踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件の作品情報・感想・評価

「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」に投稿された感想・評価

映画じゃないけどこっちの方がthe finalより楽しめた。


これくらいの方が踊るらしいし新しいメンバーの日常を見れたのでよかった。



スペシャルじゃなくて連ドラで見たかったなぁ…
小太郎

小太郎の感想・評価

2.5
☆最後のTV版踊る大捜査線シリーズ☆

「織田裕二」「深津絵里」のコンビでなければ、ここまで流行らなかったのではないかなぁ~

一世風靡したシリーズ作品と言っても過言じゃないんじゃないかなぁ~
フジテレビの思惑にまんまと嵌まりました(笑)
saolieee

saolieeeの感想・評価

4.5
映画の直前のSPドラマ。

記憶を辿っているが
具体的な場面が浮かんで来ず、
面白かった印象のみ。

また見直す予定。

滝藤さんがキャラ際立っていた。
みねる

みねるの感想・評価

3.4
DVDレンタルで鑑賞
有名なシリーズで一応一通り鑑賞はしたが、正直あまり覚えてない
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0
シナリオが良く、しっかりと作られてた。ドラマファンなら楽しめるはず。
「FINAL」直前に放送されたテレビSP。
クライマックスの確保展開が意味不明。
こんなので煙にまかれてたら視聴者はもっと馬鹿扱いされちゃうよ。
うーんなんか物足りない。無理矢理終わらした感じ、、もう飽きたのかな、、それでも時代を築き上げた作品に変わりはない
MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

3.0
『LAST DANCE ON TV
   ~自らを踏襲せよ!~』

2時間スペシャルからの映画公開。これはまさに、98年の時の秋スペから踊るMOVIEへの流れの再来!だから踊るファンとしては、14年振りにテレビの踊るが見れるというそれだけの事でまず心が“踊りました!💃”。

オープニングはその秋スペと同じBGM!スケール大きくなりつつも、バカを本気でやってる感じは踊るらしくてイイ♪ただしMOVIE2の頃から漂い始めた、笑いどころのハズしぶりはあいかわらず…。しかも、何か言って相手がポカ~ンな“その間”で笑わせようとするパターンばっかりなのは、正直ツラい(ノ_<。)

本店との対立構造が控えめな事もあってか、シリアス要素薄めのセルフパロディに徹した感あり。ただその自らの踏襲が、前と同じネタを要所要所に入れ込んだだけの雑な構成になっていて、全く活きていない!それに対して、ファンとして感じるのはどうしても「前はあんなに面白かったのに…」という想い。様々な事がひとりの犯人に集約される展開は、個人的にMOVIE4作品以上の傑作だと思っている歳末スペシャル越えを狙いに言ったのかなと思いつつも、あの傑作には遠く及ばずでした( -。-) =3

でも、名高達郎のキャラは良かったなぁ( ´∀`)踊るに名高達郎ってだけで面白いのに、いろんなとこうろうろし過ぎでしょっ!あと内田有紀は昔から好きなので、画面に映っただけでやっぱ「好き❤(*‘ω‘ *)」ってなってしまいます。

そして、散々批判もしておきつつ、やっぱ踊るファンだからスコア3.0を下回らないひいき感っ!なので、あまり参考にしないでくださいね(ヾノ・ω・`)
踊る大捜査線13年ぶりのテレビスペシャル。
踊る大捜査線2のスピード感と松本晃彦のサントラ復帰でw
馬子

馬子の感想・評価

3.5
この時はまだ滝藤賢一をワンさんとしか認識してなかったw

これってドラマスペシャルのはずか、映画扱い??
>|