星に願いを。 Nights of the Shooting Starの作品情報・感想・評価

星に願いを。 Nights of the Shooting Star2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:106分

3.3

「星に願いを。 Nights of the Shooting Star」に投稿された感想・評価

結子ちゃんの話し方、声のトーンが独特でこの感じが好きだな…
ストロベリーナイト🍓でもやっぱり同じ…

ああ、まだこの人の声に浸りたい。

函館の夜景、すばらしかった。
懐かしく、美しい青春の思い出の場所でした。

そして、特典映像。結子ちゃん、生死感を語っています。

映画と同じくらい良かったです。

天国で今何してるのかな。

ご冥福を心よりお祈りします。
お家で映画鑑賞🎵

函館。3年前の交通事故で、失明し声まで失ってしまった青年・笙吾は、担当の看護師・奏の献身的な看護と厳しいリハビリによって生きる勇気を取り戻した。ある夜、車にはねられ病院に担ぎ込まれた笙吾は奏の前で息絶えてしまう~🐽💨台湾のオリジナル版も泣けるけど、やっぱりこの竹内結子版が一番好きだな~竹内結子ファンタジー傑作作品の中でもけっこう気に入ってる作品~😭😭😭😭
.
あき

あきの感想・評価

3.1
数年前に観た星に願いを
日本版リメイクがあるなんて知らなかった
手の中になんて書いたのかも分からなかったです。
突然の死
想う人も自分も
大切な人を失い、虚な時

どこに行ってしまうの?
キミの心の中‥

ショートカットの竹内結子可愛いなぁ
masato

masatoの感想・評価

3.5
事故で視力と声を失った青年と担当看護師の切ない恋のお話。
交通事故により死んでしまった青年が数日間だけ、別人として生きることが出来るように。

ベタだけど、なんか好きな作品。
jyave

jyaveの感想・評価

3.3
英題:SHINING BOY & LITTLE RANDY
劇場公開日:2005/7/16
キャッチコピー:彼は、行きました。
        夢に向かって急ぐように。
Sam

Samの感想・評価

2.5
学生時代のバイト先が出てきます。
あり得ない距離を走り抜けるので
地元の感覚を抜きに観ないと…
函館の風景がたくさん見られる。このころの竹内結子、好きです。
内容はせつなくて、すごく難しく、それでも、いい作品だった。
死ぬなよ。。。
ありえないシリーズの女王、竹内結子の作品の中でもかなり好き。
いしが

いしがの感想・評価

3.0
一昔前流行ったおもしろ設定トレンディドラマを映画の長さに収めてみましたって感じ。
口は悪いですが、きっと陳腐な商業ラブストーリーだろうと思って期待もせずに鑑賞しました。
看護師が白衣姿で芝生で寝ないだろう、とか
視力を失った人に対し、あんなに暴力的な介護はしないだろう、とか(苦笑)
ツッコミどころは満載ですが、想像していたよりもなかなか切ないラブストーリーでした。
と、思ったら、洋画のリメイク版と知りました。もともとの作品の内容がよかったんだろうと思い、納得です。

函館の情緒豊かな街並みはやはり絵になりますね。
竹内さんは、男勝りな役でもかわいい。若いころから吉沢さんにはいい役者なる片鱗が伺えるし、男闘呼組では一番地味だった高橋和也さんも、役者の道に進んでよかったと心から思わせてくれます。そして國村さんが、渋くてよいですねぇ。
>|