蟻の街のマリアの作品情報・感想・評価

「蟻の街のマリア」に投稿された感想・評価

バタヤ部落のセットが良。
実話(についてはあとから調べて知った)を基にしていることもあってか、なんかモッサリした流れで、せりふも演出も妙に新劇くさい感じがした。このまま舞台にのせて全国巡業しそう…

千之赫子も南原宏治もまあまあな妄執びととして描かれているが、一面的なヒューマニズムに留まらせない描き方こそが見る側の心を衝く。「死んでもらいましょう」が白眉。
一

一の感想・評価

-
“蟻の街のマリア”と呼ばれた奉仕活動家・北原怜子の伝記映画。揺るぎない五所ヒューマニズムと、奉仕と偽善の境界をシビアに問う松居桃楼の原作との相乗効果が、自己犠牲のお涙頂戴的美談に留まらせない。松居をモデルにしたと思われる松木先生を演じる南原宏治が千乃赫子演じる北原に向ける複雑な視線がその点においてはかなり効いている。そして佐野周二、三井弘次、中村是好、飯田蝶子、吉川満子、岩崎加根子、丸山明宏、浜村純等々、キャラの立ったバタヤの住人たち最高。ここぞという蝶子の涙のクロースアップにはやられました。絶妙に作り物感を残したバタヤのオープンセット?もまたこの映画の主役。
☑️『蟻の街のマリア』及び『欲』▶️▶️
五所の系譜で言い忘れたが、ヘンテコな世界⋅価値観が尋常でもないというのがある。そもそも全作中の代表作の『煙突の~』からして、おかしな常識感覚の世界だが、’50年代後半の作品群はひとつ突出している。名作『黄色いカラス』が長谷部の本として有名だが、その他にも五所と組んで何本かをやってた認識がはっきりなかった。このカリエールを上回る脚本界のシュルレアリストは、高名な今村⋅熊井⋅崑らの他、五所とも名コンビだったのだ。
『蟻の~』も、妙にリアルに汚く温もりある、バタ屋部落のセットに入ってくカメラ、そこへ脇からいきなりやって来て特に、学校や見聞旅にも満足に行けず、学校に行けた日には馬鹿に⋅差別普通の、子供たちへの愛の注ぎ⋅意識引上げをすべく、中に入り込む邪念のない、20代初めの、富裕⋅上流の大学教授令嬢のあり方。それまでの経緯がなく、敬虔なクリスチャンが教会に限界⋅疑問を感じてたらしい事くらいしかわからない。この進め方自体がシュールというに近い。部落をリードする、「浮浪者の集まりではなく、都から職業証も得た自活してく者らの生活共同体」を標榜、都からの「不法占拠への立ち退き⋅焼打ち」(代替え地も巨額の金を用意を必要とさせてる)を拒む「会長」、その頭脳的⋅片腕的存在で、ヒロインの事を「偽善」「神が作者の1俳優」「利用するだけ」と冷ややかな「先生」。間もなく好意的協力的前者に続き、後者も、身を粉にして溶け込み住民化(「一時だけで、去られ残された者の事を」という父の忠告にも応え)、異端視してた周囲を惹き付け(元オンリーの批判者すら)、費用は自ら働いてつくる(やがて身体を壊し不治の病に)彼女に動かされてくる。子供たち自体が、親も価値を認める、生来のピュアさ⋅前向き助け合いを取り戻してくる。違法⋅犯罪紛いも平気で、イザコザ絶えず、シニカル⋅諦めの変人揃いだった住民も、キリスト教を普通に取り入れてくる。マスコミも好意的か、物珍しさか騒ぎだすが、それを利用を考える「先生」に対し、彼女は素っ気もない。周囲が次々焼打ちになる中、そこで最期を迎えんとしてる(「先生」も「役は終わり」と言いながら、頼り)ヒロインが届けた子供たちの真意の文集が都を動かす。
バタ屋街の描写が妙に造型力に溢れ、魅惑的な一方、実話に沿うと言いながら、話の展開の信憑性、ファンタジー美化昇華は薄い。説明不足を露わにしつつ、当時新人女優の、邪気や計算のない、そのまんま素顔のあり方に寄り添う。カソリシズム、シュールリアリズム、を跨ぎ超えたなにかが、納得⋅説得力を越えて、迫り胸打たれてるを感じてくる、しかも殆ど純粋に。背景はミニチュアや絵、バラック群の中⋅比較的大建築おっ建ての過程、ゴミの収拾⋅分別の手間の響き、らがリアルを越えた存在の価値を伝え、スコープ画面で角度⋅サイズ的確というには緩め、しかし本当に併行、大きめ貫きめカメラ移動も伸びる力与え、妙な質感⋅手応えが続く。納得出来たのか、出来なかったのか、逆に問うてくる所が作品のみそか。
---------------------------------------------------
同じように初期スコープ画面で似た強さの、縦横移動や、縦めリバースやどんでん⋅退きめ長めも、かなり力をもつ『欲』の方は、寓話⋅すっとんきょう奇伝にしても、作品の名優ら⋅個性派らの押しの強さ、その絡みの妙味、はもたせてくも、理解しようと努める気もあまり起きない。不明の猫帰りも不具者に、から始まる不老不死薬の研究者を巡り、協力者⋅記者⋅ニュース化⋅怪しい会社介入、らが事態を拡げてくが、当の研究者の異常解明に行き着く、話。リアリティない上に、薬の原料が、人間男子の「タンク」(睾丸)のひとつ提供による、当人らの恐怖⋅のせられの様々が面白めとはいえ、ヒトラー政権下でもあるまいに⋅現代にあり得るか、とノレなくなる。しかし、これが当時話題になった尾崎士郎の原作に基づくとなると、そんなのが受けいられる時代が日本にあったのか、そっちが気になってくる。
五所平之助大会@フィルセン。
初鑑賞。いままでその存在だけした知らなかった北原怜子とは、こういうひとだったのかと、初めてわかった。
ただ、五所作品としては、いささか冗長。脚本がよくない。
南原宏治の性格設定が少々あいまいで、「悪意ある善人」みたいな面が、うまく描かれていない。
最後にあんなに泣くのなら、なぜ、その前に、怜子に冷たい態度を示したのか。
また、ゼノ神父の役割が、軽すぎる。
実際には、もっと大きな存在で、ゼノ神父あってこその怜子だったはず。
しかし、往時の「蟻の街」のセットは実によくできていて、美術陣の苦労が偲ばれた。
宝塚退団直後の千之赫子は、熱演だが、芝居があっさりしすぎている。
周辺の役者が濃すぎるせいもあって、かえって埋没しているように感じた。
mingo

mingoの感想・評価

3.5
キリスト教の教義に基づき献身的な活動を展開した社会奉仕家北原怜子の生涯を描いたドラマ。美輪明宏の顔面力強すぎ。今度のゴショヘイ特集でやるみたい
ENDO

ENDOの感想・評価

3.8
実話にもとづく蟻の街に尽力した薄命の女、北原怜子の生涯を描く!寝不足の多々良純がクリスマスの朝にマンテーニャ『死せるキリスト』に重なると指名手配される皮肉。南原宏治は蟻の街の運営を任された善人なのだが時折マリアに対して非常に辛辣な態度を取るためジョージ・サンダースのような揺らぎのある人物として魅力的である。冒頭雨の吹き荒ぶ中弾き語る丸山明宏にヨイトマケのルーツを見る。とにかく脇役のバタヤバイブスがビンビンな飯田蝶子、吉川満子、浜村純、須賀不二男、中村是好(五所平お馴染み)と凄まじいが特に三井弘次のあの適当ぶりには脱帽。ただ後半のヒロインの死までの流れが冗長過ぎてぶっ倒れそうにはなりました。
なんか、どっかで見たような顔…?と思ってた美少年が、美輪明宏だと後から知ってびっくり!

後、南原宏治さんが、何回見ても長瀬智也さんにしか見えなくて…。😅
実話である物語のバックグラウンドを知らなければ、単なるザ・美談な取るに足らない映画では。

ここではアダ名で呼びあうんだと、絵が上手い奴は直球で「ピカソ」だったり、子供をばんばん産むおばさんは「鶏ばあさん」だったりで面白い。アダ名で呼び合うっていうのが、いかにもスラム街。しかしその子供たちは名前で呼び合っているのは良い演出だった。

主人公の北原先生がどうして蟻の街に身を捧げるのかが伝わらなくて社会性のない人、さらに言えばちょっと狂人にさえ見えてしまったのは残念。そもそもあんまり魅力のある俳優でもなかった。何で抜擢されたんだろう?
あと後任の先生を嫌な女に描いていたのも謎。

南原伸二や佐野周二のバックグラウンドも描いて欲しかったけど、当時の観客は実際のモデルを知っていたのかも。

南原伸二がキリスト教信者は嫌いだと言い捨てたり、若い白人牧師が蟻の街の住民はみんなドロボウと言い切ったりして、キリスト教どっぷりじゃないところは良かったかも。

とにかく南原伸二(南原宏治)は豊川悦司に見えた。
台詞なく映り込んでいる時も飯田蝶子はバタヤのおばさんにしか見えなかったのは凄い。『どっこい生きてる』(今井正)でのニコヨンばばあと同じ感じ。
現場リーダー格の三井弘次や、中村是好、浜村純など(見た目)ニコヨン俳優勢ぞろいが嬉しい。

飯田蝶子の息子役の丸山明宏の使い方は勿体ない。オープニングだけでなくもっと歌わせてあげて。。

今村昌平や浦山桐郎は本作をどう思ったのだろうかが気になるところ。

あなたにおすすめの記事