ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたりの作品情報・感想・評価

「ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり」に投稿された感想・評価

すずき

すずきの感想・評価

3.3
舞台はアメリカ、アーカムのミスカトニック大学医学部。
スイスからの編入生のハーバード・ウェストは、超偏屈・傲慢な男で、教授とも喧嘩ばかり。
彼は同じ学部のダンとルームメイトとなり、地下室で怪しげな実験を繰り返す。
その実験とは、死者を蘇らせる薬の発明だった…

ラブクラフト原作…というか原案だけど、クトゥルフ神話要素はゼロ。
宇宙的恐怖も旧支配者も出てこないので、クトゥルフ神話知らない人でも見やすい。

グチャドロのスプラッタホラーなんだけども、何処かマヌケで悪趣味コメディの趣も。
ブロッケン伯爵のように自身の首を持ってあるく変態ストーカーゾンビ、ヒル博士のキャラクターは強烈!
そしてクライマックスは、ヒル博士を始めとするグチャグチャな肉体損壊ゾンビ達が沢山出てきて、実に景気いい。

主人公のダンとウェストの関係も、親しみやすいキャラとその同居人で変人、というある種の王道。ちょっとワトソン&ホームズっぽい関係だよね。
ラストは続編作れない終わり方だけども、それを無かったことにして続編を出したのも頷ける。もう少しこの凸凹コンビを見てみたい気持ちもあるもの。
あとヒロイン可愛いよね、でもB級ホラーにしか出てないみたいだ。

…しかし、まあこーゆー映画、「好き者」しか見ないし楽しめないだろうなー。
あとこの映画のテーマ曲、ヒッチコックの「サイコ」の露骨でプライドレスなパクリなので、そちらも必聴。
スチュアート・ゴードン監督とジェフリー・コムズ&バーバラ・クランプトン主演映画の第一弾であります
「フロム・ビヨンド」や「キャッスル・フリーク」はまた今度観ようかな
言わずと知れた死者蘇生ホラーの傑作👏ジェフリー・コムズ演じるハーバード・ウェストはホラー映画界隈でも人気ですね(´˘`*)テーマソングが「サイコ」のパクリですけど
スプラッターでもあるので血が溢れ内臓が飛び出しますがラストのお祭り騒ぎは最高😂この映画好きです
abe

abeの感想・評価

-
後半の顔だけプレイ?は爆笑必須!ラストの裸ゾンビ祭りがやばいてんやわんやで面白すぎる!後半の勢いが凄すぎるすごい好き!
顔を持ったままの愛撫…斬新。
全体的にヘナヘナだけどしっかりと観れる。
愛のあるラストは秀逸。
はい

はいの感想・評価

3.6
ウエストのあの顔!!執念深さが伝わってくる。
やっぱこういう映画好きだな〜
グロいけどちゃちくて笑っちゃってでも最後ぞくっとするところがある。
あの蛍光の薬品もステキ!
最後のシーンも印象的だし、どんどん実験に積極的になっていった主人公が最後ついに薬品を投入しちゃうところもいい。続きみたい…
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.5
B級感そこはかとなく漂うゾンビもの。展開ハッチャメチャだが、ゆえに全然怖くなく、ただ笑える。グロもエロもあるが、これは笑える。博士がキモすぎて、また笑える(失笑だけど)。その博士のエロシーンだけキモいオリジナリティ炸裂。アホほどの執念。。
ReN

ReNの感想・評価

3.8
Blu-rayにて再鑑賞。

80年代様々なカルト作が放たれた中でも傑作に入るシリーズの一つが今作で、この頃では新しいタイプのゾンビ映画で悪趣味なキャラ設定やストーリーが展開される中で終始ブラックユーモア溢れる娯楽作だ!
JVDから出たソフトの中ではまだマシな製品だった。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
この頃のホラーはサービス過剰で良いですね!!\(^o^)/ リ・アニメーターは正確にはゾンビではないんだろうけど、蘇生もの的にはゾンビ枠として楽しみました。
ラストの理屈抜きのカオスな大騒ぎが最高に楽しい。
意味がわからない。
mgc

mgcの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

【死者蘇生!愛と青春スプラッター】
人物の魅力、動機、フラグ、構成、スプラッター描写、エロさ、程よく無理のない展開。どれをとっても素晴らしい...!

人間の煩悩も狂気も青春も親子愛も垣間見えるこれってもしかして超傑作なのでは。

ダブル主人公、ハーバードとダンの奇妙な友情も熱い。テーマ曲がサイコのパクリっぽいのは目をつぶって!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
登場人物

死者をゾンビのように復活させるヤベー薬を開発した狂気の医学生・ハーバード。
努力家で恋にも熱心な医学生・ダン。
ダンの可愛い彼女で同じく医学生・メグ。
学長であり、メグの厳しくも優しい父。
その医大に勤務し、密かにメグを狙う気持ち悪い脳外科医のオッサン・ヒル博士。

ストーリー
...とある大学付属病院。懸命な医大生、ダンは応急処置室で危篤状態の患者に心臓マッサージをするが、努力むなしく亡くなってしまう。そんな自らの無力さと命の儚さをしみじみ実感していた。

最中クソ生意気な転入生がやってくる。名前はハーバード。ヒル博士の解剖授業に「無意味な授業!」「お前の論文は盗作だらけだ!」とかます。
ヤベー奴が来たなあと、ダンは思った。
その夜ダンは家で彼女のメグとイチャイチャしていると、ルームメイト募集の紙を持ってハーバードがやってきた。気味が悪い奴と分かりながら、ダンは同じ屋根の下住まうことを決めた。

...ヤベー奴がうちの学校に来たなぁと、メグの父でもある学長はヒル博士を家に招き、メグと3人で会食していた。そんな話は一旦置いておき、乾杯しよう。

ヒル博士はメグに「美しい君に乾杯」

(えっ、キモっ)ドン引きしたメグは「ダンと勉強してくるわ」と父に言ってダンの家に向かう。父も「彼は良い男で信用している。あんまり遅くなるなよ〜」と喜んで行かせた。
生意気な転入生が来たり、思い寄せるメグが彼氏とラブラブだし。ヒル博士は内心面白くないことだらけだ。

ダンとメグは家で勉強していると、ダンが飼ってる猫がいないことに気づく。捜索するとなんとハーバードの部屋の冷蔵庫に帰らぬ姿となったネコが...!
ハーバードは「ゴミ箱にハマって窒息死してたのさ」と言い張る。この男、いよいよ怪しい。

...夜も更けた頃、地下室から猫とハーバードの叫び声が聞こえる。ダンが恐る恐る覗くと死んでいたハズの飼い猫が蘇り暴れていた!

「俺は死者蘇生させる薬を発明したんだ!!」

ハーバードは嬉々として話す。

再びネコの蘇生実験を見たダンはハーバードを信じ、ものすごい発明だと確信する。
その一部始終を見てしまったメグは、パニックを起こしダンになだめられた。

次の日、ダンは学長に「ハーバードは死者蘇生させる薬を発明したんです!」と熱弁するが、学長には信じてもらえずに、「ハーバードと会わせたのが間違いだった!次口を開けば退学!娘メグを巻き込んだらただじゃおかないぞ!」と当然クギを刺されてしまう。

ならそれを証明しないことには始まらん!と狂気のハーバードと冷静さを欠いたダンは付属病院内の遺体安置所に忍び込み、一つの死体に例の薬を投与する。

見事に死体は蘇った!

と思ったがゾンビは暴走し、安置所をめちゃくちゃに。2人を凌駕するパワーを持ち、手がつけられない。

最中、2人を怪しんでいた学長が安置所を覗いてしまう。学長はゾンビにボコボコにされ殺されてしまった...なんとかハーバードはその場にあった切開用のドリルでゾンビを再び殺した。

学長が死んでしまったどうしよう...あっそういえばヒル博士は授業で言っていた。「死後に人間の脳が生きてるのは6〜12分間だ」
さっきは新鮮な脳じゃないから失敗したのだ!気づいたハーバードは学長の遺体に薬をブチ込む。

見事学長もゾンビになり復活!先ほどのゾンビより大人しいが、理性は保っておらず半狂乱状態。

2人はこの騒ぎを「半狂乱になった学長が暴れまわった」とアリバイを立てた。

変わり果てた父の姿に悲しむメグ。その悲しみに漬け込むかのようにヒル博士は「私が治そう。寂しいだろう私がいてやる。」と忍び寄る。メグは父が助かるなら、と渋々同意した。

...恐ろしくなったダンはメグに真実を話すのだった。

ヒル博士は手術により「学長は生き返った」ことを突き止めると、ハーバードの元を訪ねた。引き合いにハーバードを脅し、彼の蘇生薬の技術を盗もうとする。

この実験を誰にも渡すもんか!とハーバードはその場にあったスコップでヒル博士をブッコロ!首と胴体を切り離した...

あ、これ首と離れた胴体に薬打ったらどうなんだろう!?ハーバードは好奇心から首と胴体の両方に薬を打ち込むと、生首ヒル博士は見事キレイに理性を保ったまま蘇生。「きさまぁ〜...復讐してやる...」

「生首だけじゃ何もできないだろ!」と笑うハーバード。後ろから胴体が近づいてくるとも知らずに...

時を同じくしてダンとメグは「手術されたらバレる!」とヒル博士の研究室に忍び込む。研究室には収集したメグの髪の毛やナプキンが...気持ち悪ぅ!そしてなんと父の額には穴が空いている...ロボトミー手術の跡だった。ヒル博士は父を操るつもりだ!!

ダンは地下室に駆けつけるとハーバードはパニックになっていた。生首ヒル博士は胴体を操り、不意打ちでハーバードを気絶させ研究ノートと薬を持ち出し逃走していたのだった。

...ヒル博士は例の遺体安置所に忍び込み、何やら怪しいことを始めていた。

時を同じくしてダンは無性に心配になり、メグの元に向かう。しかし「愛しているけど、こんなことになって、もう一緒にいられないわ。」と告げられる

たしかにそうだ。誠にそうだ。
途端、ロボトミーで操られた父が現れ襲いかかる!!「やめてお父さん!」ゾンビと化した父に声は届かずメグは連れ去られてしまった...

ヒルのいる遺体安置所に連れ去られたメグはあられもない姿にされ、モミモミぺろぺろ。ヒルは念願のメグの身体を味わう。(ここだけ妙に力入りすぎだろ超名シーンじゃねぇか)娘が襲われる姿を眺める学長ゾンビ...

ハーバードとダンが駆けつける。「見損なったぜ博士!!」2人はメグと蘇生研究の奪還かかる。が、なぜ遺体安置所なのか。

その理由は、薬でたくさんの遺体を蘇らせ、お得意のロボトミーで操れるゾンビ軍団を用意してたからだ!!
「こいつらは私を無敵にする!」最高のラスボスと化したヒル博士!
ゾンビ軍団に阻まれるハーバードとダン、メグ。危機一髪。

「お父さん...助けて...!」

娘の愛の叫びが届いた次の瞬間、学長ゾンビは覚醒。洗脳が解け逆に生首ヒルに襲いかかった!生首ヒル博士を完膚なきまでに破壊した父ゾンビ!!!

最中ハーバードは切り離された胴体から出た腸に捕まり(!?)脱出が出来ない。
父ゾンビは他のゾンビに勇敢に立ち向かい、3人が逃げ出す時間を稼いでくれたが、ついにやられてしまった。
ヒルの腸に捕まり最期を悟ったハーバードは研究成果が詰まったカバンを安置所の外に放り投げ、全てをダンに託したのだった。ダンはカバンを拾い上げる。

ダンとメグはハーバードと父を尻目に安置所を脱出。親子の愛、マッドサイエンティストとの奇妙な友情劇は幕を閉じた。
しかし安心するのも早かった。エレベーターに乗る手前、怪力なゾンビがメグの首を締め上げたのだった。
近場のハンドアックスを取りに行き、なんとか振り切ったダンであったが、すでにメグの心臓は止まっていた...

メグを応急処置室に連れ、心臓マッサージを施す。なんどやってもメグは帰ってこない。メグの死を受け入れようとした時、閃いてしまった。

「カバンの中には 蘇生薬がある」 と...
>|