踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!の作品情報・感想・評価・動画配信

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!2010年製作の映画)

上映日:2010年07月03日

製作国:

上映時間:141分

3.2

あらすじ

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」に投稿された感想・評価

rada0924

rada0924の感想・評価

3.0
<たまには邦画を観てみようシリーズ>
今作は少し微妙だったかな〜。少しキャスト変わってるところとか。

小泉今日子がまた出てきたのは嬉しいけど犯罪を起こす動機が少し無理があるかな。あと小栗旬は少し謎大きキャラで次回作の敵とかだったら面白そう。
好きな作品だが、映画は第1作目が一番好き。
わくさんが切ない。
前作から7年の時を経た今作ですが、良くも悪くも作品の中での時の経過を感じさせる印象でした。
やっぱり古い湾岸署がもう見られなくなったり、青島さんも係長に昇進して昔のような勢いが少し欠けてたり、室井さんも出世して捜査にあまり関わらなかったり、踊り足りない感じでした。時の経過は恐ろしいものです。
だから相変わらず3人で四六時中くっついてる3アミーゴスのシーンを観ると和みました。
ちなみに僕は真下さんが新しい湾岸署の署長に就任すると分かったときの神田署長の顔がお気に入りです。
weda

wedaの感想・評価

3.8
犯人グループの中の一人の男の子があの子だったとは…それを知った時は鳥肌立った。スリーアミーゴス、やっぱ最高。
引っ越しがメイン。

キョン×2の悪役~
良いような?悪いような?
うさみ

うさみの感想・評価

4.0
記録
2020.8.18

踊るシリーズは歴史が長いだけあって
古い方から見てくと
俳優さんたちの味も出てきてるし
放送した時代に合わせて湾岸署の周囲も変わってて
成長や変化が感じられるから話に入り込んで観られる。
今作は特にそれを感じた!
3から観たら面白さ半減だと思うから
特に3観るならシリーズ初めから観るべき。
今まで出てきたキャスト再登場は
踊るシリーズの見どころ。細かい演出がすごい!
スリーアミーゴスには回を追うごとに癒される(笑)
ドラマ版から追いかけてる人は最高に楽しめる小ネタの宝庫映画。なぜこれをドラマ終了すぐにしなかったのか。そこだけが、、
とて、踊るシリーズは面白いフィルターもあって最高。
おめぐ

おめぐの感想・評価

3.0
パズルしながら一気に1.2.3を鑑賞。

青島とすみれさんの距離感が好きやったなぁꪔ̤̮ˊˎ˗
NAO141

NAO141の感想・評価

3.4
フジテレビ製作のテレビドラマ『踊る大捜査線』の劇場版第3作。
正直なところ、劇場版全4作の中では今作が一番微妙だった…。

いかりや長介さんが2004年に逝去され、その関係で演じられていた和久さんは今作では病死した設定となっている。
やはりこれがデカい…和久さんがいないと作品の魅力が極端に下がってしまう。
また、これまで立場は違えど固い絆で結ばれていた青島と室井だが、今作では、この2人の共演シーンが極端に少なく物語ラストでようやく対面する程度。
警察の官僚的構造を事件の現場から突き動かしていくというところが主題であったはずの作品性が、この第3作ではかなり薄くなってしまっているように感じた。
小泉今日子さん含め、過去作に登場した事件の犯人達が多数登場したり、新しいメンバーが増えたり、青島が係長になっていたりと面白いことは面白いのだが、やはり和久さんがいないのが残念…。
和久さん(いかりや長介さん)の存在がデカ過ぎた。

劇場で観た当時、シリーズ最盛期のイメージを継続していくのはもう難しいな…もう潮時かもな、と思った作品。
でも劇場版全4作の中では一番微妙だったというだけで、踊る大捜査線シリーズそのものはかなり好きではある笑

このレビューはネタバレを含みます

FINALは観てないのは把握してたが、冒頭のシーンを観てみたら3も観てないことが発覚。
面白くなる要素は多かった思うんだけど、何故か乗り切れませんでした。
小泉今日子の怪演は見もの。
キャストは魅力的なだけに全体的に惜しい印象。
>|

似ている作品