してきたかにもよるのではないかと思う。
元からそのような恵まれたというか、モノが多い場所で育つとそれこそが当たり前の概念として植え付けられてしまっているのだと多少思う。
だからそれを変えたい気持ちとか信念があるのならば考え方は変えられると思うし、逆に何もない開けた場所で育つことで憧れが増し、ミニマリストのような考え方ではない方へ動くことだって必ずある。

そう考えながら観てたら自分も多少はどちらも経験として味わってるんだろうなと思ったし、大人になるにつれてどちらに動きたいのかも自分自身の中では明確になりつつあるなってすごく考えさせられた。
観てよかった〜〜
さと

さとの感想・評価

3.7
ジョシュアとライアンのような幼少期からのいろんな出来事から確実な意思と根拠があってミニマリストをやってる人は自分も影響されたいし尊敬するけど、ミニマリズムという流れに乗ってるだけの感があるプチセレブみたいな人たちが出てきたのは違和感があった。そういう人がどこまで噛み砕いてミニマリズムを貫けるのか疑問。

最近のエッセンシャル思考とか日本で言うと断捨離と同じような感じ。結局長期的に、または半永久的に人・自分を幸せにするのは人とのつながりによる幸福しかないと改めて思いました。

自分も服選びに時間がもったいないし、ジョブズみたいに毎日同じ服で時短したい思いつつも、一応女性なので中々そこまで思い切れない笑

これから時間もお金もモノに関してもちょっと視点を変えて取捨選択できるようになれればいいなと思えるきっかけになりました。
mogura

moguraの感想・評価

3.9

“ミニマリスト”と聞くと漠然と「モノを出来るだけ所有せず暮らす」と言うイメージだったのだけど
「不要にモノを増やさず自分に必要なモノに囲まれて暮らす」と言う感じなのかな

人より沢山のモノを持っている
人より高価で貴重なモノを持っている

そうした所有欲や顕示欲は生きていく上で余計なストレスを抱えむ要因なのかも

ミニマリズムにしろ一つの考えのみに拘りすぎていくのは違うかな。とは思うけど
自身を見直す良いキッカケになった
リーン

リーンの感想・評価

5.0
物が少なくて、情熱がある
シンプルな人生を送りたい。

量より質。

ごまかしのない人生を生きる!!!!!!

消費によってわたしの人生を
曇らせたくないなと思いました!!

好きなドキュメンタリー映画ランキング
浮上した、、

Love people and use things, because the opposite never works.
“消費”を嫌うミニマリスト達が、”ミニマリズム”という市場に消費されているのではと思った。本当のミニマリズムを追求するならば、そこに社会的地位や名誉は求める必要はないのでは。人々が自分の幸せと向き合った上で、必要最低限に生きるか、追求されてきた一流と呼ばれるモノと触れ合いたいかは各々の自由な意思決定と思ったよ。
のりこ

のりこの感想・評価

3.5
ミニマリストさん2人のドキュメンタリー

ミニマリズム初心者がリサーチしてまず本とかで情報を得ると思うけど、
それをリアルに言葉で伝えて行く人たちのドラマでした。

具体的なミニマリズムもあるけど、周りの反応や、それに対する彼らの意識は芯がしっかりあってカッコ良ささえ感じました。

自分がやるだけ、って簡単じゃないけどプラスアルファそれを人に伝えていくってかなり難しいですよね。

日本人にはなかなか居ない気がする。…これも、私の視野が狭いから?
hide

hideの感想・評価

4.0
「ミニマリズム」という言葉自体は、ちょっとファッションとして消費されてしまった感があるが、一人一人がいったん立ち止まって、人生で本当に大切なものを見直すという事はとても大事だと思う。
>|